ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ >暮らし・ライフ > 雑貨 >
 

レザースタジオ サード

084-971-7356


2017.7.27

幸せを運ぶ青い革 オーダーメイドの実績5,000件以上


あたしは革が好き。

艶かしい手触りと懐かしい匂い。

 


 

いまのお気に入りのロエベのjacket

大切なTomFordのクロコのカードホルダーも、買って久しい。

 

 

手にした時よりも、さらに色は深まり傷は増えども、愛着は増すのだ。

 

 

共に暮らしていく中で、自分の身体のように、変化し成長し、老いていく。

 

その老いは、ときに渋みを増し ときに

人生のようにシワを刻む。

 

 

 

 

まさに、自分の皮膚とおなじだ。

 

 

若い頃、手にする革には、

そういう想いで変化を楽しめる「見えない先」

があった。

 

 

 

人生の半ばに来て、これから手にする革は

「見えない先」ではなく「想像の付く先」になった。

 

そう思って、久しく革を買っていなかった。

 

 

でも、とても気になる革を見つけた。

 

 

それは福山の多治米町にある革専門店

店舗の中に工房が併設されている

レザースタジオサードにあった。

 


 

サードさんには「カッコいい」革製品が沢山ある。

 


 

 

 


 

 

 


 

 


 

 

 

 

でもなりより、その人の想いを叶える“オーダーメイド”に心が奪われた。

 



 

 

 


 

最近はあえて「変わらない革」のバックや

 

「完成された色彩の革小物」ばかり購入していた。

 

「想像の付く先」が楽だから。

 

 

 

 

でも、ここにきて

ときめきが戻ってきた。

 

 

そしてこの革を見たときに、それは確信に変わったのだ。

 

 

 

「この革で作ってもらいたい」と。

 

 

 

 

 

なんて、綺麗なブルー。柔軟でまどろむ、藍染めの色。

 

 

indigo dye  だ。

 

 

福山のこだわりや福山の良さをもっと多くの方に知ってほしいとの思いで

誕生したのが、この革製品、福山レザーだ。

 


 

 

福山レザーは、福山の伝統産業である備後絣でも使用されていた、天然藍で染めた「藍染レザー」。

 

 

デニムのような風合い。もちろん年を重ねるごとに革の変化も楽しめる。

 

 

手染め独特のムラ感と、美しい藍色。

 

 

 

濃藍は、夜の海の押し寄せる波のような

 

薄藍は、夏の空を気ままに流れる雲のような

 

色だ。

 


 

 

 

1年で変色していくこの福山レザーは、けっして「見えない先」ではない。

 

 

でも、この美しい革がどんな色に変わっていくのか

どんな様子でともに生きていくのか。

 

 

無性に知りたいのだ。

 

 

サードさんの福山を盛り上げたい気持ちと、あたしの本当に欲しかった気持ちが

リンクする。

 

 

 

 

 

昔からお気に入りは、二つ同時に買う癖があった。

 

 

失うのが怖いから?

 

ちがう、手にしていられる時間を2倍にしたいから。

 

 

 

 

 

 

サードさんの福山レザーで作ってもらった初めてのオーダーは

 

 

 

 

2羽の小鳥。

 

 

濃藍と薄藍の福山レザーの青い鳥。

 

 

 

 

カードも小銭も入らないけど

 

人生をきっと幸せにしてくれる青い鳥。

 

 

 

今日も窓際で日を浴びながら、

一緒に歳をとっていこう。

  


福山ナイト
Shop Data

店名:レザースタジオ サード(れざーすたじお さーど)HP

TEL:084-971-7356

住所:福山市多治米町6-3-17

交通:ユーホー福山南店近く

営業時間:11:00〜19:00

定休日:年末年始、お盆

カード:可

駐車場:あり

 

Facebook

Pick UP!
バスツアーのご案内