ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > みんな、みんな、仏さま > お話し92 仏像の特徴
みんな、みんな、仏さま

特集・読み物


2016.12.9

お話し92 仏像の特徴

 穏やかな顔をされた仏像の前に座ると癒されて何時間でも眺めていたい気分になります。仏像は私たち人間とほぼ同じようなお姿でありますが、少し人間とは違った特徴がいくつかあります。これを三十二相八十種好といいます。例えば、手の指と指の間には水かきのような膜があります。これは生きとし生けるものを漏らさず救済するための姿です。また私たちより優れた思考能力を有する為に頭が盛り上がっています。このように、少し私たちと違ったお姿には全て仏さまとして存在するための意味がこめられているのです。
 このたび、当山にはこれら仏さまの特徴を全て備えたお姿の釈迦如来坐像が迎えられました。手にはお釈迦さまがお説法されている姿を表す「説法印」というジェスチャーをとっておられます。この仏像は、当山毎年恒例の大般若経転読法会に於いて厳粛に開眼されます。当日は京都より仏像を彫刻された大仏師先生がお越しになり、仏像の特徴についての解説をしてくださいます。どうぞ、どなた様も挙ってご参詣くださり、穏やかな仏さまの前に座って心を癒しにお越しください。ご来山をお待ちしております。


忘新年会特集2017~2018
バスツアーのご案内