ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜 > お葬儀について〜お葬式の後にやらなきゃいけないこと
暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜

特集・読み物


2018.5.1

お葬儀について〜お葬式の後にやらなきゃいけないこと

故人が亡くなり、葬祭会館へ移動、葬儀の打合せから葬儀が終わるまで息をつく暇もなくバタバタと過ぎていきます。今回は、葬儀後にやらなきゃいけないあれこれを紹介してみます。


◆葬儀後、四十九日までご自宅へお骨壷と共に仮祭壇を飾り付け追悼します

 葬儀が終わり、御香典の確認、香典返しの品物を選び、送る手配、四十九日法要の段取り、お墓の用意、納骨の手配、それら段取りの合間に葬儀に参列できなかった方々からの電話や訪問の対応。と、落ち着くまでにはまだまだ時間がかかりますので、焦って落ち着かせることよりもゆっくりひとつずつ対応するくらいの気構えの方が、良いかもしれませんね。
 段取り事の合間に立て込んでくるのが支払い関係です。葬儀費用、お寺様へのお布施、病院への治療費から始まり、香典返し、お墓、お仏壇の用意等です。 


◆出ていくお金

 家主が亡くなった場合は、ご自宅のローンや光熱費、固定資産税、他にも生前に購入していたものの支払いなどがあります。一度にたくさんの出費がかかり、心配になる方も多くおられますが、あらかじめ貯金額の把握、入出金の流れを整理しておくことで過度な不安に襲われる事もなくなります。
 お金の事なのでトラブルにはしたくありませんよね。その為に現状の把握とこれから入ってくるお金を数字で明確に把握しておくと安心です。


◆入ってくるお金

 御香典と市や国から支給される補助金。個人で加入している保険です。
 福山市では、葬祭費の支給として3万円。高額療養費の限度額を超えてかかった費用にも補助がありますので、病院関係の領収書等をまとめておくといいですよ。
 また、個人で加入している保険等もありますので、保険の担当者に連絡をとり、手続きをしてもらいましょう。


◆四十九日法要から先

 四十九日までは、やることや調べる事が山盛りの時期で体力をとても消費すると思いますが、これを過ぎればある程度落ち着き、ゆっくりとお仏壇の事や遺品の整理、住まいの事や相続した不動産の事等を考える事ができます。
 今回は支払い関係のご不安を中心に書いてみました。困ったことやわからない事は、お気軽に私ども葬儀社にご相談くださいね。

暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜

◎この記事を書いたのは

株式会社 森山仏商
森山 信弘さん
TEL:0120-119420
福山市神辺町平野368



忘新年会特集2018→2019
バスツアーのご案内
福山備後エリアの結婚相談所・プレスシード婚活事業部プランタン福山