今日はどこ行く?福山市最大級のお出かけイベント件数登録!!福山市のお出かけ・イベント情報検索

 ログイン


イベントガイド

知を楽しむ

知を楽しむ
No.3 近代化 戦争への道
by 藤原 勝弘 2008.3.24

 いい意味での「日本人らしい」道徳や倫理が失われたと言われる今日の我が国を考えると、その遠因はやはり“先の大戦”の敗戦によるものが大きいと言わざるを得ないと思うのである。
 近代日本を考えるには明治維新まで遡らねばならないだろう。西欧列強に支配されないためには富国強兵と国を支える優秀なリーダーの養成が急務であった。その目的で東京帝国大学が設立された。しかし、そこは自由主義的で合理的な進歩主義と万世一系の天皇のもとに国粋主義を主張する教授たちの戦いの場でもあった。
 そもそも明治維新とは何であったのか。それは徳川幕府による封建政治からの脱皮であると同時に天皇を中心とする王政復古の政治への回帰でもあった。近代化を目指した明治政府の立憲君主制はそうした矛盾を内包しつつ「和魂洋才」を目指す新しい「国体」として世界の荒波へ船出したのである。そして和洋双方の精神性と思想(国粋主義と天皇機関説論議や自由民権運動、社会主義思想など)が次代のリーダーを養成する東大という舞台でぶつかりあいながら大正、昭和へと時代は移るのである。
 作家立花隆は「昭和前期において天皇制の抱える矛盾が国体問題という形で噴出した。そしてついには天皇を超えたラジカルな天皇中心主義者(右翼国粋主義過激派)が国体明徴運動に名を借りて国政と社会体制と国民感情を動かして行く体制がつくられた。それが軍部と結びつき国家総動員体制が作られていく。軍部主導の日本型ファシズムである」とその著書「天皇と東大」で述べている。
 そしてそのような社会情勢の中で儒教的な道徳や倫理は、帝国主義的な領土拡大を目指す軍部指導者達によって都合のいいように利用されていった。
 何故日本はあのような戦争をしてしまったのか? 国防と国益をかけた虚々実々の国際社会。激しく動く時代に的確に対応できなかった日本。次回は立花隆が尊敬する先輩と言っている半藤一利(元文芸春秋編集長)の著作から当時のそうした政府や軍部のリーダー達の姿を考えてみることにする。
 いい意味での「日本人らしい」道徳や倫理が失われたと言われる今日の我が国を考えると、その遠因はやはり“先の大戦”の敗戦によるものが大きいと言わざるを得ないと思うのである。
 近代日本を考えるには明治維新まで遡らねばならないだろう。西欧列強に支配されないためには富国強兵と国を支える優秀なリーダーの養成が急務であった。その目的で東京帝国大学が設立された。しかし、そこは自由主義的で合理的な進歩主義と万世一系の天皇のもとに国粋主義を主張する教授たちの戦いの場でもあった。
 そもそも明治維新とは何であったのか。それは徳川幕府による封建政治からの脱皮であると同時に天皇を中心とする王政復古の政治への回帰でもあった。近代化を目指した明治政府の立憲君主制はそうした矛盾を内包しつつ「和魂洋才」を目指す新しい「国体」として世界の荒波へ船出したのである。そして和洋双方の精神性と思想(国粋主義と天皇機関説論議や自由民権運動、社会主義思想など)が次代のリーダーを養成する東大という舞台でぶつかりあいながら大正、昭和へと時代は移るのである。
 作家立花隆は「昭和前期において天皇制の抱える矛盾が国体問題という形で噴出した。そしてついには天皇を超えたラジカルな天皇中心主義者(右翼国粋主義過激派)が国体明徴運動に名を借りて国政と社会体制と国民感情を動かして行く体制がつくられた。それが軍部と結びつき国家総動員体制が作られていく。軍部主導の日本型ファシズムである」とその著書「天皇と東大」で述べている。
 そしてそのような社会情勢の中で儒教的な道徳や倫理は、帝国主義的な領土拡大を目指す軍部指導者達によって都合のいいように利用されていった。
 何故日本はあのような戦争をしてしまったのか? 国防と国益をかけた虚々実々の国際社会。激しく動く時代に的確に対応できなかった日本。次回は立花隆が尊敬する先輩と言っている半藤一利(元文芸春秋編集長)の著作から当時のそうした政府や軍部のリーダー達の姿を考えてみることにする。
 いい意味での「日本人らしい」道徳や倫理が失われたと言われる今日の我が国を考えると、その遠因はやはり“先の大戦”の敗戦によるものが大きいと言わざるを得ないと思うのである。
 近代日本を考えるには明治維新まで遡らねばならないだろう。西欧列強に支配されないためには富国強兵と国を支える優秀なリーダーの養成が急務であった。その目的で東京帝国大学が設立された。しかし、そこは自由主義的で合理的な進歩主義と万世一系の天皇のもとに国粋主義を主張する教授たちの戦いの場でもあった。
 そもそも明治維新とは何であったのか。それは徳川幕府による封建政治からの脱皮であると同時に天皇を中心とする王政復古の政治への回帰でもあった。近代化を目指した明治政府の立憲君主制はそうした矛盾を内包しつつ「和魂洋才」を目指す新しい「国体」として世界の荒波へ船出したのである。そして和洋双方の精神性と思想(国粋主義と天皇機関説論議や自由民権運動、社会主義思想など)が次代のリーダーを養成する東大という舞台でぶつかりあいながら大正、昭和へと時代は移るのである。
 作家立花隆は「昭和前期において天皇制の抱える矛盾が国体問題という形で噴出した。そしてついには天皇を超えたラジカルな天皇中心主義者(右翼国粋主義過激派)が国体明徴運動に名を借りて国政と社会体制と国民感情を動かして行く体制がつくられた。それが軍部と結びつき国家総動員体制が作られていく。軍部主導の日本型ファシズムである」とその著書「天皇と東大」で述べている。
 そしてそのような社会情勢の中で儒教的な道徳や倫理は、帝国主義的な領土拡大を目指す軍部指導者達によって都合のいいように利用されていった。
 何故日本はあのような戦争をしてしまったのか? 国防と国益をかけた虚々実々の国際社会。激しく動く時代に的確に対応できなかった日本。次回は立花隆が尊敬する先輩と言っている半藤一利(元文芸春秋編集長)の著作から当時のそうした政府や軍部のリーダー達の姿を考えてみることにする。
 いい意味での「日本人らしい」道徳や倫理が失われたと言われる今日の我が国を考えると、その遠因はやはり“先の大戦”の敗戦によるものが大きいと言わざるを得ないと思うのである。
 近代日本を考えるには明治維新まで遡らねばならないだろう。西欧列強に支配されないためには富国強兵と国を支える優秀なリーダーの養成が急務であった。その目的で東京帝国大学が設立された。しかし、そこは自由主義的で合理的な進歩主義と万世一系の天皇のもとに国粋主義を主張する教授たちの戦いの場でもあった。
 そもそも明治維新とは何であったのか。それは徳川幕府による封建政治からの脱皮であると同時に天皇を中心とする王政復古の政治への回帰でもあった。近代化を目指した明治政府の立憲君主制はそうした矛盾を内包しつつ「和魂洋才」を目指す新しい「国体」として世界の荒波へ船出したのである。そして和洋双方の精神性と思想(国粋主義と天皇機関説論議や自由民権運動、社会主義思想など)が次代のリーダーを養成する東大という舞台でぶつかりあいながら大正、昭和へと時代は移るのである。
 作家立花隆は「昭和前期において天皇制の抱える矛盾が国体問題という形で噴出した。そしてついには天皇を超えたラジカルな天皇中心主義者(右翼国粋主義過激派)が国体明徴運動に名を借りて国政と社会体制と国民感情を動かして行く体制がつくられた。それが軍部と結びつき国家総動員体制が作られていく。軍部主導の日本型ファシズムである」とその著書「天皇と東大」で述べている。
 そしてそのような社会情勢の中で儒教的な道徳や倫理は、帝国主義的な領土拡大を目指す軍部指導者達によって都合のいいように利用されていった。
 何故日本はあのような戦争をしてしまったのか? 国防と国益をかけた虚々実々の国際社会。激しく動く時代に的確に対応できなかった日本。次回は立花隆が尊敬する先輩と言っている半藤一利(元文芸春秋編集長)の著作から当時のそうした政府や軍部のリーダー達の姿を考えてみることにする。
 いい意味での「日本人らしい」道徳や倫理が失われたと言われる今日の我が国を考えると、その遠因はやはり“先の大戦”の敗戦によるものが大きいと言わざるを得ないと思うのである。
 近代日本を考えるには明治維新まで遡らねばならないだろう。西欧列強に支配されないためには富国強兵と国を支える優秀なリーダーの養成が急務であった。その目的で東京帝国大学が設立された。しかし、そこは自由主義的で合理的な進歩主義と万世一系の天皇のもとに国粋主義を主張する教授たちの戦いの場でもあった。
 そもそも明治維新とは何であったのか。それは徳川幕府による封建政治からの脱皮であると同時に天皇を中心とする王政復古の政治への回帰でもあった。近代化を目指した明治政府の立憲君主制はそうした矛盾を内包しつつ「和魂洋才」を目指す新しい「国体」として世界の荒波へ船出したのである。そして和洋双方の精神性と思想(国粋主義と天皇機関説論議や自由民権運動、社会主義思想など)が次代のリーダーを養成する東大という舞台でぶつかりあいながら大正、昭和へと時代は移るのである。
 作家立花隆は「昭和前期において天皇制の抱える矛盾が国体問題という形で噴出した。そしてついには天皇を超えたラジカルな天皇中心主義者(右翼国粋主義過激派)が国体明徴運動に名を借りて国政と社会体制と国民感情を動かして行く体制がつくられた。それが軍部と結びつき国家総動員体制が作られていく。軍部主導の日本型ファシズムである」とその著書「天皇と東大」で述べている。
 そしてそのような社会情勢の中で儒教的な道徳や倫理は、帝国主義的な領土拡大を目指す軍部指導者達によって都合のいいように利用されていった。
 何故日本はあのような戦争をしてしまったのか? 国防と国益をかけた虚々実々の国際社会。激しく動く時代に的確に対応できなかった日本。次回は立花隆が尊敬する先輩と言っている半藤一利(元文芸春秋編集長)の著作から当時のそうした政府や軍部のリーダー達の姿を考えてみることにする。
 いい意味での「日本人らしい」道徳や倫理が失われたと言われる今日の我が国を考えると、その遠因はやはり“先の大戦”の敗戦によるものが大きいと言わざるを得ないと思うのである。
 近代日本を考えるには明治維新まで遡らねばならないだろう。西欧列強に支配されないためには富国強兵と国を支える優秀なリーダーの養成が急務であった。その目的で東京帝国大学が設立された。しかし、そこは自由主義的で合理的な進歩主義と万世一系の天皇のもとに国粋主義を主張する教授たちの戦いの場でもあった。
 そもそも明治維新とは何であったのか。それは徳川幕府による封建政治からの脱皮であると同時に天皇を中心とする王政復古の政治への回帰でもあった。近代化を目指した明治政府の立憲君主制はそうした矛盾を内包しつつ「和魂洋才」を目指す新しい「国体」として世界の荒波へ船出したのである。そして和洋双方の精神性と思想(国粋主義と天皇機関説論議や自由民権運動、社会主義思想など)が次代のリーダーを養成する東大という舞台でぶつかりあいながら大正、昭和へと時代は移るのである。
 作家立花隆は「昭和前期において天皇制の抱える矛盾が国体問題という形で噴出した。そしてついには天皇を超えたラジカルな天皇中心主義者(右翼国粋主義過激派)が国体明徴運動に名を借りて国政と社会体制と国民感情を動かして行く体制がつくられた。それが軍部と結びつき国家総動員体制が作られていく。軍部主導の日本型ファシズムである」とその著書「天皇と東大」で述べている。
 そしてそのような社会情勢の中で儒教的な道徳や倫理は、帝国主義的な領土拡大を目指す軍部指導者達によって都合のいいように利用されていった。
 何故日本はあのような戦争をしてしまったのか? 国防と国益をかけた虚々実々の国際社会。激しく動く時代に的確に対応できなかった日本。次回は立花隆が尊敬する先輩と言っている半藤一利(元文芸春秋編集長)の著作から当時のそうした政府や軍部のリーダー達の姿を考えてみることにする。


この記事をスマホで読むときは
QRコード
をバーコードリーダーで。
ブログを書いた人
藤原 勝弘
一九四四年生まれ。慶応義塾大学卒。広島テレビ勤務を経て、現在、松岡病院に在勤。
ブログの記事

ママ力アップ特集

・景色のいいスポット紹介!超パノラマ特集

・ぷれこ体験レポーターインタビュー yanagi

・ぷれこ体験レポーターインタビュー さえぽん

・ぷれこWEBデザイナーインタビュー まっしゅ

・ぷれこアプリダウンロード

 
記事のバックナンバー
お店の過去記事
読み物更新順です
最新情報 人気記事ランキング
人気ランキング
  
携帯で読む
スマホで読もう!
QRコード
携帯でチェックする

折り込み広告