ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > Human Close Up 顔 > つらい時も、そして元気な時こそ 【たかはし整体院】
Human Close Up 顔

特集・読み物


2017.10.19

つらい時も、そして元気な時こそ 【たかはし整体院】




たかはし整体院
院長
髙橋 久也 さん(49)


日常のリズムに整体を   
 〝痛いから治したい〟はもちろん、〝良いコンディションでいたい〟と来院される方の割合が増えてきました。 極論すると整体は、病院寄りからスーパー銭湯に近づいたのかも…。 
 そう語る院長の髙橋さんは、平成18年に木之庄町に開院して以来、「それだけ予防治療としての整体が身近になったのでは…。また、そうなって欲しいと願ってきた結果でもあります」と確かな流れを感じ始めている。
  22 年に、北吉津町に移転リニューアルした現在の整体院は、特にその考えを象徴する建物になっている。 「〝整体は中が見えなくて入りづらい〟という声を払拭して、女性も気軽に来院できる造りにしたかったんで す」。静かな住宅街にあり、大きな窓から、カフェを思わせるシックな内装や調度品も伺える。仕事帰りの女性 や子育て中のおかあさんも多く、気軽にドアを開けているようだ。



「原始流整体」に出会って     
 髙橋さんの行なう原始流整体は 「万病一切、手で持って治す」を信条に、完全手技でツボを刺激し、リンパや血流・筋肉・骨格にアプローチして体を芯から整え、自然治癒力を高めるもの。「〈手当て〉という言葉があるように、手が持つ力を医学的な見地に基づいて最大限に引き出し、症状改善につなげます」と言う。 
 もっとも髙橋さんは、整体一筋の人生ではなく、サラリーマンの経験もある。当時「もっと人に喜んでもらえる仕事を」と考えていたところ、ご両親がお世話になっていた 原始流整体に出会った。すぐに弟子入り…とは行かず、まずはナショナル整体学院で人体の解剖学的な基礎を学んでから、考案者でもある師匠のもとへ。月300人を超える来院者を3年余り見た後に独立を許されて、整体師の道を歩んできた。



ご褒美時間で心身をリセット 
 「痛みが出るたびに通い続けるより、1ヶ月に一度の定期的なケアをするほうが、心にも身体にも、お財布に もラクですよね」。穏やかな高橋さんの話は〝二度と痛くなりたくない!〟という切実な願いを叶えてくれる近 道なのではと感じさせてくれる。 
 多くのニーズに応え、完全オフの日は無いに近い生活だが「時間の長短ではなく、充実した自分の時間が持てれば、ストレスは解消されます。私の場合は晩酌で、今は頑張らない時間!と身体や脳をリセットします。来院される方にとって、そんなご褒美時間のひとつが整体であれば良いなと願っています」と語っている。



===============
たかはし整体院
福山市北吉津町3-2-31   ☎084-975-2305


忘新年会特集2017~2018
バスツアーのご案内