ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > Human Close Up 顔 > こだわるけど とらわれない「ゆるマク」【株式会社 ハーベスト】
Human Close Up 顔

特集・読み物


2017.12.20

こだわるけど とらわれない「ゆるマク」【株式会社 ハーベスト】



株式会社 ハーベスト
代表取締役
前本 桂子 さん(44)


健康と食事の大切さに気付く
 マクロビオティック(玄米菜食)やローフード(生の食事)を学び、グルテンフリーの米粉料理、デコ弁なども教えている前本さんは、元小学校教員。「健康って大切だねって気付かせてくれたのは主人の脳腫瘍でした。西洋医学の限界やリスクを知って、免疫力をあげるために私にできることは何かと考えたのが、食事だったんです」と語り始めた。
 マクロビを始めてすぐ、それまでの調味料を全部捨てた。有機や自然農法の野菜など良い食材を求めて日中の大半は食材探し。「0歳と1歳の発達障害の子を抱えて、つらくて疲れ果てて。1年半経って、体にいい素材を選んで食べても、楽しさも美味しさも我慢することばっかりでは、元気にならないとやっと気付きました」。

 


こだわるけど、とらわれず、ゆるく
 「そこで決めたんです。こだわるけど、とらわれないことに」。お肉もお魚も食べてもいい!だけど、新鮮で安全で、楽しいものにしよう!と考えを改めたとたんに料理が楽しくなり、家族から〝美味しい〟って声がでるようになったそうだ。
 その後さらに学んで、同じように悩んでいる人、料理をもっと楽しくしたい人に、経験や料理法を伝える仕事を始めた。例えば、体に良いと思われている米粉パンにはグルテンが多く添加されたものがあり逆効果、白砂糖を使いたくないからと三温糖を使っても意味がない…など。また、ローフードで作るチョコレートやパスタなら、罪悪感もない。「体にいいものが美味しくて楽しいと続くんです。なので私は、ゆる〜いマクロビオティック〈ゆるマク〉で良いと考えるようになりました」。




食と住まいのデコレーター
 そんな前本さんは今年、食からつながる家と生活全般をコーディネートし、彩りを加える会社を立ち上げた。「職人と一緒に、心地いい暮らしをワンストップで提案します」。一軒家のリノベーションも、家の壁紙やコーナーなどちょっとした部分でも〝こうだったらいいのに〟を叶えてくれる。現在、市内に中古物件をリノベーション中で、来年はそこをモデルハウス兼料理教室の会場にと予定している。
 「母親はシャンパンタワーの一番上のグラス」と例える前本さん。自分を犠牲にして〝こんなにやってるのに!〟とストレスを溢れさせるのではなく、そこに自分の人生を楽しんでいるという幸せが満たされて家族に届いていく、幸せを分け与えていくイメージを持ちたい、と語っている。




===============
株式会社 ハーベスト
福山市引野町北    ☎090-7509-7181


歓送迎会・女子会特集
バスツアーのご案内