ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > WEB in 1面記事 > 紫陽花めぐり
WEB in 1面記事

特集・読み物


2016.6.10

紫陽花めぐり

◆福泉坊 沼隈町中山南

 樹齢250年を越えるシダレザクラで有名な平家谷の福泉坊(沼隈町中山南1872)一帯は、この時期アジサイの花に囲まれる。
 高山秀基住職は「年中楽しんでもらえる花の寺をめざして植え始め、40年以上になります」。最初、境内には花祭り用の甘茶(山アジサイの変種)1本だけだったと振り返る。様々な品種を挿し木しては地におろし、購入したり、もらったりして、今では参道や山際の散策路、墓所にも植えられ約4千本。挿し木した苗を譲ることもあり、内外に花を増やしてきた。
 尾道の「アジサイ忌」で芙美子像に献花するアジサイの花を提供した年もあり、昨年は咲き終わった花の剪定が軽トラ2杯分もあったそう。「山間なので、雑草との追いかけっこ。自然には叶いませんね」と言いつつ、愛おしそうに手入れしている。6月中旬から見頃。7月中旬まで。☎084ー988ー0266。


※写真上は昨年6月24日、鐘楼前。下は今年6月4日、本堂前では開花直前。

 

◆神宮寺 府中市栗柄町

 〝あじさい寺〟の別名を持つ府中市の神宮寺(桑田光仁住職/栗柄町2987)では、7月上旬まで「あじさい祭」を開催中。
 境内に咲く80種3千株のアジサイは府中市の花でもあり、地元ボランティアらでつくる「神宮寺あじさいを育てる会」が、年間を通じて管理しており、イベントも開催される。写真は、府中市観光協会提供。 入場無料。駐車料金300円。問合せは☎0847ー45ー5118。

福祉バザー:6月11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)ミニ盛り花体験:6月18日(土)午後    
苗木配布(先着100株で車1台に1株):6月25日(土)


撮影会:6月18日(土)10時~11時50分(写真は昨年特別開催のフォトコン優秀賞/佐藤昭英さん撮影)

 

◆薬師寺 東深津町

 本堂・客殿・庫裡等の新築で、近年生まれ変わった薬師寺(東深津町5ー20ー50)は、新たなアジサイ名所。
 現在の第19世 大瀧清延住職がアジサイの挿木をしながら少しずつ増やしていたところ、「アジサイが増えていく境内を見た参拝者でお花の好きな方が、珍しい品種のアジサイの苗を持って来られて、次第に賑やかになってきました」。約10種30~40本が手入れの行き届いた境内に映える。
 今年の咲き始めは少し早く、先月末。6月10日頃には、キレイに満開になっているのではと予想されている。☎084ー922ー5218。
※写真は昨年6月24日、薬師寺の門脇

 

◆明王院 草戸町

 明王院(片山弘雄住職/草戸町1473)は「山陽花の寺二十四か寺」第十八番札所のお寺で、書院傍の庭や弁天池には睡蓮が、参道石段脇には沙羅双樹、境内にはアジサイが咲く。
 国宝五十塔の裏手山沿などにある大株のアジサイも風情がある(昨年6月24日撮影/左は国宝の本堂)。
 6月18日(土)19日(日)は、書院・庫裡等で「華展」が開かれ、大覚寺派寺族婦人会の十数名が活ける大作が鑑賞できる。10時〜17時(入場は16時まで)。この日特別公開の書院・庫裡の拝観料は500円(中高生 300円)。境内は自由に毎日拝観できる。問合せは明王院を愛する会☎090ー8600ー6830。

 

◆康徳寺 世羅町寺町

 世羅のあじさい寺と言えば「康徳寺」(田坂知道住職/世羅町寺町1386)が特に有名。
 画聖・雪舟の築造と伝えられる静閑な禅寺庭園でも知られる同寺では、先々代の23代 諦道住職が1982年ごろからアジサイを植え始め、現在では4千本を超えているという。
 6月の第4日曜日はアジサイ祭花供養会。今年は、26日13時~15時。お茶席や写経など。見頃は例年20日過ぎから7月半ばで、今年はやや早いかもとのこと。問合せは☎0847ー22ー0635。


康徳寺古墳や散策路、駐車場周辺にもアジサイが咲く
2015.6.25撮影/2枚とも

 

※各所とも基本的に境内の拝観は無料です。お参りの気持ちでどうぞ。
アジサイ募金箱が設置されているお寺もあります。




海と山のアート回廊
バスツアーのご案内