ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > Human Close Up 顔 > 人と物が動く時、新たな一歩のお手伝い 【ごみのコンビニ 片付け堂 福山店】
Human Close Up 顔

特集・読み物


2017.9.14

人と物が動く時、新たな一歩のお手伝い 【ごみのコンビニ 片付け堂 福山店】




ごみのコンビニ 片付け堂 福山店
主任
今西 誠一郎さん(31) 


気軽に頼める「ごみのコンビニ」  
 この春、西日本各地にチェーン展開する「片付け堂」が福山に誕生した。昭和50年の設立以来、廃棄物収集や浄化槽維持管理などの専門業者として地元に密着してきた「生必クリーナー」の運営。一般廃棄物収集運搬業の許可を取得している企業で、これまで構築してきたノウハウにフランチャイズ店のマニュアルも加わって、さらに信頼度を高めている。
  引越しで行政による収集を待てない物、遺品整理・終活の際に出た分別が難しい不要品、運搬が難しい大物なども一括回収してくれる。今西さんは、この「片付け堂」事業部の主任を務めており「ひとり暮らしや高齢の方などに特に喜んでいただいています。粗大ごみ 1 個から軽トラックの単位まで状況にあわせて伺いますよ」と心強い。ハウスクリーニングとのセット割や、Tポイントが貯まる嬉しいシステムも導入した。



幼い頃から進路を自覚  
 「小中高とサッカーに明け暮れていました。足腰と体力には自信があります」という今西さん。中学2年のとき、現社長である母親の智恵さんが祖父から会社を受け継いだことで「私が長男ですし、将来の職業について他の選択肢は考えていませんでした」と振り返る。
 大学で経済学を専攻し、卒業後1年間のイギリス留学では「とにかく必要に迫られて」自力で道を開く経験もした。また「そのとき妻と出会ったんです。今は語学を活用する場面は少ないのですが…」。かけがえのない伴侶を得るきっかけになったと語る。2人の娘さんを含めた家族との時間を大切にする父親であり、同社ブログでもお馴染みの看板犬・フレンチブルドッグの「サスケ」の飼い主でもある。



生活に必要不可欠な仕事を
〝生〟活に〝必〟要な会社に、という意味を込めて名付けられた〝生必〟という社名。今西さんは「これまでの業 務を主軸にしっかりと根っこを張り、生活に最も身近で不可欠な役割を担うというコンセプトから外れることなく伸びていきたい」と志す。
  そのためにも自分に厳しくあろうとし、同社会議室の額に掲げられた 〈今やろう! 明日やろうは馬鹿やろう!〉の言葉を見ながら 「これが心に刺さるんです」とつぶやいた。「廃棄物は生活する以上誰でも必ず出る。そこを手抜きせずきちんとして、人や物が動く時と、その後の新しい生活を応援する仕事をしていきたい」と胸に抱いている。



===============

ごみのコンビニ 片付け堂 福山店
福山市神辺町川北482-1   ☎084-962-0680


海と山のアート回廊
バスツアーのご案内