ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 【食育&手作り】大好きな「味郷ランチ」がレシピで登場!
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.4.20

【食育&手作り】大好きな「味郷ランチ」がレシピで登場!

ぎんがの郷小学校(大門町/青木一義校長)で週に1回出されるお昼ごはん「味郷(みさと)ランチ」が大好評。
2018年4月7日、レシピ本として登場!


2008年開校のぎんがの郷小学校の昼食は、原則お弁当だが、
開校2年目から1・2年生に週1回の行事食としてランチ提供が始まった。


「家庭の手作り弁当を食べる経験は大事です。でも、みんなと同じ物を食べ偏食をなくす経験も、食育の観点から必要と考えました」と青木校長。

家庭科室を利用して作られる料理は、地産の物を多用して季節感があり栄養バランスも良く、ワンプレートに丁寧に盛付た状態で児童に提供されている。

やがて3年生にまで拡大し、「味郷ランチ」に改名。
児童が心待ちにするお昼ご飯になった。


レシピ本は「これまで学校のなかで共有してきたレシピを、広く子育てに関わる世代に情報提供したい」と2年前に発案。毎週写真を撮り、データを蓄えながら、保護者に提供してきた食材やレシピの情報とあわせてまとめたもの。

内容は、学期ごとに分けられ、年間30回(それぞれ4種類程度の料理)の料理法と写真、彩りと分量を考えた盛り付け写真も掲載されている。

例えば、サワラの西京焼・きのことそら豆のバター醤油炒め、さつま芋サラダ、タケノコが入った五目汁などのメニューと、この1食分のおかずが見開きで紹介されている。
食育担当の河本美穂さんは「薄味で、見た目も楽しい切り方や盛付けにも工夫しました。家庭でも休日のお昼ご飯などの参考にしていただけたら」と話している。

レシピ本『ぎんがの郷小学校の笑顔になるあったかレシピ』は啓文社各店で販売。1300円(+税)。

ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


美味しい肉の店
バスツアーのご案内