ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ >子育て > 習い事・塾 >
 

わかば塾 みどり町教室 WAKABA BOOK3

084-999-3033


2018.3.8

4月からの生徒募集開始★無料体験実施中。プログラミング教室も始動!

福山市緑町の『みどり町モール』内の本屋さん『啓文社 BOOKS PLUS緑町』の中にある、塾【わかば塾みどり町教室 WAKABA BOOK3】。“塾で学ぶ。本とも出会える”をコンセプトに、本に囲まれた落ち着いた雰囲気の学習環境が整った福山唯一の塾で、少人数制の集団授業と、自習学習を併設したアカデミックカフェの授業を展開している。



全く新しいスタイルの塾で、まさに『本と学習』が融合した場所。
わかば塾 みどり町教室に通う生徒は、授業はもちろん、自習スペースもフル活用し、様々な本に触れながら、自ら学ぶ力を培っている。

2020年の大学入試改革及び、学習指導要領の改訂により“学びの方法”が大きく変わる。

従来の断片的な知識を暗記するだけで乗り切れた問題とは違い、深く物事を考え抜く「知」そのものを学ぶことが大切になってくる。そこで、「知」へのアクセスや新たな「知」の創造の鍵となる“本”を学びの中心に置き、本と出会えるサードプレイス(子どもたちの第3の居場所)となっているのが、ここ、『わかば塾 みどり町教室』なのだ。

授業は少人数制で、一人ひとりの満足度が高いことでも定評がある。
超短焦点プロジェクタの設置や理科・社会の映像授業などICT教育も行なっている。

分からないとこをいつでも(自習スペースにも先生が常駐!)聞けるのも魅力。


4月からの新入生も募集しており、無料体験も実施中だ。



実際に塾の雰囲気を体感し、授業を受けることができるので、
まずは気軽に塾を覗いてみよう。




そして、この春新しく『ロボットプログラミング講座』が開講する。(4月〜、人数限定)



2020年度から小学校で必修化になるプログラミング教育。
実は、世界でプログラミング教育を実施している国は日本が調査を実施しただけでも23か国を数えるそう。


教育には、変化が激しく将来の予測が困難な時代にあっても、子どもたちが自信を持って自分の人生を切り拓き、よりよい社会を創り出していくことができるような資質・能力をしっかりと育んでいくことが求められる。その資質・能力を育てる一つの方法がプログラミング教育なのだ。



では、具体的に、プログラミング教育とは何だろう?

小学校段階のプログラミング教育は『コンピュータを操作する際に必要な記号を覚えることがプログラミング教育の目的である』という誤解が広がりつつあるが、それは違う。

プログラミング教育とは、子どもたちに、“コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができる”ということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて求められる力を育むことなのだ。

21世紀を生き抜くスキル とも言える。





プログラミング教育では、試行錯誤の体験を通して、コンピュータに自分がさせたい動きをさせるために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、そして記号の組合せをどのように改善していけば、より自分がさせたい動きに近づくのか、といったことを論理的に考えていく力の習得を目指す。


でも、それは、プログラミング教育を受ければOKという訳ではなく、その他の教科で培った「読む・書く・話す」などの言語能力や思考力が必要なのだ。

すべての教科を通じて、読解力や論理的・創造的思考力、問題解決能力、人間性等をはぐくみ、同時にプログラミング教育を実施することで、試行錯誤の体験を通して、子どもたちが自信を持って自分の人生を切り拓き、よりよい社会を創り出していくことができるような資質・能力が形成されていく。


「プログラミング教育でこの力が伸びる!!」とは断定できないし、プログラミング教育を受けてすぐ何かの効果が表れるという訳でもない。
でも、プログラミング教育による試行錯誤の経験を通して、“学び方”を学んだ子どもたちは、他の教科の学習に対しての意欲の向上や学習方法に変化なども期待できる。
プログラミング教育とその他の教科の学習を同時に進めることで、相互に作用しあい、学力が向上するのだ。
実際、OECDの調査によると、幼少期にコンピュータに触れた経験のある子どもの方が、そうでない子どもよりも学力が高くなることがわかっている。



プログラミング教育の効果を子ども自身が実感するのは何年先、何十年先かもしれない。


でも、これからの変化の激しい時代には、間違いなく必要な教育だ。


そんな、プログラミング教育を、無料で体験できるイベントがわかば塾で開催される。

日にちは、3月17日・18日・21日の3日間
時間は、午前10:30〜12:00
対象は、4月から小学3〜5年生になる児童

申し込みは電話やメール、直接来塾で受付。

各曜日8名様定員なので早めの予約がおすすめだ。



使用教材は『Gakken×Artec もののしくみ研究室』。

他の教材と違って、トイレや信号機、自動ドアなど、子供たちが普段目にするものを作ることによって、探究心が強くなり、社会に目を向けるきっかけがつかめる。

子どもたちの挑戦を妨げないよう、こだわり抜かれた教材。
様々な「もの」を作ることができるように「わかりやすく使いやすい」はもちろん、自分で考えること、トライ&エラーしやすいものが用意されている。
自然と興味関心が沸き、創造性が身につくように考えられた教材やテキストは、「もののしくみ研究室」ならではだ。







『知』そのものを学ぶことにフォーカスしたわかば塾ならではのプログラミング

そして

プログラミングとの相乗効果も高い、わかば塾の授業も

是非この機会に体験してみては?









美味しい肉の店
Shop Data

店名:わかば塾 みどり町教室 WAKABA BOOK3(わかばじゅく みどりまちきょうしつ)HP

TEL:084-999-3033

住所:福山市緑町1-30 啓文社BOOKS PLUS緑町内

交通:ハローズ緑町モール、啓文社BOOKS PLUS緑町内

定休日:木曜日

カード:不可

駐車場:あり(緑町モール)

 

Facebook

Pick UP!
バスツアーのご案内