ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > こんにちは!消化器・呼吸器内科です! > No.21 息切れの原因は貧血と 循環器疾患・呼吸器疾患
こんにちは!消化器・呼吸器内科です!

特集・読み物


2017.10.27

No.21 息切れの原因は貧血と 循環器疾患・呼吸器疾患

最近階段を上ると息が切れるようになりました。年のせいかとも思いましたが2階まで上がるのがやっとという日もあります。病気でしょうか。

運動をすると体に酸素がたくさん必要となります。息切れは酸素の供給が不十分だと起きる症状です。心臓、肺、血液の病気でよく見られます。  血液の病気はおもに貧血です。酸素を運ぶ赤血球が不足するため息切れが起こります。貧血と診断されたら、貧血の原因を調べてその治療も必要です。  心臓の病気は心不全、とくにこの場合は急激に悪くなった感じではないので慢性心不全の可能性が高いと思います。急性であれ慢性であれ心不全には必ず原因となる病気が存在します。慢性だと心臓弁膜症や心筋症、急性だと心筋梗塞や心内膜炎などがありますが胸痛や発熱などの症状が先行することが多いです。その時点で医療機関を受診することが望ましいです。  肺の病気はたくさんありますが、肺梗塞や気胸などは胸痛があり対応を急ぎます。喘息はヒューヒューあるいはゼイゼイといった呼吸音が聞かれ、肺気腫は喫煙者に多い病気です。肺線維症あるいは間質性肺炎はゆっくり進行する場合と急激に進行する場合があります。肺炎や気管支炎はほとんど発熱がみられます。これら以外にもたくさんありますがいずれにしても早めの受診をおすすめします。


忘新年会特集2017~2018
バスツアーのご案内