ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 祝 福山新成人4875人
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.1.8

祝 福山新成人4875人

 1月8日の成人の日、福山市成人式がふくやま芸術文化ホール「リーデンローズ」を会場に開かれた。
 対象は、1997年(平成9年)4月2日から1998年(10年)4月1日までの間に生まれた4875人(男性2496人。女性2379人)。約2800人(主催者発表)が会場を訪れた。

 雨模様の影響もあり、エントランスもホールも満員状態。

 式典で枝廣直幹市長は、鞆ゆかりの「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコ記憶遺産に登録されたことを挙げ「朝鮮通信使の精神を今に生かし、外に開かれた目を持って、諸外国との平和友好と異文化尊重の志を持って欲しい」と激励した。


 新成人を代表する誓いのことばは、市川大貴さん(九州大学/南手城町)と田中快枝さん(くらしき作陽大学/水呑町)。市川さんは「人とのつながりを大事に、学ぶ姿勢を忘れず、自分の軸を持ちぶれない。同世代の仲間と日々精進する」と語った。田中さんは「管理栄養士という職に就き、食事の面からたくさんの人に元気を与えられる人になりたい。周りの人が私を見て元気が出るくらい、前向きでいる」と誓いを立てた。 

 記念行事では、アテネオリンピック女子マラソンで7位に入賞した坂本直子さん(福山市在住=写真)が登壇。6月から始まる「メキシコオリンピックチーム福山キャンプ応援サポーター」として、「公開練習では世界レベルの技が見られる。東京五輪を目指す人、次のオリンピックに出たい人もいる年代。ぜひ足を運んで」と呼びかけた。
 「備後ばらバラよさこい踊り隊」による、よさこい踊りや、城南中学校吹奏楽部の演奏で新成人の門出を祝った。


 会場には、市選挙管理委員会による模擬投票所も設けられた。
 実際の記入台や投票箱を使い、「福山築城400年記念事業ロゴマーク」の最終候補4つのうち1つを選んで投票してもらうもので、市民投票の実際の票数に加算される。1時間の投票所開設後、即開票された。投票者数244人、有効票241票だった。


会場周辺には、送り迎えや晴れ姿を写真におさめる保護者の姿も多くあり、友人たちの元へ笑顔で駆け寄るなどする我が子の姿を見守っていた。


ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


バスツアーのご案内