ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ >レストラン・グルメ > バー・カクテル >
 

BAR LA GOLAバー ラ ゴーラ

084-924-1388


2017.8.31

大人度が上がった!彼が学んだBARのマナー。


最近は彼との食事が楽しくなくなってきた。

付き合い始めのころは、新しいお店がオープンするたび

「リサーチ行こう!」って誘ってくれてたのに。

いまは
「焼き鳥」「居酒屋」「麺系」が順番に回ってる感じ。

大好きな
「イタリアン」「フレンチ」「ビストロ」は、なかなかサイクルに入れてもらえない。


おしゃれとか雰囲気とかが、気疲れするって言い出したときからだ。

別に、フレンチのフルコースでシルバーが左右に何本も並んでる店じゃなくても
ちょっといい感じのお店をネットや雑誌で見せると

「あ、俺いいわ。友達といっておいで。それよりさ、つけ麺いこうや!」

なんて振られちゃう。

いいけど・・。なんか大事にされてない感じ。贅沢は言わないけど
あたしは彼と行きたいのにな。


でもその日は特別だった。

ご飯はいつもの焼き鳥だった。

でもそのあといきなり

「バーにいく?」って聞かれた。

え?バーって、あのカウンターとかあって、お店の人がカシャカシャ振って
色の付いてるお酒とかだす、オトナのお店??



「そう。ってかお前のバーのイメージおもろいわ。たまに会社の先輩や同期と行く
オーセンティックバー」

わわわ、あたし27年生きてきて実はバー初心者。

ホテルとかに泊まったときは、利用したことはあったけど街のバーは初体験。

テンションがあがっているのがわかる。




其のバーは福山元町のイリヤビルの4階にあった

BAR ラゴーラ


路地裏を入り、
エレベーターであがっていく。

いつになく彼の後ろに隠れるようにくっついて、お店に入った。




わぁ。素敵なお店だ。

感動する。

めっちゃ雰囲気いい。

なんだ、こんなお店知ってるなんて!!



マスターの

《 いらっしゃいませ 》で迎えられた気になった。

ダンディな人だ。優しそう。

カウンターには真ん中に女性がひとり、端っこにも常連らしき男性が一人座っている。




「ここ、座っても大丈夫ですか?」

女性の左横2つ空けて、マスターに聞いている。

《 ええ、どうぞ 》

へぇ、勝手にカウンターに座ったりしないんだ。

「そうだよ、一人で飲んでても連れが後から来るかもしれないし。それに俺はタバコ吸うから吸わないお前が女性の横がいいしな」

小声で話す彼。

ふ~ん。なんだ、気も遣えるんだ。


《 何になさいますか 》


「そうだな、とりあえずジンリッキーで」


?とりあえずってビールじゃないの?

「どうする?メニューもらおうか?」

いやいや、メニュー見てもちんぷんかんぷんだし・・・。


「じゃあ、彼女にはモヒートをください。シュガーなしでおねがいします」



なんか、あたし好みのカクテルが出てきそうな予感。


マスターの魔法の手で、目の前にミントが香るカクテルが出てきた。


綺麗。

んっ~!!おいしい。焼き鳥モードの口にミントのさわやかな香りが広がる。



これは、モヒートっていうお酒なんですか?

素人のあたしにもマスターがちゃんと教えてくれる。

《 はい、モヒートはカクテルの名前です。お酒はラムをつかっています。ホワイトラムと炭酸です。さきににしっかりとミントをつぶしてライムを入れて、ラムをソーダで満たして作るカクテルです。ラムをベースにしたキューバ発祥のこのカクテルは、夏は良く好まれますね。本当はシュガーシロップを入れてすこし甘さを感じるものですが、今夜のはシュガーレスで作っています 》

へぇ。すごい。キューバのカクテルなんだ。

なんだか夜なのに、まぶしい太陽が浮かんでくる。


2杯目は、彼に教わって好みを伝えて作ってもらうことにした。


柑橘系のフルーツがすきなんです。すこし甘くても良いのでさっぱりしてるのを、作っていただけますか?

《 かしこまりました 》

カウンターの中のマスターの動きに見入ってしまう。

作っている途中でマスターに話しかけようとしたら彼が止めた。


「だめだよ。お酒をつくっているときにむやみに話しかけちゃ」


そうなんだ。また彼の大人度があがる。


素敵なお店、教えてくれてありがとう!
こんど、会社の女子会で利用しようかな。

「あまり大人数はバーはお勧めしないよ。大きな声で騒ぐ場所じゃないし。

バーの使い方はスマートにね。」

って、まさかの

「焼き鳥」「居酒屋」「麺系」を順番に回してる彼の口から出てくるせりふとは思えない!


2杯目がきた。


《 スプモーニです 》

ルビー色だ。


フルーティーで甘みもあり、さっぱりしてる。

すごい!イメージどおりだ。

甘そうなのにすこし苦みがある。絞りたてのグレープフルーツ?が美味しい!! 
このお酒は?

《 カンパリです 》
えっと。さっきのがラム、コレがカンパリ・・。さっきのが、キューバのモヒートで
これが・・・

覚えられない。

でもおいしい。


「おいしいよな。マスターおれは、ネグローニをください」

どんどん知らないカタカナが出てくる。

「おれも、カンパリを使ったカクテルだよ。
ドライジン、カンパリ、スイートベルモットでしたっけ?」

《そうです。お気に入りですよね》

マスターに覚えてもらっているし、私には羨望のまなざしで見られるし
なんだか、彼の鼻が伸びている。



ほんとだ同じお酒なのに、全然違うものが出てきた。


「ジンとカンパリがさわやかなんだよな、飲んでみる?」

一口もらった。

全然、違う。色目は同じなのに。
しかも彼のは、あたしには強い。


楽しい。なんだかとってもバーっていい。知らないお酒だらけなのに
自分好みのお酒に変身して提供される。


いつもとは違うスマートな彼は大人だし

マスターの動きを見てるだけでもなんだか幸せ。

いつもは向かいの席で黙々と食べるだけの彼も
隣に座って、私にも気を遣ってくれている。

魔法だ。


2杯目を飲んだところで、2組のお客さんが続けて入ってきた。

「さ、かえろっか」

もっと居たいのに・・。

「マスターご馳走様」

ありがとうございました。
初めてのバー、とても素敵なラゴーラでデビューした私。

下りのエレベーターで

もっとお店に居たかったのに!っていうと

「お客さんがすこし混んできたら、さっと帰るのも大人のたしなみなんだよ」

う~、悔しいけどまたもや大人度アップだ。


今夜の彼はかっこいい。


其の日を境に、サークルにお店が増えたのだ。


「焼き鳥→ラゴーラ」「居酒屋→ラゴーラ」「麺系→ラゴーラ」が順番に回ってる感じ。



マスターの作るカクテルがあたしのスタンダードになりつつある。


そんな時をくれて


ありがとう、マスター。

ありがとう、彼氏。


最近は彼との食事が楽しくてたまらない。



福山ナイト
Shop Data

店名:BAR LA GOLAバー ラ ゴーラ(ばー ら ごーら)

TEL:084-924-1388

住所:福山市元町13-10 ILYAビル4F

交通:

営業時間:19:00〜深夜

定休日:不定休

カード:

個室:

席数:カウンター9席・テーブル12席

貸切:可

駐車場:

禁煙分煙:

 



Pick UP!
バスツアーのご案内