ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの「わ」No.601 有限会社エルドシック代表取締役 棗田 学さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2017.12.14

異業種リレーの「わ」No.601 有限会社エルドシック代表取締役 棗田 学さん


今回は、「北村自動車株式会社」常務取締役、北村 太郎さんのご紹介により、「有限会社エルドシック(福山市松浜町3-8-32 TEL.084-931-5481)」代表取締役、棗田 学さんに登場願いました。

 

すべての人に綺麗で健康な体を

 

…綺麗と健康を応援
 インナー専門店「エルドシック」を緑町公園そばで経営しています。今から30年前に母が野上町で開業したお店で、私が入社したのは33歳の時です。接客は女性スタッフが担当、私はインターネット販売と管理を担当しています。
 5年前、現在の場所に店舗移転が決まったのと同じ時期に代表取締役となったので、社長としての初仕事は移転準備でした。広くなった店内は、婦人服やバッグ、アクセサリーなどを販売するブティック「クラスター」も併設しています。福山では当店しか取り扱っていないブランドの商品から、男女ともに人気が高い疲労軽減や運動能力向上などの効果がある、着圧スポーツインナーまで幅広く取り扱っております。
 3年前から、オリジナルインナーの販売も開始しました。テーマは「カラダのお悩み解決」です。販売開始とともに楽天市場を始めとした通販サイトで購入者から高い評価をいただいている「骨盤ガードル」は、姿勢を矯正する機能性に加えて、デザインにこだわり、生地から縫製まですべて日本製で、職人が丁寧に仕上げていますので、他社との価格競争に負けない商品力があると思います。その他にも、ブラキャミやサニタリーショーツなども大手メーカーに負けない機能美を考えて作っています。今後もカラダの悩みを解決できるように、この世にまだ存在しない斬新なアイディアが詰まったオリジナル商品を増やしていき、アパレルやインナーで綺麗になりたい人、健康を考えている人を応援したいと考えています。


…経験を地元で活かしたい
 私が中学生の時に、アメリカでホームステイした際、色々な国籍の人と交流して様々な文化や習慣などに触れて、日本では経験できなかった多様性を知り衝撃を受けるとともに、街から街への移動距離などで日本とのスケールの違いに、「世界は広いな」と感じました。この経験がきっかけとなり、いつかは海外と繋がる仕事がしたいと思うようになっていました。
 英語でコミュニケーションをとることが好きでしたので、大学では語学を中心に各国の経済などを学び、卒業後は日常会話の英語が話せるようになりたくて、2年間のイギリス留学時にはホテルで接客係として働く経験もしました。
 帰国後は、語学力を活かせる旅行代理店で2年間勤務し、企画営業をしていた住宅メーカー向け建材製造会社では、タイ工場の駐在員もしていました。この時に、スマトラ島沖地震を目の当たりしたことで「人生一度きり。地元に戻り経験を活かした仕事をしよう、地域貢献もしたい」と思い、福山に戻ってきたのが32歳の時です。


…小さな会社でもできること
 戻ってすぐは語学力を活かせる仕事をするための就職活動をしながら、空いた時間でお店のホームページ立ち上げを手伝っていました。旅行会社時代にオンライン受注をしていた知識と経験を活かして、ネット販売ができるようにも整備したところ、売上が順調に伸びていきました。この事にとてもやりがいを感じ、小売の仕事をしたことはありませんでしたが、事業としてまだまだ成長していける可能性を感じました。自分が経験してきた語学と企画営業スキルを活かして挑戦したいと思い、入社することを決めました。今では、海外のメーカーや法人との取引も始まっています。  これからの目標は、中四国トップクラスの品揃えと、ITと連携した次世代型店舗への挑戦と、海外向け越境販売の強化です。さらに、私なりの地域貢献として考えていることに、インターネット活用があります。小さな会社の小売業でもITを最大限活用することや商品力の強化で十分可能性がひらけると思います。同業・異業種問わず必要としていただけるなら、インターネット販売に関する情報交換など、私の経験を基に協力していけたらと思っています。


ぷれこ新年会特集2018
バスツアーのご案内