ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの「わ」No.558 有限会社 山陽不動産 取締役副社長 角田 千鶴さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2016.10.7

異業種リレーの「わ」No.558 有限会社 山陽不動産 取締役副社長 角田 千鶴さん


今回は、「麻生康司税理士事務所」所長、麻生 康司さんのご紹介により、
「有限会社 山陽不動産(福山市東町3-10-5 TEL.084-921-2778)」取締役副社長、角田 千鶴さんに登場願いました。

 

大好きな父に認めてもらえる様に

…なんでも一番を目指す
 福山市引野町に3人兄妹の長女として生まれました。消防士をしていた父から「やるなら一番を目指せ」と言われていました。スポーツではフットベースボールの福山選抜チームのキャプテンを任されていました。勉強の成績ではクラス一番になり、勉強の出来る2歳上の兄に負けないようさらに塾にも通い、広大附属福山中学校に合格。しかし、くじ引きにより入学できませんでしたが清心中学校・清心女子高等学校に合格し、毎日6時過ぎの電車で倉敷まで通っていました。中学ではバレー部に所属し、キャプテンとして部員と一緒に毎日練習で汗を流して頑張ったのはいい思い出です。また、靴下は何センチまで、キーホルダーは何センチ以内などの勉強とあまり関係の無い校則の変更を訴えた結果、多くの賛同を得て生徒会長に就任。生徒のアンケートを元に学校創立以来初となる、校則を変えることが出来ましたが今思えば少し無茶をしたかなと思います。
 高校生になると、父がなりたかった建築家を目指して勉強中心の生活になりました。高校でも生徒会長の話がありましたが、勉強を優先して生徒会活動はしませんでした。高校卒業後、神奈川大学工学部建築学科に入学。父にとても喜んでもらえ、嬉しかったです。実際の大学生活は想像していたよりも、自由な時間が多くサーフィンやボディーボードなどアウトドアスポーツを始め、ファッションにも興味があり流行りの服装で出掛けた際に街中でスカウトされ、その当時人気のあった雑誌の読者モデルも経験するなど活動範囲が広く活発な学生生活でした。

…実績を携えて帰郷するも
 大学卒業後は、東京都新宿区に本社がある不動産会社に入社し横浜営業所に配属されました。モデルルームの受付担当として入ったのですが、実際は営業部での仕事でした。朝8時から夜10時までテレアポとポスティングを繰り返す毎日で、休みは月に1回しかなくとても厳しい職場環境でしたが「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ではないですが、自分で決めて就職した会社で、結果を出すまでは辞めない!!と決めて頑張った結果、全女性営業でナンバー1の営業成績を取った時は充実感と達成感がとても嬉しかったです。そして、そんな過酷な職場環境で、常に営業成績ナンバー1を獲得し続けていたのが今の旦那さんです。「結婚するならこの人しかいない」と思い結婚しました。社内恋愛禁止の会社でしたので結婚を機に退職し専業主婦になり、このまま子どもができて一生を過ごすのだと思っていましたが、父から「祖母と母がやっている会社は継がないのか?」と言われ、そこで初めて旦那に相談。反対されると思っていましたが、3代目を継いだほうがいいと意外にも賛成され、26歳の時、実家の山陽不動産を継ぐため2人で福山に戻ってきました。
 関東の不動産会社で営業ナンバー1の実績を持った2人で会社を盛り上げようと考えていたのですが、母からは「継がなくていい」と予想外の反応で突き放され、最初は夫婦2人で手作りのチラシをポスティングする毎日。住む場所は祖母の家で空いていた和室一間でした。長女が生まれ、オムツも買えない厳しい生活状況で母に援助をお願いするとお金ではなく、お米など現物支給で助けてもらいました。地道に営業活動をしていると3年目頃から「角田さんにお願いしたい」と、仕事が増え始め今に繋がっていくのは、甘い考えで帰ってきた私に、結果が出るまで母にとても厳しくしてもらったおかげだと感謝しています。

…突然の別れ
 仕事が軌道に乗り始めた頃、1歳下の妹が結婚することになり家族とともに式を挙げるオーストラリアへ。無事に妹の結婚式が終わった次の日、子ども3人の結婚を見届けた安心感からなのでしょうか、大好きな父が急性すい臓炎により異国の地で突然の他界。まだ教えてもらいたいことがたくさんあり、お礼も出来ていない悲しみで毎日泣いていました。

…苦労の実体験をもとに
 2年前に副社長になり心機一転スタート。目標を持って物件を探しに来ても、予算が合わずテナントを借りられない若い起業家と多く出会い、福山に戻ってきた頃の自分と近い状況の彼らの役に立てないかと思い始めたのが、若手起業家支援ビルDioPorteです。これまで40社以上の若手起業家のお手伝いが出来ました。今後も継続し、次の目標は11月に2回目の開催を予定する備後地域で働く女性の交流イベントをさらに発展させて、女性が子育てしながら働きやすく次の世代につながり活気のある街になるよう、祖母、母、私も子育てをしながら働いてきた経験を活かしお手伝いをしていきたいです。


海と山のアート回廊
バスツアーのご案内