ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > ¡Viva México! 委員会設立〜選手団を歓迎し 世界レベルの技に触れよう!
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.5.11

¡Viva México! 委員会設立〜選手団を歓迎し 世界レベルの技に触れよう!

 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、広島県では、10市町でメキシコ選手団26競技の選手団キャンプを受け入れる。福山市にも来月、バドミントンとスポーツクライミングの選手が訪れる。


広島県では
 東京五輪に向けた全国最速の大規模キャンプで、先月、廿日市市が柔道を受入れたのを皮切りに、今年は半年間に15競技のメキシコ選手団がやってくる。各地の練習は原則として公開。地元チームとの交流・練習も予定されており、世界レベルの技に触れるチャンス!

福山で実行委員会
 県内最多の8競技が予定されている福山市では、2018年4月26日、関係団体と「メキシコチーム福山キャンプ実行委員会」を設立した。愛称は、がんばれメキシコを意味する¡Viva México!(ビバ メヒコ)委員会。
 天野肇実行委員長(福山市体育協会会長)のもと、選手スタッフの支援や市民との交流事業を定着させるため、体制強化に努める。レセプションや選手に日本文化を体験してもらう おもてなし部会、滞在や練習を支援する選手サポート部会、市民交流部会、広報・PR部会もできた。

各競技団体がPR
 第1回総会後の決起大会には、アテネ五輪で入賞した「メキシコオリンピックチーム福山キャンプ応援サポーター」の坂本直子さんが、ポンチョやソンブレロを身に着けた《メキシカンローラ》とともに駆けつけた。
 また、8つの競技団体からのPRもあった。水泳・ダイビング(飛込)は東京五輪に福山から選手を出したいとし、フェンシングは金曜日夜に市民体育館で練習しているので、興味のある人は見に来てとPR。漕艇(ボート・カヌー)は国内有数の川幅がある芦田川のボートコースで観客席も近い、土日は小中学生が練習していると伝えた。スポーツクライミングは、リード競技の装備で参加した田中きらさん(千田小4年)と石井秀典さん(神辺旭2年)を中心に発表。初の五輪競技に注目が集まるとし「選手団の技が見られるのが楽しみ」と期待した。トライアスロンは、福山で6月10日(日)に大会があり、沿道での声援を呼び掛けた。バドミントンは公開練習や、メキシコvs福山vs広島の団体戦なども予定しているとPRしている。


メキシコ料理を!
 この日、メキシコ料理の試食会があり、メキシコ大使館大使付きシェフのビクトル・バスケスさんによるレシピ「ワカモレ」(アボカドディップ)や「チュロス」のチョコレートソースがけ、地元飲食店の「お好み焼き風タコス」が出された。
 今後、公民館の料理教室や給食メニューにもメキシコ料理を取り入れる予定。


旗と幕でPR
 2018年5月5日、PRバナー(フラッグ)108枚をJR福山駅南口から中央公園まで、8日には福山郵便局に、縦11mの懸垂幕2枚を掲げた。


ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


美味しい肉の店
バスツアーのご案内