ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 医療相談 > こんにちは!消化器・呼吸器内科です! > No.9 咳喘息について
こんにちは!消化器・呼吸器内科です!

特集・読み物


2016.10.28

No.9 咳喘息について

2、3週間前から夜になると咳が出ます。出だしたら止まりません。風邪薬を飲んでいますが効果ありません。風邪ではないのでしょうか。


 それは咳喘息の可能性があります。風邪や気管支炎などにかかったのち、発熱やのどの痛みといったほかの症状は治ったのに咳だけが続く、とくに夜間、早朝に強く出る。ひどい時は横になっていられず睡眠も障害される。気管支喘息に似た症状ですが、咳喘息ではヒューヒュー、ゼイゼイといった気管支喘息に特徴的な喘鳴という呼吸音が聞かれません。それゆえ風邪薬でしばらく様子を見てしまうこともあると思います。
 咳喘息の原因は気管支喘息と同じアレルギーといわれています。もともとアレルギー体質の人が風邪や咽頭炎、上気道炎などをきっかけにして花粉やハウスダストなどに接することで咳が長びいてしまうようです。寒冷アレルギーというのもあり、寒暖差が激しい今のような季節は起きやすいと思います。
 治療は気管支喘息と同じでステロイドや気管支拡張剤の吸入薬や内服薬で症状は改善します。風邪薬や一般的な咳止めはあまり効果ありません。治ることがほとんどですが、なかには気管支喘息へ移行する人もいます。気管支喘息になると、薬が手放せなくなり、発作も強くつらいものになるので、治療は早めに行い、しっかりと治すことが大切だと思います。