ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > Human Close Up 顔 > サッカーで培った目をジムに向けて【スポパル緑町クラブ】
Human Close Up 顔

特集・読み物


2018.2.23

サッカーで培った目をジムに向けて【スポパル緑町クラブ】



スポパル緑町クラブ
インストラクター
三島 有里加 さん(26)


スポーツに関わる仕事を
 「小・中・高・大、サッカー一筋でした」。鞆小サッカー部、クラブチーム、市内女子選抜チームを経て、全国大会常連の岡山の作陽高校から声がかかり、サッカー入学。全国ベスト16入りも経験した。スポーツの名門・九州共立大学では、ディフェンダーとして活躍し、卒業後も一時は後輩の指導にあたっていた。「勉強は全然で、サッカーしか無かったッスよ」。笑顔いっぱいに振り返り、時に体育会系っぽい言葉遣いもよみがえる。当時はサッカー選手特有の細いヘアバンドをしていたそうで、今その姿でフィールドに立っていても、少しも違和感はないはずだ。
 やがて福山に戻って、販売職に就いた。「ずっと心のどこかでスポーツに関わる仕事ができたらと思い続けていました」。そんな三島さんに「〝今だ!〟と思った」報せが舞い込んだのは、スポパル緑町クラブのインストラクター募集。入社して、マシンジムやスタジオプログラムのノウハウを身に着けながら準備を進め、2015年11月のオープニングスタッフに加わった。
 


県内初導入のエクササイズ
 格闘系の動きを取り入れた〈ボディコンバット〉、自転車のマシン〈トップライド〉のインストラクターでもある三島さんだが「学生時代10%台だった体脂肪率はキープできていないので、もう少し引き締めようと頑張っています。私には〈サーフエクササイズ〉が一番効くようです。背中にも効くんですよ〜」。
 先月同クラブに、県内で初めて導入されたばかりの、サーフボードに乗って体幹を鍛える最新エクササイズのことで、テレビでも紹介されるほど話題に。三島さんはこのエクササイズプログラムのインストラクターでもある。休みの日は、よくスーパー銭湯に行くとのこと。〝美しく鍛えられた背中のラインを見かけたら、三島さんかもしれませんね?〟と尋ねたら、「そう思われるようになりたいです」と気持ち良く返してくれた。



勉強と指導経験を重ねたい
 昨年結婚して、苗字は三島さんから森下さんになった。レッスン表も呼び名も三島のままで「どっちでもいいッス! 皆さんに馴染んでもらった三島がわかりやすいと思います」。
 今後は「自分の体をしっかりケアしながら、機能解剖学を学んで指導歴を重ね、もっと深いレッスンをするのが目標です」。相手の動きを見て瞬時に判断するスポーツを繰り返してきた三島さんの目は、今、生徒さん一人ひとりへと丁寧に向けられている。



===============
スポパル緑町クラブ
福山市緑町1-30 みどり町モール2階   TEL:084-959-3388

Human Close Up 顔

◎この記事を書いたのは




美味しい肉の店
バスツアーのご案内