ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > Human Close Up 顔 > チームワークで挑む5周年の新展開【惣菜市場 ばんぶ】
Human Close Up 顔

特集・読み物


2018.4.21

チームワークで挑む5周年の新展開【惣菜市場 ばんぶ】



唐揚・焼鳥・惣菜
惣菜市場 ばんぶ
外商事業部部長
小川 拓 さん(32)


チームプレー復活に意気込み
 からあげ専門店としてオープンから5周年。「ばんぶの新たな進化と挑戦」を目標に、この春入社した小川さんは、イベント出店など店舗外の事業全般を担う。ただ、全くのニューフェイスというわけではなく、福山ばら祭や福山夏まつりへの出店では、欠かすことなく参加し応援してきた。
 同店の鴫谷オーナーとは、おかやま山陽高校野球部のチームメイトだった頃からの縁。オーナーが主将で捕手、小川さんは副主将で1塁手を務め、「ときにはバッテリーを組むこともありました。寮生活で、野球以外も一緒でしたね」と振り返る。
 卒業後の仕事は別の道を歩み、小川さんは実家の経営する公共工事等に関わる会社に主軸を置きながら、つながってきた。会社を継ぐことも考えたが、「親も〝鴫谷さんとなら〟と賛成してくれました。これからは、ばんぶ一筋。10数年ぶりにチーム復活の気持ちです」と意気込んでいる。
 


6種のからあげに、仕出し御膳
 ばんぶのからあげは、地鶏を秘伝のタレに2日間じっくり漬け込んだジューシーな〈元祖ばんぶからあげ〉を基本に、爽やかな〈レモンからあげ〉、自家製タルタルソースがたまらない〈からあげ南蛮〉などの6種がある。小川さんのイチオシは〈瀬戸内鶏からあげ〉。「5周年記念のメニューで、尾道産生姜をベースにしていて、元祖とはまた違った風味がクセになる味です」。それぞれ1個100円以下というお手頃な値段で、個数単位で買えるので、夕食のおかずにも嬉しい。福山のからあげ屋さんと言えば〝ばんぶ〟がすっかり定着してきた。
 惣菜にも力を入れており、ボリュームも満点のお弁当や予約制の仕出し彦丸御膳も大人気。「仕出しは、幕の内・鯛飯・たこ飯御膳などがあり、旬菜旬魚を使用した内容で、ご予算にあわせた会議用にも喜ばれています。ぜひご利用ください」と薦める。




イベントボスの役割を担う
 日焼けした精悍な顔は、屋外イベント出店プラス趣味によるもの。「休日はよく海に行っています」。ハイエースにサーフボードを載せ、車中泊しながら良い波を追って楽しんでいるそうだ。野球も続けてきたという、オンもオフも完全なアウトドア派。「これからは〝イベントボス〟として、ばんぶの美味しさを店外、県外へも広げていきたいと思います。まずは、福山ばら祭。自慢のからあげを準備してお待ちしています」。志を高く掲げ、生まれ育った里庄町から通う。



===============
惣菜市場 ばんぶ
福山市西新涯町2-18-1    TEL:084-983-0936

Human Close Up 顔

◎この記事を書いたのは




母の日・父の日特集
バスツアーのご案内