ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 医療相談 > こんにちは!消化器・呼吸器内科です! > No.6 脂肪肝について
こんにちは!消化器・呼吸器内科です!

特集・読み物


2016.7.29

No.6 脂肪肝について

脂肪肝と診断されましたが、どのような病気ですか?


 私がとある病院に勤務していた20年以上前は、脂肪肝が見つかったときは、その患者さんにはダイエットするよう指導しなさいと、当時の上司から教わりました。今もそれは間違いではないし変わりはないのですが、変わったのはその頃の脂肪肝はとくに生命予後をおびやかす病気とは思われていませんでしたが、今ではしっかりと治療すべき病気だということがわかってきたということです。
 脂肪肝も肝硬変や、肝臓がんへと進展することがあるのです。しかし難しいのはその変化は脂肪肝の患者全員には見られないことです。肝臓の細胞を検査してみればある程度の予測はつくのですが、脂肪肝の患者さん全員から肝臓の組織検査をするのは現実的ではありません。現時点では定期的な血液検査や超音波検査(エコー)などで経過を見るのが最良でしょう。しかし、血液検査で肝機能が悪い人、メタボリック症候群の人はさらなる注意が必要になりますので専門の医師に相談してみるべきだと思います。
 またダイエットや運動で脂肪肝の改善は期待できるので、生活改善は必ず行ってください。太っていなくても脂肪肝になっていることはあるので油断はできません。
 脂肪肝の症状はほとんどないといってよいので、健診や人間ドックを受けてチェックをしたり、体重増加などがあり心配な場合は医療機関で積極的に検査を受けることをおすすめします。