ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 福山ひな紀行2018②
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.2.17

福山ひな紀行2018②

福山のあちこちで開催されるひな祭り。今年巡った情報や、昨年の様子をふまえながら、ひなを囲む建物や町の風情なども取り上げ、紀行風にいざないます。
福山ひな紀行2018①はこちら

◆松永へ


 福山市松永はきもの資料館(あしあとスクエア)は、金土日祝の開館で、3月18日(日)までひな祭り展。
 第6展示室内に、御殿雛、押し絵ばかりでなく、全国各地の小さな雛がずらりと並ぶ姿が愛らしい。岩手県の六原張子(肩寄せ雛)はお内裏様がお雛様を抱き寄せ、頬を寄せる微笑ましい姿。京都府の台所道具(水屋)や伏見土人形(内裏雛)も面白く、宮城県の堤土人形は目が細く小作りな印象で、秋田県の八橋土人形の内裏雛は、男女の表情の違いも楽しめる。
 内外の玩具を集め同館に展示した故 丸山茂樹さんは「はきものは体を支え、玩具は心を支える。対になるものだ」と言われていたと聞く。ぜひ、他の展示室に並ぶ世界の玩具やはきものも楽しんで。


◆沼隈へ


 福山市ぬまくま文化館(枝広邸)は、幕末から昭和にかけて3代続いた医者の旧邸。沼隈町へ寄贈され、平成元年に改築後は貸館やイベントに利用されている。
 満潮時には海水が入る池の石橋を渡り、洞窟をくぐると、茶室「清泉堂」へ至る(=写真)など、庭の散策も楽しい。
 今年の「ひなまつり」は、17日(土)〜3月4日(日)。歴史を見つめたお内裏様や段飾りが並び、例年、手作りで工夫を凝らした現代の雛も展示されている。22日(木)から先着300人に、あられセットが振る舞われ、ゆったりと過ごす趣向も予定されている。
 場所は、沼隈支所脇の山南川をわたってすぐ。道の駅「アリストぬまくま」も近く、車で巡れば、小旅行気分も味わえる。


→ 福山ひな紀行2018 ①へ

各施設の開館時間や料金、問合せ先などはイベントガイドへ!

ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


編集部厳選こだわりラーメン
バスツアーのご案内