ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 連載エッセイ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの「わ」No.535 アトリエ・シェリー 代表 渡辺 博美さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2016.2.19

異業種リレーの「わ」No.535 アトリエ・シェリー 代表 渡辺 博美さん


今回は、「美容室 Hair ism 」代表、甲斐 好美さんのご紹介により、
「アトリエ・シェリー (福山市駅家町万能倉99-6 TEL.090-8718-1189)」代表、渡辺 博美さんに登場願いました。

 

シェリーの「オリジナルブライダルブーケ」で
永久の幸せをお手伝いいたします!!

…楽しみをエネルギーに
 府中市で生まれ育ちました。3歳上の姉と2人姉妹です。幼少の頃は人見知りが激しく何処へ行っても母や姉の後ろに隠れてはずかしそうにしていました。保育所の時、好き嫌いが多く給食を完食できませんでした。毎日お仕置きでリフトの中に入れられていました。小学校に上がっても給食は苦手で、昼休憩が終わり掃除が始まり、先生に「もう、残していいよ」と言われるまで粘っていました。でも、学年が上がるにつれて人見知りも好き嫌いも克服できてきました。今では不思議なくらい好き嫌いはありません。もしかして食べ物にも人見知りしていたのですかね(笑)。友達と相談して子犬を神社の境内で飼おうとしたこともありましたね。家から牛乳や食パンを内緒で持ち出したりしていましたが直ぐに見つかってしまいました。外で元気に遊んでいましたがどちらかと言うと家の中が多かったですかね。当時流行っていた、リカちゃん人形にハマっていました。4年生からはフットベースボールに夢中でした。家族は勿論、町内あげて応援してくれていました。ポジションはファーストでした。市の大会で3位になったこともありました。あっそうそう、府中市の体育大会では50m走で3位になりました。スポーツは好きでしたね。中学に上がると面白い先生が顧問だったので、陸上部に入りました。勉強の成績は中の中でしたね。好きな科目は英語。興味があったのと先生がテストを返す時に点数を発表するので特に頑張っていましたね。他愛のない話で盛り上がっては友人とワイワイキャーキャーと楽しい中学時代でした。高校は地元の公立高校へ入学しました。クラブはハンドボール部に入りました。「楽しいからおいでよ」と友達に誘われて入部しました。確かに最初は楽しかったです。中学からハンドボールをやっていた先輩がキャプテンになるまでの間は…とにかく走らされました、練習中に水は飲めません。倒れたときだけ日陰で休め水を飲ませてもらえます。暑さでみんながバタバタ倒れる中、仲良しの友達と「私たちも倒れて水もらおう」「どうやったら倒れられるの」と言いながら3年間一度も倒れることはありませんでした(笑)。マネージャーが補欠という少数、弱小チームでしたがとにかく練習は厳しかったです。勿論、休みも返上です。楽しみはクラブ帰りの駄菓子屋です。アイスクリームは最高でした。辛く苦しいことを頑張る分、楽しみを見つけてそれをエネルギーに換えていましたね。ハンドボール一筋。外国の人に間違われるほど日焼けで真っ黒な高校生活でした。

…ブーケが繋ぐ永久の幸せ
 卒業後はツアーコンダクターを目指そうと広島の専門学校に入学しました。憧れの一人暮らしと、短期ではありましたがホームステイも経験。楽しくも見聞が開けた2年間でした。卒業後は旅行会社への就職を考えましたが、地元に帰り歯科医院に就職。受付事務をやらせていただきました。3年後に結婚を機に退職、2人の子どもにも恵まれ29歳まで家事と子育てに奮闘。下の子が保育園に上がったのを機にパートへ。経理事務を5年、金融機関の窓口を3年と色んな経験をさせていただきました。義母に代わり主人の会社の経理をやっていた時に誘われて行ったカルチャー教室でプリザーブドフラワーに出会いました。興味を持った私に友人が素敵な先生を紹介してくれたのがきっかけで資格を取得。2008年に自宅で教室をスタートしました。人に教えるために猛勉強ができたお陰で2009年には日本ブライダルフラワーコンテストで入選。2010年には大阪でオルネフラワーの資格を取得。2011年には東京の世界らん展の日本大賞に入選。超有名なブライダルファッションデザイナーの先生のイベントにお手伝いで参加、素晴らしさに魅了されブライダルに力を入れたいと決意。昨年2015年3月には福山の駅家町にアトリエを移して本格的にスタートいたしました。同時にいろんな方にご縁とオファーをいただき各町でイベントや教室を開催させていただいております。結婚式にご自身の想いを形にしたブーケで臨んでいただき、挙式後はそのブーケを新居の目立つ場所に飾っていただくことで「永久の幸せ」がお手伝い出来ればと想っております。