ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 福山城あかりまつり ワークショップスタート
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2017.11.22

福山城あかりまつり ワークショップスタート

 年末年始の福山城を竹あかりなどで照らす「福山城あかりまつり」。そのライトアップに使う竹の穴開け作業がワークショップ形式で始まった。

18日、アイネスフクヤマ(東桜町)で、竹に穴を開ける作業が始まった。
 先を斜めに切った竹に、熊本県の竹あかり演出家「ちかけん」さんがデザインした丸や流れなど4パターンの紙を貼って固定。それには、穴を開ける位置と穴の大きさが記されており、電動のドライバーでそのデザイン通りに穴を開けていった。


 「福山城あかりまつり」は、福山商工会議所青年部の主催。ライトアップ本番は12月23日(土)から来年1月6日(土)まで。全部で150本の竹あかりが福山城や湯殿前に並ぶ。担当委員長の小山泰寛さんは「自分で作った竹あかりのライトアップに感動して欲しい」と話している。


 次回ワークショップはアイネスフクヤマで23日(祝)と25日(土)13時〜16時。福山駅南口の釣り人像前でも小さい竹を使った穴開け体験ができる。どちらも予約不要。無料。



ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


編集部厳選こだわりラーメン
バスツアーのご案内