ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 迫力の「ふくのやまよさこい」踊り子と来場者で1万人超【動画あり】
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2017.9.13

迫力の「ふくのやまよさこい」踊り子と来場者で1万人超【動画あり】


 9月10日、福山駅前から中央公園にかけて、よさこいの音色と、鳴子の音が鳴り響いた。
 各地のよさこいチームが福山に集結し演舞する「ふくのやまよさこい」は、昨年の福山市市制施行100周年記念での開催に続き2回目。演舞者や観客など1万人以上が楽しんだ。


TACYON(高知県)宮通りで
 
 福山ばら祭や福山夏まつりで踊る側になるメンバー有志が実行委員会(木村真弓実行委員長)を組織し、あるいはスタッフとして協力するなどして運営にあたった。



茜丸(東京都)駅前で

 この日は、よさこいの本場高知をはじめ、中四国を中心に東京や大阪などから約1300人の踊り子が福山に集まった。中央公園や福山市役所、宮通りに加え て、今年は、天満屋福山店の駐輪場や福山駅南口の釣り人像前の広場も演舞会場になり、来場者は昨年を上回る約9千人(主催者発表)にのぼった。


 駅前では、次の出番のチームが新幹線を描いたダンボールのネームプレートを持って待機したり、約20人のスタッフが帽子をかぶり〝駅長〟スタイルになったりして、楽しませた。


よさこい華風人(かぶと) (愛媛県)市役所南口で

 市役所南側は、踊り子さんの交流ゲーム会場。ちょうど1週間後の17日(日)に開かれる 「ゲタリンピック」の競技のひとつ「ゲタタワー」を楽しんだ。チームの代表者5人が、ゲタを運ぶ人、2枚重ねて手渡す人、積む人と手分けしながら、時間内にどれだけ高く積み上げられるかを競った。130㎝以上のタ ワー前で記念写真を撮るチームもあれば、制限時間直前でグラグラッと来て悲鳴をあげるチームもあるなど、周囲の注目を集めながら盛り上がっていた。
ゲタリンピックの案内記事はこちら


よさこいチーム刻(三原市)宮通りで


舞龍人(山口県)市役所北で
 
 高知のチーム「TACYON(タキオン)」で踊る浜田彩さん(高知市25歳)は「高知でも各会場を巡って踊るスタイルがある。福山は、どの会場も沿道の人の声援が大きくて、踊っていてすごく楽しい」。知り合いが踊るのも楽しみという横田美香さん(加茂町34歳)は「本場高知までいかなくても、これほどたくさんのチームが見られるのがすごい」と話していた。


福山ナイト
バスツアーのご案内