ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 連載エッセイ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの「わ」No.543 株式会社パナ電化 エディオン 御領店 店長 小林 良さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2016.5.13

異業種リレーの「わ」No.543 株式会社パナ電化 エディオン 御領店 店長 小林 良さん


今回は、「有限会社重政石材店」代表取締役、重政延知さんのご紹介により、
「エディオン 御領店(福山市神辺町下御領254-4 TEL.084-966-1796)」店長、小林 良さんに登場願いました。

 

家の中での困ったことは、
何でも「エディオン 御領店」にお任せください!!

…みんなとちがう発想で
 神辺生まれの神辺育ちで、2歳と7歳はなれた妹と弟の三人妹弟の長男です。幼少の頃から近所の友達と山や川、田んぼを走り回り元気いっぱい遊んでいましたね。物心がつき落ち着くと人と同じことをするのが嫌で常に自分の世界を持っていました。小学校の時もトップ(中心)グループで遊ぶ以外の子を集めては遊んでいました。みんながサッカーや野球をやっている脇でSケン(陣地とり)や案山子、砂場、等々の昔の遊びを本で調べて楽しんでいました。昔の遊びゆえに結構、盛り上がりましたね。ピアノやスイミング、そろばん、書道も習っていましたね。一番、楽しくて長く続けたのはピアノでした。確か中学校の時も通っていました。小学校の一番の思い出は父の仕事について行き、天井裏や床下に潜って仕事を手伝ったことです。中学では母の影響でバレー部に入部しました。女子に比べ男子バレーは人気が低く部員も少なかったので2年生でいきなりレギュラー。3年生の時は部長をやらせていただきました。部長時代は男子バレー部を存続させるには大会で1勝するか、部員を増やすかの選択に迫られていました。何とかしたくて一所懸命でしたが甲斐もなく廃部が決定してしまい、悔しい想いをしました。良し悪し共に思い出の多いバレー中心の中学生活でしたね。勉強ですか?小、中はまずまずでしたよ。高校は地元の公立高校へ入学。クラブは先輩にそそのかされてラグビー部に入部しました。「野球の甲子園に比べてラグビーの花園は行ける確率がかなり高いぞ」その時の先輩のくどき文句です。確かに2~3年前は花園へ行った名門校でした。その分、練習は超ハードでした。毎日の厳しい練習に加え試合前は朝練が始まり夜は日が暮れるまでみっちりしごかれます。走りこみに当たり(タックル)、試合形式での練習。毎日ヘトヘトで生傷が絶えませんでした。毎年、夢を膨らませ3年間やり抜きましたが1・2・3年とも全て決勝に進みましたが、もう少し、あと一歩のところで花園を逃してしまいました。ラグビーオンリーの高校時代でした。


…天邪鬼で自分磨き
 卒業が近づき進学を決意。塾へも通い、缶詰めで猛勉強。福岡の大学へ進学しました。自分で出来ることは自分で…「新聞奨学金制度」を活用。毎日の早起きは慣れるまでは大変でした。でも、シフト制で週1日は休みがあったのでいつの間にか楽しんでいましたね。「教師の資格は教育実習が有るので新聞を配りながらは取るのは無理」と言われたので、天邪鬼な私はムキになって挑戦、取得しました。中州の屋台でご飯を食べたり、時にはお酒を呑むのが楽しみでした。色んな話も聞けて社会勉強にもなります。話が盛り上がるとおじさんたちがご馳走してくれることもありました。盛り上がりすぎて夜が遅くなると寝ないで、そのまま新聞店に直行です。今では全てがよい思い出、財産です。幼少の頃から楽しそうに働く父の背中をみて「後を継ごう」と心に決めていましたが、ちょうど就職難で大手の会社への就職は難しいと聞き「それなら、厳しい社会を経験したい」と就活への挑戦を決意しました。試験や面接が続くと泊まりになり新聞配達に支障をきたすので、都心や遠方を外し福岡市内を選択、大手の家具製造販売の会社に就職が決まりました。大阪支店で3年、東京支店で3年、計6年間、販売や接客の勉強をさせていただきました。2008年に早期退社の募集をきっかけに退職。29歳の時に神辺に戻ってきました。父と一緒に働きながら商いの根本を改めて学びました。私が帰ってくる数年前からエディオンのファミリーショップに加盟。電気製品の販売は勿論ですが特売もイベントも住宅リフォームも…商品の展示数が少ないだけでエディオンの大型店と同じサービスが提供できます。気がつけば、あっという間の8年でした。これからも父が築いた地域の繫がりを活かし無くなると困る、と言われる、頼りになる電気店を目指します。今では父と異業種の仲間の力を借りれば、家の中での困ったことは何でも解決しお手伝いできますね。困ったら悩んだら、どんなことでもお気軽に「エディオン 御領店」にご相談、ご用命ください。