今日はどこ行く?福山市最大級のお出かけイベント件数登録!!福山市のお出かけ・イベント情報検索

 ログイン


イベントガイド
ぷれこTOP > 特集・読み物 > 連載バックナンバー > 知を楽しむ > No.4 敗戦への道 官僚主義の失敗

知を楽しむ

知を楽しむ
No.4 敗戦への道 官僚主義の失敗
by 藤原 勝弘 2008.4.24

 日露戦争で自信をつけた日本は、世界の帝国主義的な風潮の中で大国たらんと大陸侵略の道へ突き進んでいった。しかしソ連からの脅威は依然大きなものであった。日中戦争の処理と対ソ対策。陸海軍参謀本部内ではそれをめぐり議論が紛糾していた。ヒットラーとスターリンの駆け引き。それに対する英米の動き。“どこと組むべきか”頭の痛い問題が連日続いていた。そうした情勢の中で大陸の防衛を任務としていた関東軍はソ連との国境ノモハンでその侵犯をめぐり強引に戦闘をしかけた。それは「侵されても侵さない。紛争には不拡大」の参謀本部の命令や、天皇の意向に平気で反するものであった。己を過信し相手をみくびった結果は惨たんたるもので二万近くの将兵が無駄死し犠牲になった。この失敗の責任を取らされたのは現場の指揮官達で自決をした者やさせられた者もいたが命令した幕僚達は責任をとることはなく、その後の重要な作戦にもかかわっていくのである。戦争への舵を大きくきったといわれる“ノモハン事件”、英米との対決を決定づけた“三国同盟”締結に際するいきさつ、虚々実々の世界情勢の正確な判断を誤り敗戦という結果を招いた当時の様子を作家半藤一利は「昭和史」「ノモハンの夏」など一連の著作で詳細に記述している。そこには“自分の見たい現実しか見ようとしない”一部の強引な軍指導者とそれに引きずられていく官僚的集団主義の参謀本部のエリートの姿があった。
 熱狂的で大局が見えない視野の狭さ、傲慢不遜、本質より建前中心の内向きの論理でものを決める官僚達やリーダーの姿である。彼等にはもはやあの新渡戸稲造の「武士道」精神や冷静さは見られず戦国時代の「下克上」に通じる醜さがあるばかりである。そして敗戦。しかし、強引に戦争へとしかけていったのは何も軍人達ばかりではない。彼等の精神的支柱となっていた東京帝国大学で教鞭をとる幾人かの教授達でもあったし、彼等に同調し世論を煽り真実の報道を怠った新聞などマスコミにも責任があった。何か今の日本の一部の官僚や政治家、またマスコミと似通っている気がしてならないのであるが。
 日露戦争で自信をつけた日本は、世界の帝国主義的な風潮の中で大国たらんと大陸侵略の道へ突き進んでいった。しかしソ連からの脅威は依然大きなものであった。日中戦争の処理と対ソ対策。陸海軍参謀本部内ではそれをめぐり議論が紛糾していた。ヒットラーとスターリンの駆け引き。それに対する英米の動き。“どこと組むべきか”頭の痛い問題が連日続いていた。そうした情勢の中で大陸の防衛を任務としていた関東軍はソ連との国境ノモハンでその侵犯をめぐり強引に戦闘をしかけた。それは「侵されても侵さない。紛争には不拡大」の参謀本部の命令や、天皇の意向に平気で反するものであった。己を過信し相手をみくびった結果は惨たんたるもので二万近くの将兵が無駄死し犠牲になった。この失敗の責任を取らされたのは現場の指揮官達で自決をした者やさせられた者もいたが命令した幕僚達は責任をとることはなく、その後の重要な作戦にもかかわっていくのである。戦争への舵を大きくきったといわれる“ノモハン事件”、英米との対決を決定づけた“三国同盟”締結に際するいきさつ、虚々実々の世界情勢の正確な判断を誤り敗戦という結果を招いた当時の様子を作家半藤一利は「昭和史」「ノモハンの夏」など一連の著作で詳細に記述している。そこには“自分の見たい現実しか見ようとしない”一部の強引な軍指導者とそれに引きずられていく官僚的集団主義の参謀本部のエリートの姿があった。
 熱狂的で大局が見えない視野の狭さ、傲慢不遜、本質より建前中心の内向きの論理でものを決める官僚達やリーダーの姿である。彼等にはもはやあの新渡戸稲造の「武士道」精神や冷静さは見られず戦国時代の「下克上」に通じる醜さがあるばかりである。そして敗戦。しかし、強引に戦争へとしかけていったのは何も軍人達ばかりではない。彼等の精神的支柱となっていた東京帝国大学で教鞭をとる幾人かの教授達でもあったし、彼等に同調し世論を煽り真実の報道を怠った新聞などマスコミにも責任があった。何か今の日本の一部の官僚や政治家、またマスコミと似通っている気がしてならないのであるが。
 日露戦争で自信をつけた日本は、世界の帝国主義的な風潮の中で大国たらんと大陸侵略の道へ突き進んでいった。しかしソ連からの脅威は依然大きなものであった。日中戦争の処理と対ソ対策。陸海軍参謀本部内ではそれをめぐり議論が紛糾していた。ヒットラーとスターリンの駆け引き。それに対する英米の動き。“どこと組むべきか”頭の痛い問題が連日続いていた。そうした情勢の中で大陸の防衛を任務としていた関東軍はソ連との国境ノモハンでその侵犯をめぐり強引に戦闘をしかけた。それは「侵されても侵さない。紛争には不拡大」の参謀本部の命令や、天皇の意向に平気で反するものであった。己を過信し相手をみくびった結果は惨たんたるもので二万近くの将兵が無駄死し犠牲になった。この失敗の責任を取らされたのは現場の指揮官達で自決をした者やさせられた者もいたが命令した幕僚達は責任をとることはなく、その後の重要な作戦にもかかわっていくのである。戦争への舵を大きくきったといわれる“ノモハン事件”、英米との対決を決定づけた“三国同盟”締結に際するいきさつ、虚々実々の世界情勢の正確な判断を誤り敗戦という結果を招いた当時の様子を作家半藤一利は「昭和史」「ノモハンの夏」など一連の著作で詳細に記述している。そこには“自分の見たい現実しか見ようとしない”一部の強引な軍指導者とそれに引きずられていく官僚的集団主義の参謀本部のエリートの姿があった。
 熱狂的で大局が見えない視野の狭さ、傲慢不遜、本質より建前中心の内向きの論理でものを決める官僚達やリーダーの姿である。彼等にはもはやあの新渡戸稲造の「武士道」精神や冷静さは見られず戦国時代の「下克上」に通じる醜さがあるばかりである。そして敗戦。しかし、強引に戦争へとしかけていったのは何も軍人達ばかりではない。彼等の精神的支柱となっていた東京帝国大学で教鞭をとる幾人かの教授達でもあったし、彼等に同調し世論を煽り真実の報道を怠った新聞などマスコミにも責任があった。何か今の日本の一部の官僚や政治家、またマスコミと似通っている気がしてならないのであるが。
 日露戦争で自信をつけた日本は、世界の帝国主義的な風潮の中で大国たらんと大陸侵略の道へ突き進んでいった。しかしソ連からの脅威は依然大きなものであった。日中戦争の処理と対ソ対策。陸海軍参謀本部内ではそれをめぐり議論が紛糾していた。ヒットラーとスターリンの駆け引き。それに対する英米の動き。“どこと組むべきか”頭の痛い問題が連日続いていた。そうした情勢の中で大陸の防衛を任務としていた関東軍はソ連との国境ノモハンでその侵犯をめぐり強引に戦闘をしかけた。それは「侵されても侵さない。紛争には不拡大」の参謀本部の命令や、天皇の意向に平気で反するものであった。己を過信し相手をみくびった結果は惨たんたるもので二万近くの将兵が無駄死し犠牲になった。この失敗の責任を取らされたのは現場の指揮官達で自決をした者やさせられた者もいたが命令した幕僚達は責任をとることはなく、その後の重要な作戦にもかかわっていくのである。戦争への舵を大きくきったといわれる“ノモハン事件”、英米との対決を決定づけた“三国同盟”締結に際するいきさつ、虚々実々の世界情勢の正確な判断を誤り敗戦という結果を招いた当時の様子を作家半藤一利は「昭和史」「ノモハンの夏」など一連の著作で詳細に記述している。そこには“自分の見たい現実しか見ようとしない”一部の強引な軍指導者とそれに引きずられていく官僚的集団主義の参謀本部のエリートの姿があった。
 熱狂的で大局が見えない視野の狭さ、傲慢不遜、本質より建前中心の内向きの論理でものを決める官僚達やリーダーの姿である。彼等にはもはやあの新渡戸稲造の「武士道」精神や冷静さは見られず戦国時代の「下克上」に通じる醜さがあるばかりである。そして敗戦。しかし、強引に戦争へとしかけていったのは何も軍人達ばかりではない。彼等の精神的支柱となっていた東京帝国大学で教鞭をとる幾人かの教授達でもあったし、彼等に同調し世論を煽り真実の報道を怠った新聞などマスコミにも責任があった。何か今の日本の一部の官僚や政治家、またマスコミと似通っている気がしてならないのであるが。
 日露戦争で自信をつけた日本は、世界の帝国主義的な風潮の中で大国たらんと大陸侵略の道へ突き進んでいった。しかしソ連からの脅威は依然大きなものであった。日中戦争の処理と対ソ対策。陸海軍参謀本部内ではそれをめぐり議論が紛糾していた。ヒットラーとスターリンの駆け引き。それに対する英米の動き。“どこと組むべきか”頭の痛い問題が連日続いていた。そうした情勢の中で大陸の防衛を任務としていた関東軍はソ連との国境ノモハンでその侵犯をめぐり強引に戦闘をしかけた。それは「侵されても侵さない。紛争には不拡大」の参謀本部の命令や、天皇の意向に平気で反するものであった。己を過信し相手をみくびった結果は惨たんたるもので二万近くの将兵が無駄死し犠牲になった。この失敗の責任を取らされたのは現場の指揮官達で自決をした者やさせられた者もいたが命令した幕僚達は責任をとることはなく、その後の重要な作戦にもかかわっていくのである。戦争への舵を大きくきったといわれる“ノモハン事件”、英米との対決を決定づけた“三国同盟”締結に際するいきさつ、虚々実々の世界情勢の正確な判断を誤り敗戦という結果を招いた当時の様子を作家半藤一利は「昭和史」「ノモハンの夏」など一連の著作で詳細に記述している。そこには“自分の見たい現実しか見ようとしない”一部の強引な軍指導者とそれに引きずられていく官僚的集団主義の参謀本部のエリートの姿があった。
 熱狂的で大局が見えない視野の狭さ、傲慢不遜、本質より建前中心の内向きの論理でものを決める官僚達やリーダーの姿である。彼等にはもはやあの新渡戸稲造の「武士道」精神や冷静さは見られず戦国時代の「下克上」に通じる醜さがあるばかりである。そして敗戦。しかし、強引に戦争へとしかけていったのは何も軍人達ばかりではない。彼等の精神的支柱となっていた東京帝国大学で教鞭をとる幾人かの教授達でもあったし、彼等に同調し世論を煽り真実の報道を怠った新聞などマスコミにも責任があった。何か今の日本の一部の官僚や政治家、またマスコミと似通っている気がしてならないのであるが。
 日露戦争で自信をつけた日本は、世界の帝国主義的な風潮の中で大国たらんと大陸侵略の道へ突き進んでいった。しかしソ連からの脅威は依然大きなものであった。日中戦争の処理と対ソ対策。陸海軍参謀本部内ではそれをめぐり議論が紛糾していた。ヒットラーとスターリンの駆け引き。それに対する英米の動き。“どこと組むべきか”頭の痛い問題が連日続いていた。そうした情勢の中で大陸の防衛を任務としていた関東軍はソ連との国境ノモハンでその侵犯をめぐり強引に戦闘をしかけた。それは「侵されても侵さない。紛争には不拡大」の参謀本部の命令や、天皇の意向に平気で反するものであった。己を過信し相手をみくびった結果は惨たんたるもので二万近くの将兵が無駄死し犠牲になった。この失敗の責任を取らされたのは現場の指揮官達で自決をした者やさせられた者もいたが命令した幕僚達は責任をとることはなく、その後の重要な作戦にもかかわっていくのである。戦争への舵を大きくきったといわれる“ノモハン事件”、英米との対決を決定づけた“三国同盟”締結に際するいきさつ、虚々実々の世界情勢の正確な判断を誤り敗戦という結果を招いた当時の様子を作家半藤一利は「昭和史」「ノモハンの夏」など一連の著作で詳細に記述している。そこには“自分の見たい現実しか見ようとしない”一部の強引な軍指導者とそれに引きずられていく官僚的集団主義の参謀本部のエリートの姿があった。
 熱狂的で大局が見えない視野の狭さ、傲慢不遜、本質より建前中心の内向きの論理でものを決める官僚達やリーダーの姿である。彼等にはもはやあの新渡戸稲造の「武士道」精神や冷静さは見られず戦国時代の「下克上」に通じる醜さがあるばかりである。そして敗戦。しかし、強引に戦争へとしかけていったのは何も軍人達ばかりではない。彼等の精神的支柱となっていた東京帝国大学で教鞭をとる幾人かの教授達でもあったし、彼等に同調し世論を煽り真実の報道を怠った新聞などマスコミにも責任があった。何か今の日本の一部の官僚や政治家、またマスコミと似通っている気がしてならないのであるが。


この記事をスマホで読むときは
QRコード
をバーコードリーダーで。
ブログを書いた人
藤原 勝弘
一九四四年生まれ。慶応義塾大学卒。広島テレビ勤務を経て、現在、松岡病院に在勤。
ブログの記事

ママ力アップ特集

・景色のいいスポット紹介!超パノラマ特集

・ぷれこ体験レポーターインタビュー yanagi

・ぷれこ体験レポーターインタビュー さえぽん

・ぷれこWEBデザイナーインタビュー まっしゅ

・ぷれこアプリダウンロード

 
記事のバックナンバー
お店の過去記事
読み物更新順です
最新情報 人気記事ランキング
人気ランキング
  
携帯で読む
スマホで読もう!
QRコード
携帯でチェックする

折り込み広告