ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > Human Close Up 顔 > つまずきや悩みに気付く誘導役【個別指導のグランアシスト木之庄教室】
Human Close Up 顔

特集・読み物


2017.12.20

つまずきや悩みに気付く誘導役【個別指導のグランアシスト木之庄教室】



個別指導の
グランアシスト 木之庄教室
教室長
吉川 健 さん(27)


寄り添い受けとめる経験をして
 今春開校した「グランアシスト木之庄教室」の教室長を務めている吉川さんは京都の生まれ。小学校に上がる前の阪神淡路大震災の揺れや瓦が落ちたことを覚えているそうだ。法学部で学んだ大学時代に、東日本大震災が発生した。その夏、京都の観光地で友人と一緒にかき氷店を出し、集めたお金で福島県郡山市でボランティア活動をした。「そばにいてお話を聴く活動でした。人が困っているときにどういうことができるのか、初めて真剣に考えた経験でした」。
 その経験はやがて「法律を究めるより、人に寄り添うことに特化した仕事をしたい」との考えにつながっていった。自分探しと具体的な職業探しを兼ねて塾のアルバイトから。2年間経験してみて「やはり子どもたちに寄り添い、教える仕事が好き」と再確認できたことで就職を決めた。 


個別指導でつまずきに気付く
 福山で誕生し、福山に焦点を絞った教材と指導で7教室を展開するグランアシストへは昨秋、引き抜かれるかたちでやってきた。
 吉川さんは、大勢の前で話すのが決して得意なタイプではないそうだが、それだけに“わからない”と言い出せない子どもたちの気持ちも理解してくれる。「個別指導は、その子に寄り添って、大丈夫かな?って目を離さずにいることで、つまずきに気付きます。私に合っていると思っています」。この問題はどこで間違ったのか、解決の糸口はどこにあるか、子ども自身が気付くように誘導して、モチベーションアップにつなげている。



自省しながらサポートを
 また、木之庄教室で吉川さんが特に気を配っているのがノート作り。「大切なポイントを見過ごす・聞き流すことのないよう、どう受けとめて記録するかですね。そして自分の意見を持って聞くということ。これは、大学受験やその先にも役立つ自学自習の基本になるので、丁寧に伝えています」。子どもたちが“先生、点数が上がったよ〜”などと笑顔を見せてくれるのが何よりのやりがいとのこと。2学期末試験が中間試験より30点もアップした中学生もいたと、自分のことのように喜んでいる。「福山の子どもたちにしっかり密着しながら、役に立てているか常に自分を振り返ってサポートしたい」と語っている。
 塾では計画的に、プライベートでは気ままに。故郷に向けてドライブしながら、ご当地料理の食べ歩きをするのが趣味という27歳。




===============
個別指導のグランアシスト
【木之庄教室】福山市木之庄町1-14-19    ☎084-999-3600

Human Close Up 顔

◎この記事を書いたのは




忘新年会特集2018→2019
バスツアーのご案内
福山備後エリアの結婚相談所・プレスシード婚活事業部プランタン福山