ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > Human Close Up 顔 > 福山の「最後の砦」をめざす やさしい整体院【やさしい整体院】
Human Close Up 顔

特集・読み物


2018.4.5

福山の「最後の砦」をめざす やさしい整体院【やさしい整体院】



やさしい整体院
院長
吉岡 渉 さん(33)


福山近辺の最後の砦に
ーここでアカンかったら諦めろ。
 先月、久松通りと2号線の交わる角地にオープンした「やさしい整体院」の院長・吉岡さんは、つい昨年まで出身地の和歌山県内に4院を構え、年間1万5千人以上が訪れる整体グループの総院長を務めていた。そのとき、患者さんがクチコミで広げていたのがこの言葉だ。「妻と5歳と2歳の子どもと4人で、妻の実家に近い福山に住み始めて3ヶ月。開院してまだ1ヶ月ですが、今度は福山でそう言われるほど、困っている人の最後の砦になりたいです」。徹底的な技術力で再発させないこと、根本的に治すことを心がけている。
 


筋肉、姿勢、内臓にアプローチ
 完全予約制で院長自らが対応し、1回で変化が実感でき継続するといわれる筋肉、姿勢、内臓のバランスをとる無痛整体を行なう。「筋肉だけを緩めても一時的なもの。骨に守られた内臓部分の血流、リンパの流れを良くすることで改善を促す」という。 「初めての患者さんに説明すると〝ほんまに治るんかな〟とよく言われますが、終わった後では〝何をしてくれたんやろ、体が変わってる〟とも言われます。痛みがないので、まずは安心して試してみて」とすすめる。
 実際に施術を受けると、ソフトに触れる程度で「腸の動きの悪さが腰痛の根本原因」「このコリは腎臓の働きが落ちたから」など、痛い場所と深部の原因がつながっていくから不思議だ。他院の院長も学びに訪れるという。



「ベンチのキャプテン」経験が導く
 悩んでいる人の気持ちに寄り添ってくれるのも嬉しい。吉岡さんは中学生のときサッカー部に所属し、足首の骨がずれるほどのねん挫を経験したそうだ。近辺はもとより他府県の名医とされる院を回っても改善せず、1年近くプレーできない日々を過ごした。「ベンチのキャプテンと呼ばれました。ようやく母が探しあててくれた整体院でみるみる良くなったのは、自分の痛覚のほうがおかしいのかと思い始めた頃でした」。このことがきっかけになり、「絶対に症状を改善できる治療師になってやる!患者さんのつらい時間を長引かせない」と決意して関西医療大学の鍼灸学科に進学した。国家資格を取得し、愛媛の病院に5年間勤務。その後、和歌山の整体院から福山に来るまで多くの人を救ってきた。「大事な試合を見守るだけだったキャプテン時代も、今では、つらい症状の方を治せるようになるために必要な経験だったと思えます」と笑顔を見せた。



===============
やさしい整体院
福山市延広町4-20久松ビル1階   TEL:084-983-3878

Human Close Up 顔

◎この記事を書いたのは




美味しい肉の店
バスツアーのご案内