ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの「わ」No.603 床屋ベース・クロス オーナー 小川 忠さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2018.1.10

異業種リレーの「わ」No.603 床屋ベース・クロス オーナー 小川 忠さん


今回は、「社会保険労務士 藤井事務所」所長、藤井 良章さんのご紹介により、「床屋ベース・クロス(福山市南蔵王町3-6-26-101 TEL.084-926-1314)」オーナー、小川 忠さんに登場願いました。

 

子どもから大人まで交われる場所に

 

…休憩に行く感覚で
 「床屋ベース・クロス」として独立したのが33歳の時で、店名のクロスには「人との交わり、お客様との交流」の意味を込めています。また店内の雰囲気は、私が大好きな所ジョージさんの仕事場兼遊び場として知られている〝世田谷ベース〟のように、フィギュアや大好きな音楽のグッズ、漫画などを揃え、子どもから大人まで楽しめて、休憩に来る感覚でリラックスしてもらえることを意識しています。
 当店には、3歳ぐらいからの小さいお子さんと一緒に親子で来店されるお客様が多くおられます。私自身、保育士になりたいと考えた時期があるほどですので、お子様連れ大歓迎です。子どもが好きなDVDも用意しているので、髪を切ることに慣れていない子でも楽しい気分のままカットしていきます。カットが怖いとか痛いというイメージをもってほしくないですし、髪型を変える楽しみを知ってもらい「また髪を切りに行きたい」と思ってもらいたいです。
 私を含めた〝加齢臭世代〟を中心とした大人のお客様には、ヘッドスパが人気ですね。薄毛や加齢臭の悩みを解消させるには、毛穴の汚れを洗い流し、頭皮を清潔にすることが一番大事です。自分が実際に使って本当に良かったクレンジングとトリートメントだけを使っています。セルフケア用に購入するお客様も多くおられます。
 要望に応えたカットをすることはもちろんですが、小さい子どもでもカットができるお店を探している人、薄毛・加齢臭が気になっている人はぜひ気軽に訪れてみてください。親子で来店するとファミリー割引がありますよ。


…好きなことを経験して
 中学1年生からドラムを始め、高校でバンド活動を開始しアマチュアの福山大会で賞をとったこともあり、この時は音楽の世界で生きていきたいと思っていましたが、「音楽で生きていくには、練習量が少ない。ドラムは趣味で続けながら、若いうちに取れる資格は何でも取れ、〝持っていて損をするのは前科だけ〟」と父に言われ、音楽以外に調理師・大工・美容師に興味があったので好きなことを一通り経験しようと、調理師専門学校で資格を取り、大工の仕事もしました。そして、友人に誘われ地元大手企業で勤務している時に、理容師の仕事を始めるきっかけがあり、周囲の反対を押し切り、これが最後の転職で一生続けていく仕事と決意して、理容業界に飛び込みました。3年間の実地経験を積みながら、通信課程で専門知識を身につけ、26歳で理容師の国家資格に合格しました。


…ゴールはない勉強の日々
 接客経験がなかった私は、飲食店など他業種のお店に行っても店員さんの気持ちが分からなかったですし、接客に向いていないとも思っていました。最初の頃は自分で壁を作っていましたし、話しかけられてもムスっとしたり、いい事も嫌なこともすぐに顔に出ている自分がいました。経験を重ねていくうちにお客さんが話したい内容や、この人は話しをしたい人、聞きたい人なんだと自然と雰囲気で分かるようになっていました。見習いの時から通ってくれている飲食店の店長さんに、恐る恐る話しかけていた最初に比べ「床屋らしくなった」と言ってもらったことがあります。その時、自分の接客対応を皆さんに見てもらえているんだなと嬉しい気持ちになり、そこからさらに髪を切ること、接客することが好きになっていく自分がいま した。
 この世界に入って18年、通ってくれていた小さかった子がサラリーマンになっていたり自営業をしていたり、成長して福山を離れて生活をしていても、帰省した時には今でも気軽に来店してもらえると嬉しい気持ちになります。
 この仕事にゴールはないと思っています。幅広い年代のお客様が自然と足を運びたくなる理容室として、これからもこの場所でまだまだ勉強し成長しつづけていきます。

異業種リレーの『わ』

◎この記事を書いたのは




忘新年会特集2018→2019
バスツアーのご案内
福山備後エリアの結婚相談所・プレスシード婚活事業部プランタン福山