ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > こんにちは!矯正専門医です! > No.93 「一回の手術で完結する AQBインプラントの実際」について
こんにちは!矯正専門医です!

特集・読み物


2017.12.7

No.93 「一回の手術で完結する AQBインプラントの実際」について

 インプラント(人工歯根)とは、歯が抜けてしまったところの骨にチタン製のボルトを埋め込んで、そのボルトを土台にして人工の歯を装着する治療法です。インプラントは見た目も自然で、自分の歯と同じようにしっかり噛めるため、美味しく食事ができ、胃腸の消化吸収を助け、歯を失う前の健康的な生活スタイルを取り戻すことが出来ます。インプラントとの比較対象として「ブリッジ」や「入れ歯」といった補綴物が挙げられますが、インプラントはそれらとは一線を画します。全くの別物とお考えください。
 インプラント手術には1回の手術で完了する1回法と2回の手術が必要な2回法がありますが、当院で採用しているAQBインプラントは1回法です。一回法のメリットは、手術が一回で済むため、痛みや外科的侵襲を最低限に抑え、患者様の精神的ストレスを大きく軽減できます。手術時間は30〜60分です。インプラント埋入後、60日でインプラント体が骨と結合し、セラミック冠を装着したら、すぐに噛めるようになります。インプラントを入れた患者様の90%以上は満足したと答えております。但し、極度に歯槽骨が薄い場合や重篤な全身疾患をお持ちの方は、インプラント治療を受けられない事があります。

こんにちは!矯正専門医です!

◎この記事を書いたのは

ふかつ歯科・矯正歯科
院長・歯学博士
渡邉 武寛 先生
福山市西深津町5-23-41
TEL:(084)982-5111



美味しい肉の店
バスツアーのご案内