ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 〈鞆町〉子どもの成長願う 八朔の馬出し【動画あり】
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2017.9.5

〈鞆町〉子どもの成長願う 八朔の馬出し【動画あり】

鞆町で3日、子どもの成長を願う行事「鞆の津 八朔の馬出し」があり、子どもたちと馬の模型を乗せた台車が、沼名前(ぬなくま)神社から出発し町内を練り歩いた。


 旧暦の八月一日(八朔)にちなむ行事で、鞆町では江戸時代から昭和の始めまで続き、一度絶えたが、2002年に地元の人の協力で約70年ぶりに復活。今年で16回を数えた。全国に八朔の馬の例はあるが、今も実際に町中で馬を引き回すのはここだけ。昨年一昨年と天候不順で見送られ、3年ぶりに開催された。




 沼名前神社の境内では、鞆中学校の「なでしこ太鼓」が打ち鳴らされた後、子どもたちが大小11基の馬と一緒に町内を2時間半ほどかけて練り歩いた。

 江竜陽咲ちゃん(1歳)に付き添った母親の陽子さん(39歳)は、「2年前に鞆町祇園へ越してきて初参加。お祭り好きの元気な子に育って欲しい」。鞆中の囃子をした正田早希さん(2年)は「八朔の馬は、鞆の祭の中で1番か2番目に好き。今度小中一貫になって私たちが鞆中で最後の卒業生になると思うと、地域の行事にも力が入る」。先頭で台車を引いた高橋実里さん(同)は「最初に参加したのは3歳。最初は馬に乗るだけだったのが今は引くようになり、成長を感じる。この祭やお手火で太鼓を打つと、地域に参加していると感じる」と話していた。

 福山市鞆の浦歴史民俗資料館(℡084ー982ー1121)では、10月1日(日)まで企画展「八朔の馬」を開催中。入館料150円(高校生以下無料)。


福山ナイト
バスツアーのご案内