ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > みんな、みんな、仏さま > お話99 守、破、離
みんな、みんな、仏さま

特集・読み物


2018.2.5

お話99 守、破、離

 武道や芸道を習うと、よく言われる言葉に「守破離」があります。
 先ず道場に入門したら、先生から教わることをよく守り、間違いなく正確に習得することが大事です。書道で言えば、先生の朱書されるのと全く同じ様に書けるようになることを目指します。これが「守」の段階です。
 先生から教わったことが理解できたら次は応用することです。自分なりの工夫を加えることです。先生から習った正確な「形」を理解して忘れることなく、少し形を崩してみると技術に「味」や「よい遊び」が出てきます。この段階が「破」です。
 「形」に自分なりの工夫を加える事が出来るようになれば、ついに様々な事に捉われず自在に操作できるようになるのです。技術を自分のものと出来た段階、「離」です。
 大切なのは、「破」「離」があるのは必ず「守」が第一にあるのを忘れない事です。先ずは正しい形を理解した上で形を崩し、それを更に進めて再び「形」を造形する。何事も、そのようにして師から自身に体得していくものなのです。

みんな、みんな、仏さま

◎この記事を書いたのは

真言宗 大覚寺派
王子山 薬師寺
  大瀧清延住職



編集部厳選こだわりラーメン
バスツアーのご案内