ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの「わ」No.600 北村自動車株式会社 常務取締役 北村太郎さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2017.12.7

異業種リレーの「わ」No.600 北村自動車株式会社 常務取締役 北村太郎さん


今回は、「株式会社黒瀬ペットフード」専務取締役、黒瀬 貴之さんのご紹介により、「北村自動車株式会社(福山市曙町4-8-28 TEL.084-954-7770)」常務取締役、北村 太郎さんに登場願いました。

 

仕事を楽しみ 車で走る歓びを伝えたい

 

…走る歓びを熱く
 北村自動車は昭和39年に、祖父が立ち上げた会社で、最初は車の修理工場でした。現社長で当時経理を担当していた母に連れられ、保育園の行き帰りの途中で工場に寄ることが多く、幼い頃から車に触れる機会がありました。
 私が中学に入学した頃、会社はマツダオートザム福山南としてマツダのディーラーになりました。ショールームと整備工場を現在地に新築移転したのはこの時です。福山に本社を構えるマツダのディーラーは4社ありましたが、今では当社だけになっています。
 マツダ車に関しては、作り手の想いをメーカーから直接聞くことができるので、車種ごとに熱く語りますよ!!完成するまでの技術者の苦労話や試行錯誤した話を聞くと、そんなところまでこだわっていたのかと驚くことばかりです。細部までこだわった機能美のことを知ることで、マツダが考える〝自分たちが走らせて退屈だと思うクルマは絶対につくらない〟がとてもよく分かります。来店していただけたら、低燃費で坂道も快適に走るディーゼル車からガソリン車、ライトスポーツカーのロードスターまで試乗できます。特に「ロードスター」は走る歓びをかたちにした名車ですので、一度は運転してみていただきたいですね。


…最適な車の提案で豊かな生活を
 高校生の頃は、橋や建物など地図に残る仕事をしたいと思っていたので、国立大学の工学部に進学したのですが、いつかは会社を継ぐのならば、早くから車のことや会社について勉強するのが一番良いのではないかと考えるようになり、卒業と同時に北村自動車に入社することを決めました。
 最初は店頭でセールス担当として勤務しました。何を話していいのか分からなかったのですが、まずはお客様からの質問にはすべて答えられるように車に関する知識を徹底して身に付けました。そして、カーライフで普段の生活も豊かになるお手伝いをしていきたいという想いを持って、個人のお客様には今と5年後の家族構成にあう軽自動車から大型車、スライドドア車など最適な車種をご提案させていただき、法人のお客様には楽しく運転することはもちろん、コストのことを考えたご提案をさせていただいています。


…お客様、地域、社員と繋がる
 今年53年目を迎えた北村自動車を100年続く企業にすることと、社員がイキイキと働きやすい会社にすることが今の目標です。
 その取組みの一つとして、社内でチームを作りマツダファンフェスタで行われている耐久レースに4年前からロードスターで参戦しています。速さだけではなく、2時間半を走りきる燃費を考えたテクニックも必要なレースですが、上位に入ることよりも、楽しく仕事をする目的で参加していますので、仕事の気分転換に整備をしたり、休日を利用して練習走行に出かけたりしているうちに、自然と社員間のコミュニケーションが増えて、団結力が増したのではないかと思います。おかげで今年も無事完走できました。
 また、年2回開催しているお客様感謝祭は、普段関わることが少ない整備士を始め、全スタッフとお客様が接する機会にもなり、マツダ車に関わるすべての人と繋がることができる場になっていると思います。その日は営業活動を一切せず、多くのお客様を迎え社員も楽しめる日にしています。
 そして、地域に少しでも貢献できればと、毎年2月に福山市役所から上下町公民館まで歩く、「50キロ夜間歩行」に救助用車輌の提供や炊き出しなど運営に協力しています。
 これから先もお客様に車の楽しみ方を伝え、社員が仕事を楽しめる環境作り、永く地域に貢献できる会社作りを続けていきます。


Winter illumination 2017
バスツアーのご案内