今日はどこ行く?福山市最大級のお出かけイベント件数登録!!福山市のお出かけ・イベント情報検索

 ログイン


イベントガイド
ぷれこTOP > 特集・読み物 > 連載バックナンバー > 知を楽しむ > No.2 日本人らしさとは?西欧人も感銘した精神文化

知を楽しむ

知を楽しむ
No.2 日本人らしさとは?西欧人も感銘した精神文化
by 藤原 勝弘 2008.2.24

 日本人らしさとは何?と考えたとき、三十年前南米を取材した時のことを思い出す。現地の若い女性達の何人かが結婚するなら日本人(日系人)と話していた。何故、と尋ねると一様に「誠実、思いやり、嘘をつかない、勤勉」だからと答えた。外国人からみた日本人は一昔前までは大方そのようなイメージをもって見られていたであろう。その大きな要因は新渡戸稲造が明治三十三年英語版で刊行し広く海外で読まれた「武士道」の影響でもあったろうし、またそうした精神をもって移住をし、苦労の末、現地でしっかりとした地位を築いた日本人移民の人達の努力であろう。
 新渡戸がいう「武士道」は「君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位のものに仁慈を、敵には憐れみを、私欲を忘れ、公正を尊び、富貴よりも名誉をもって貴としとなす」というものである。新渡戸はアメリカ留学中にキリスト教の倫理観に感銘を受けてそれに相当するものを「武士道」の中にみつけたと言われている。「武士道はその表徴たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である」に始まるこの本は世界のベストセラーとなった。
 ではこうした価値観はいつ頃出来たのであろう。江戸時代、儒教の中の朱子学の価値観から山鹿素行らが「士道」の概念を確立させ武士の倫理道徳として作った。(それまでの侍は必ずしも高潔ではなかった)それが幕末の吉田松陰にも影響をあたえたのである。しかし明治維新後、四民平等布告により武士はなくなり、西欧文化の流入により「武士道」は後退した。ところが明治二十八年の日清戦争の頃より再び「武士道」が叫ばれるようになったのである。
 このような日本人の精神は、建国以来脈々と繋がる万世一系の天皇制とともに、「合理」を最大の価値観とし時代時代で支配者が目まぐるしく変わった西欧人の目からみれば新鮮であるとともにある種畏敬の対象でもあった。他者に「寛容」の精神が希薄になった時ローマ帝国の衰退が始まったことを思えば、「損得」「勝ち負け」以上に大事なものがあると教えるこの精神を人間形成の柱とした先人達の知恵を、今改めて見直す時がきたのではないだろうか。
 日本人らしさとは何?と考えたとき、三十年前南米を取材した時のことを思い出す。現地の若い女性達の何人かが結婚するなら日本人(日系人)と話していた。何故、と尋ねると一様に「誠実、思いやり、嘘をつかない、勤勉」だからと答えた。外国人からみた日本人は一昔前までは大方そのようなイメージをもって見られていたであろう。その大きな要因は新渡戸稲造が明治三十三年英語版で刊行し広く海外で読まれた「武士道」の影響でもあったろうし、またそうした精神をもって移住をし、苦労の末、現地でしっかりとした地位を築いた日本人移民の人達の努力であろう。
 新渡戸がいう「武士道」は「君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位のものに仁慈を、敵には憐れみを、私欲を忘れ、公正を尊び、富貴よりも名誉をもって貴としとなす」というものである。新渡戸はアメリカ留学中にキリスト教の倫理観に感銘を受けてそれに相当するものを「武士道」の中にみつけたと言われている。「武士道はその表徴たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である」に始まるこの本は世界のベストセラーとなった。
 ではこうした価値観はいつ頃出来たのであろう。江戸時代、儒教の中の朱子学の価値観から山鹿素行らが「士道」の概念を確立させ武士の倫理道徳として作った。(それまでの侍は必ずしも高潔ではなかった)それが幕末の吉田松陰にも影響をあたえたのである。しかし明治維新後、四民平等布告により武士はなくなり、西欧文化の流入により「武士道」は後退した。ところが明治二十八年の日清戦争の頃より再び「武士道」が叫ばれるようになったのである。
 このような日本人の精神は、建国以来脈々と繋がる万世一系の天皇制とともに、「合理」を最大の価値観とし時代時代で支配者が目まぐるしく変わった西欧人の目からみれば新鮮であるとともにある種畏敬の対象でもあった。他者に「寛容」の精神が希薄になった時ローマ帝国の衰退が始まったことを思えば、「損得」「勝ち負け」以上に大事なものがあると教えるこの精神を人間形成の柱とした先人達の知恵を、今改めて見直す時がきたのではないだろうか。
 日本人らしさとは何?と考えたとき、三十年前南米を取材した時のことを思い出す。現地の若い女性達の何人かが結婚するなら日本人(日系人)と話していた。何故、と尋ねると一様に「誠実、思いやり、嘘をつかない、勤勉」だからと答えた。外国人からみた日本人は一昔前までは大方そのようなイメージをもって見られていたであろう。その大きな要因は新渡戸稲造が明治三十三年英語版で刊行し広く海外で読まれた「武士道」の影響でもあったろうし、またそうした精神をもって移住をし、苦労の末、現地でしっかりとした地位を築いた日本人移民の人達の努力であろう。
 新渡戸がいう「武士道」は「君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位のものに仁慈を、敵には憐れみを、私欲を忘れ、公正を尊び、富貴よりも名誉をもって貴としとなす」というものである。新渡戸はアメリカ留学中にキリスト教の倫理観に感銘を受けてそれに相当するものを「武士道」の中にみつけたと言われている。「武士道はその表徴たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である」に始まるこの本は世界のベストセラーとなった。
 ではこうした価値観はいつ頃出来たのであろう。江戸時代、儒教の中の朱子学の価値観から山鹿素行らが「士道」の概念を確立させ武士の倫理道徳として作った。(それまでの侍は必ずしも高潔ではなかった)それが幕末の吉田松陰にも影響をあたえたのである。しかし明治維新後、四民平等布告により武士はなくなり、西欧文化の流入により「武士道」は後退した。ところが明治二十八年の日清戦争の頃より再び「武士道」が叫ばれるようになったのである。
 このような日本人の精神は、建国以来脈々と繋がる万世一系の天皇制とともに、「合理」を最大の価値観とし時代時代で支配者が目まぐるしく変わった西欧人の目からみれば新鮮であるとともにある種畏敬の対象でもあった。他者に「寛容」の精神が希薄になった時ローマ帝国の衰退が始まったことを思えば、「損得」「勝ち負け」以上に大事なものがあると教えるこの精神を人間形成の柱とした先人達の知恵を、今改めて見直す時がきたのではないだろうか。
 日本人らしさとは何?と考えたとき、三十年前南米を取材した時のことを思い出す。現地の若い女性達の何人かが結婚するなら日本人(日系人)と話していた。何故、と尋ねると一様に「誠実、思いやり、嘘をつかない、勤勉」だからと答えた。外国人からみた日本人は一昔前までは大方そのようなイメージをもって見られていたであろう。その大きな要因は新渡戸稲造が明治三十三年英語版で刊行し広く海外で読まれた「武士道」の影響でもあったろうし、またそうした精神をもって移住をし、苦労の末、現地でしっかりとした地位を築いた日本人移民の人達の努力であろう。
 新渡戸がいう「武士道」は「君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位のものに仁慈を、敵には憐れみを、私欲を忘れ、公正を尊び、富貴よりも名誉をもって貴としとなす」というものである。新渡戸はアメリカ留学中にキリスト教の倫理観に感銘を受けてそれに相当するものを「武士道」の中にみつけたと言われている。「武士道はその表徴たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である」に始まるこの本は世界のベストセラーとなった。
 ではこうした価値観はいつ頃出来たのであろう。江戸時代、儒教の中の朱子学の価値観から山鹿素行らが「士道」の概念を確立させ武士の倫理道徳として作った。(それまでの侍は必ずしも高潔ではなかった)それが幕末の吉田松陰にも影響をあたえたのである。しかし明治維新後、四民平等布告により武士はなくなり、西欧文化の流入により「武士道」は後退した。ところが明治二十八年の日清戦争の頃より再び「武士道」が叫ばれるようになったのである。
 このような日本人の精神は、建国以来脈々と繋がる万世一系の天皇制とともに、「合理」を最大の価値観とし時代時代で支配者が目まぐるしく変わった西欧人の目からみれば新鮮であるとともにある種畏敬の対象でもあった。他者に「寛容」の精神が希薄になった時ローマ帝国の衰退が始まったことを思えば、「損得」「勝ち負け」以上に大事なものがあると教えるこの精神を人間形成の柱とした先人達の知恵を、今改めて見直す時がきたのではないだろうか。
 日本人らしさとは何?と考えたとき、三十年前南米を取材した時のことを思い出す。現地の若い女性達の何人かが結婚するなら日本人(日系人)と話していた。何故、と尋ねると一様に「誠実、思いやり、嘘をつかない、勤勉」だからと答えた。外国人からみた日本人は一昔前までは大方そのようなイメージをもって見られていたであろう。その大きな要因は新渡戸稲造が明治三十三年英語版で刊行し広く海外で読まれた「武士道」の影響でもあったろうし、またそうした精神をもって移住をし、苦労の末、現地でしっかりとした地位を築いた日本人移民の人達の努力であろう。
 新渡戸がいう「武士道」は「君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位のものに仁慈を、敵には憐れみを、私欲を忘れ、公正を尊び、富貴よりも名誉をもって貴としとなす」というものである。新渡戸はアメリカ留学中にキリスト教の倫理観に感銘を受けてそれに相当するものを「武士道」の中にみつけたと言われている。「武士道はその表徴たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である」に始まるこの本は世界のベストセラーとなった。
 ではこうした価値観はいつ頃出来たのであろう。江戸時代、儒教の中の朱子学の価値観から山鹿素行らが「士道」の概念を確立させ武士の倫理道徳として作った。(それまでの侍は必ずしも高潔ではなかった)それが幕末の吉田松陰にも影響をあたえたのである。しかし明治維新後、四民平等布告により武士はなくなり、西欧文化の流入により「武士道」は後退した。ところが明治二十八年の日清戦争の頃より再び「武士道」が叫ばれるようになったのである。
 このような日本人の精神は、建国以来脈々と繋がる万世一系の天皇制とともに、「合理」を最大の価値観とし時代時代で支配者が目まぐるしく変わった西欧人の目からみれば新鮮であるとともにある種畏敬の対象でもあった。他者に「寛容」の精神が希薄になった時ローマ帝国の衰退が始まったことを思えば、「損得」「勝ち負け」以上に大事なものがあると教えるこの精神を人間形成の柱とした先人達の知恵を、今改めて見直す時がきたのではないだろうか。
 日本人らしさとは何?と考えたとき、三十年前南米を取材した時のことを思い出す。現地の若い女性達の何人かが結婚するなら日本人(日系人)と話していた。何故、と尋ねると一様に「誠実、思いやり、嘘をつかない、勤勉」だからと答えた。外国人からみた日本人は一昔前までは大方そのようなイメージをもって見られていたであろう。その大きな要因は新渡戸稲造が明治三十三年英語版で刊行し広く海外で読まれた「武士道」の影響でもあったろうし、またそうした精神をもって移住をし、苦労の末、現地でしっかりとした地位を築いた日本人移民の人達の努力であろう。
 新渡戸がいう「武士道」は「君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位のものに仁慈を、敵には憐れみを、私欲を忘れ、公正を尊び、富貴よりも名誉をもって貴としとなす」というものである。新渡戸はアメリカ留学中にキリスト教の倫理観に感銘を受けてそれに相当するものを「武士道」の中にみつけたと言われている。「武士道はその表徴たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である」に始まるこの本は世界のベストセラーとなった。
 ではこうした価値観はいつ頃出来たのであろう。江戸時代、儒教の中の朱子学の価値観から山鹿素行らが「士道」の概念を確立させ武士の倫理道徳として作った。(それまでの侍は必ずしも高潔ではなかった)それが幕末の吉田松陰にも影響をあたえたのである。しかし明治維新後、四民平等布告により武士はなくなり、西欧文化の流入により「武士道」は後退した。ところが明治二十八年の日清戦争の頃より再び「武士道」が叫ばれるようになったのである。
 このような日本人の精神は、建国以来脈々と繋がる万世一系の天皇制とともに、「合理」を最大の価値観とし時代時代で支配者が目まぐるしく変わった西欧人の目からみれば新鮮であるとともにある種畏敬の対象でもあった。他者に「寛容」の精神が希薄になった時ローマ帝国の衰退が始まったことを思えば、「損得」「勝ち負け」以上に大事なものがあると教えるこの精神を人間形成の柱とした先人達の知恵を、今改めて見直す時がきたのではないだろうか。


この記事をスマホで読むときは
QRコード
をバーコードリーダーで。
ブログを書いた人
藤原 勝弘
一九四四年生まれ。慶応義塾大学卒。広島テレビ勤務を経て、現在、松岡病院に在勤。
ブログの記事

ママ力アップ特集

・景色のいいスポット紹介!超パノラマ特集

・ぷれこ体験レポーターインタビュー yanagi

・ぷれこ体験レポーターインタビュー さえぽん

・ぷれこWEBデザイナーインタビュー まっしゅ

・ぷれこアプリダウンロード

 
記事のバックナンバー
お店の過去記事
読み物更新順です
最新情報 人気記事ランキング
人気ランキング
  
携帯で読む
スマホで読もう!
QRコード
携帯でチェックする

折り込み広告