ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの「わ」No.554 はなえみ歯科 院長・歯学博士 平田 泰久さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2016.8.26

異業種リレーの「わ」No.554 はなえみ歯科 院長・歯学博士 平田 泰久さん


今回は、「三好建弘税理士事務所」税理士、三好 建弘さんのご紹介により、
「はなえみ歯科(福山市野上町3丁目12-21 TEL.084-923-8808)」院長、平田 泰久さんに登場願いました。

 

最新の予防歯科で地域貢献 健康な歯と共に

…無計画に見えて計画的?
 福山市野上町に4人兄弟の次男として生まれました。小学生の頃は家の中で遊ぶことよりも、友達とケイドロや、用水路に入ってザリガニを捕まえたり外でよく遊んでいました。夏休みも全力で遊び、宿題は後半にまとめてやるタイプでした。毎年計画的に宿題をする予定は立てているのですが。少年時代はとにかく活発で、兄と2人で祖父母のいる兵庫県へ遊びに行き、待ち合わせ時間に出会えなかった時も、普通は心配になるのでしょうが私は、「なんとかなる」という気持ちで下手に動くよりも待ち合わせ場所から動かないほうがいいと思い、そのまま新幹線のホームで寝ていました。無事合流できましたが、おそらく兄は心配していろいろと動いていてくれたのだと思います。家族で遊園地に行った時もはぐれて迷子になるも、子どもだけが参加するゲームに飛び入り参加して目立っていた私を、心配していた親に見つけてもらったこともありました。
 中学生になると遊びよりも、勉強が中心の生活になり、なかでも生物が好きなので理科は得意でした。家にいるときも時間があれば生物図鑑を見ていました。その当時手先が器用なことから、歯科技工士をしていた祖父から歯科医師になることを薦められていました。父も歯科医師をしており、中学生特有の反発心から歯科医師になる意識はなく、生物学者になることが夢でした。
 高校へ入ると一転、行動範囲が広まったこともあり勉強よりも遊びが中心になり、時間があれば当時はまだ人が多く賑わう福山駅周辺へ行き、友達と集まって話したりしていました。今でも高校の同級生とは交流があり、前回登場した三好君とも、仕事や家庭のことでよく相談しあっています。
 高校卒業後、生物学者になるべく東京の生物科のある大学へ入学。実際に入ってみると思い描いていたものとは大きくかけ離れていて、1年で退学。その時初めて、歯科医になることを父に相談しました。歯科医師になるための勉強も同時にスタート。少し遠回りしましたが、岡山大学歯学部に入学しました。

…10年目の告白
 研修医として、多くの患者さんが通う開業医のもとに入り、忙しいと感じるより、大学より多くの患者さんを診察できることで充実感を感じていました。その後、岡山大学病院の口腔外科で4年勤務。大学院も同時期に修了しました。31歳の時から口腔外科医として、広島市民病院で3年勤務。昨年父から 平田孝歯科医院を引き継ぐ形で地元野上町に、はなえみ歯科を開業。父が30年やってきた地域に根付いた医療を引継ぎ、さらに最先端の予防歯科をとり入れ、自分の歯で生涯共に生活できるお手伝いをしていきたいと思っています。先月は、予防先進国スウェーデンの大学に研修に行き、経験したことを診療に取り入れています。これからも常に最新の予防歯科を勉強して取り入れていきます。
 広島に戻ってくる時、妻と子どもも一緒でした。妻との出会いは26歳の時、同じ研修医としてスタートした時でした。私の一目惚れです!!1ヶ月かけて猛アタックし告白。正直、結婚するだろうなとピンとくるものがありました。同じく歯科医師の妻には診療も協力してもらい、家に帰れば家事と育児をしてもらっています。私が原因でよく怒らせていますが、本当に感謝の言葉しかありません。彼女と出会って今年で10年。手先が器用でも妻には不器用で、記念日に今までちゃんとしたお祝いや、気持ちを言葉で伝えることが出来ていませんでした。18日の彼女の誕生日は、失敗するかもしれませんが、初めてのサプライズを考えています(取材日は16日)。子どもは5歳の女の子と、2歳の男の子がいますが、もう少し大きくなったら西表島へ行くのが今の目標です。婚前旅行で妻と行った、あの大自然の光景を今度は家族4人で見に行きたいと考えています。


海と山のアート回廊
バスツアーのご案内