ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 福山自動車時計博物館 4月28日新館オープン 150年前の商家をリノベーション
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.4.25

福山自動車時計博物館 4月28日新館オープン 150年前の商家をリノベーション

 



のれ みれ さわれ 写真撮れ
子どももおとなも、貴重な国内外の車に触れて体感できる、全国でもまれな取組みをする「福山自動車時計博物館」(北吉津町3-1-22 ℡084-923-0766)に、4月28日(土)新館がオープンする。

〝新館〟といっても、笠岡市にあった明治元年(1868)築の古民家(商家)を譲り受けて、本館東隣に移築しリノベーションしたもの。150年前の木造建築を甦らせ、同館初代館長 故 能宗敏雄さんの名を冠した。

本館には、自動車や時計関係の収蔵品を、新館では、それ以外の多種多様な収蔵品を展示する。
入館料は従来通りで、両方をみることができる。

人力車に乗って写真を撮ることもできる。

4月28日(土)・29日(日)の両日は入館無料。9時〜18時。
琴・尺八・三味線演奏(演奏は10時〜16時)、ボンネットバス試乗会もある。


年中無休(年末年始も開館)9時〜18時

〈入館料〉 3歳~¥300 中高生¥600 大人¥900 65歳以上¥600 障がい者¥600 

〈高校生以下無料の日〉毎週土曜日 科学技術週間(4月18日を含む月~日曜日)こどもの日(5月5日)時の記念日(6月10日)

〈全員割引の日〉開館記念日(7月4日の開館記念日に最も近い土・日曜日)


ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


美味しい肉の店
バスツアーのご案内