今日はどこ行く?福山市最大級のお出かけイベント件数登録!!福山市のお出かけ・イベント情報検索

 ログイン


イベントガイド
ぷれこTOP > 特集・読み物 > 連載バックナンバー > 知を楽しむ > No.5 日本の戦後 日本改造1検閲

知を楽しむ

知を楽しむ
No.5 日本の戦後 日本改造1検閲
by 藤原 勝弘 2008.5.24

 戦後日本を占領統治したアメリカの最大の目的は、戦前の社会体制の破壊とアメリカ型民主主義の導入であった。新憲法の制定、財閥の解体、農地改革、憲法改正、労働組合の結成等々旧体制を変える命令が次々と発せられた。こうした中で日本人の精神文化を根底から覆す命令が着々と進められていた。それは、新聞、ラジオ、映画、書籍、雑誌、郵便物などの徹底した検閲であった。米本国の統合参謀本部からGHQに発せられたこの命令を実施するため五千人余りの日本人検閲官が採用された。
 慶応大学教授で作家の江藤淳が三年半に及ぶ苦労の末、アメリカ国立公文書館等の資料から見つけまとめた「閉ざされた言語空間」にはGHQの苛烈な検閲の模様が克明に記されている。
 日本軍との死闘の末勝利したアメリカ軍が日本本土に上陸して最初に感じたことは“全国民が余りにも冷静なのに驚いた”とAP通信のブラインズ記者は述べているが、彼だけではなく連合軍全体が少なからず感じたことでもあった。それは「巨大な罠」でこの沈黙が解けた時、突然、自分達に襲いかかるのではないかという恐怖でもあった。その恐れを裏書きする「ブラックリスト命令書」には「あらゆる日本人は潜在的な敵」であるし、そういう人間が住んでいる日本という国は「邪悪」な国なのであるとしている。
 そのような国民をいかにアメリカに二度と敵対しない国に変えてゆくのか。検閲指針の「削除、掲載発行禁止対象」三十項目はいずれも連合軍が行う施策への批判や神国日本の宣伝などであるが、意図されているのが、古来日本人の心に育まれてきた伝統的な価値体系の徹底的な組み替えであることは明白であった。邪悪な共同体を成立させてきた価値体系の破壊。この“自己破壊によるタブーの増殖”は今も続いていると江藤淳は指摘している。
 すこし以前、朝日新聞だったか?に掲載されたこの検閲に従事した二人の日本人の「死期が近づいた今も自分がしたことへの罪悪感に苦しんでいます」という述懐が印象的であった。 戦後日本を占領統治したアメリカの最大の目的は、戦前の社会体制の破壊とアメリカ型民主主義の導入であった。新憲法の制定、財閥の解体、農地改革、憲法改正、労働組合の結成等々旧体制を変える命令が次々と発せられた。こうした中で日本人の精神文化を根底から覆す命令が着々と進められていた。それは、新聞、ラジオ、映画、書籍、雑誌、郵便物などの徹底した検閲であった。米本国の統合参謀本部からGHQに発せられたこの命令を実施するため五千人余りの日本人検閲官が採用された。
 慶応大学教授で作家の江藤淳が三年半に及ぶ苦労の末、アメリカ国立公文書館等の資料から見つけまとめた「閉ざされた言語空間」にはGHQの苛烈な検閲の模様が克明に記されている。
 日本軍との死闘の末勝利したアメリカ軍が日本本土に上陸して最初に感じたことは“全国民が余りにも冷静なのに驚いた”とAP通信のブラインズ記者は述べているが、彼だけではなく連合軍全体が少なからず感じたことでもあった。それは「巨大な罠」でこの沈黙が解けた時、突然、自分達に襲いかかるのではないかという恐怖でもあった。その恐れを裏書きする「ブラックリスト命令書」には「あらゆる日本人は潜在的な敵」であるし、そういう人間が住んでいる日本という国は「邪悪」な国なのであるとしている。
 そのような国民をいかにアメリカに二度と敵対しない国に変えてゆくのか。検閲指針の「削除、掲載発行禁止対象」三十項目はいずれも連合軍が行う施策への批判や神国日本の宣伝などであるが、意図されているのが、古来日本人の心に育まれてきた伝統的な価値体系の徹底的な組み替えであることは明白であった。邪悪な共同体を成立させてきた価値体系の破壊。この“自己破壊によるタブーの増殖”は今も続いていると江藤淳は指摘している。
 すこし以前、朝日新聞だったか?に掲載されたこの検閲に従事した二人の日本人の「死期が近づいた今も自分がしたことへの罪悪感に苦しんでいます」という述懐が印象的であった。 戦後日本を占領統治したアメリカの最大の目的は、戦前の社会体制の破壊とアメリカ型民主主義の導入であった。新憲法の制定、財閥の解体、農地改革、憲法改正、労働組合の結成等々旧体制を変える命令が次々と発せられた。こうした中で日本人の精神文化を根底から覆す命令が着々と進められていた。それは、新聞、ラジオ、映画、書籍、雑誌、郵便物などの徹底した検閲であった。米本国の統合参謀本部からGHQに発せられたこの命令を実施するため五千人余りの日本人検閲官が採用された。
 慶応大学教授で作家の江藤淳が三年半に及ぶ苦労の末、アメリカ国立公文書館等の資料から見つけまとめた「閉ざされた言語空間」にはGHQの苛烈な検閲の模様が克明に記されている。
 日本軍との死闘の末勝利したアメリカ軍が日本本土に上陸して最初に感じたことは“全国民が余りにも冷静なのに驚いた”とAP通信のブラインズ記者は述べているが、彼だけではなく連合軍全体が少なからず感じたことでもあった。それは「巨大な罠」でこの沈黙が解けた時、突然、自分達に襲いかかるのではないかという恐怖でもあった。その恐れを裏書きする「ブラックリスト命令書」には「あらゆる日本人は潜在的な敵」であるし、そういう人間が住んでいる日本という国は「邪悪」な国なのであるとしている。
 そのような国民をいかにアメリカに二度と敵対しない国に変えてゆくのか。検閲指針の「削除、掲載発行禁止対象」三十項目はいずれも連合軍が行う施策への批判や神国日本の宣伝などであるが、意図されているのが、古来日本人の心に育まれてきた伝統的な価値体系の徹底的な組み替えであることは明白であった。邪悪な共同体を成立させてきた価値体系の破壊。この“自己破壊によるタブーの増殖”は今も続いていると江藤淳は指摘している。
 すこし以前、朝日新聞だったか?に掲載されたこの検閲に従事した二人の日本人の「死期が近づいた今も自分がしたことへの罪悪感に苦しんでいます」という述懐が印象的であった。 戦後日本を占領統治したアメリカの最大の目的は、戦前の社会体制の破壊とアメリカ型民主主義の導入であった。新憲法の制定、財閥の解体、農地改革、憲法改正、労働組合の結成等々旧体制を変える命令が次々と発せられた。こうした中で日本人の精神文化を根底から覆す命令が着々と進められていた。それは、新聞、ラジオ、映画、書籍、雑誌、郵便物などの徹底した検閲であった。米本国の統合参謀本部からGHQに発せられたこの命令を実施するため五千人余りの日本人検閲官が採用された。
 慶応大学教授で作家の江藤淳が三年半に及ぶ苦労の末、アメリカ国立公文書館等の資料から見つけまとめた「閉ざされた言語空間」にはGHQの苛烈な検閲の模様が克明に記されている。
 日本軍との死闘の末勝利したアメリカ軍が日本本土に上陸して最初に感じたことは“全国民が余りにも冷静なのに驚いた”とAP通信のブラインズ記者は述べているが、彼だけではなく連合軍全体が少なからず感じたことでもあった。それは「巨大な罠」でこの沈黙が解けた時、突然、自分達に襲いかかるのではないかという恐怖でもあった。その恐れを裏書きする「ブラックリスト命令書」には「あらゆる日本人は潜在的な敵」であるし、そういう人間が住んでいる日本という国は「邪悪」な国なのであるとしている。
 そのような国民をいかにアメリカに二度と敵対しない国に変えてゆくのか。検閲指針の「削除、掲載発行禁止対象」三十項目はいずれも連合軍が行う施策への批判や神国日本の宣伝などであるが、意図されているのが、古来日本人の心に育まれてきた伝統的な価値体系の徹底的な組み替えであることは明白であった。邪悪な共同体を成立させてきた価値体系の破壊。この“自己破壊によるタブーの増殖”は今も続いていると江藤淳は指摘している。
 すこし以前、朝日新聞だったか?に掲載されたこの検閲に従事した二人の日本人の「死期が近づいた今も自分がしたことへの罪悪感に苦しんでいます」という述懐が印象的であった。 戦後日本を占領統治したアメリカの最大の目的は、戦前の社会体制の破壊とアメリカ型民主主義の導入であった。新憲法の制定、財閥の解体、農地改革、憲法改正、労働組合の結成等々旧体制を変える命令が次々と発せられた。こうした中で日本人の精神文化を根底から覆す命令が着々と進められていた。それは、新聞、ラジオ、映画、書籍、雑誌、郵便物などの徹底した検閲であった。米本国の統合参謀本部からGHQに発せられたこの命令を実施するため五千人余りの日本人検閲官が採用された。
 慶応大学教授で作家の江藤淳が三年半に及ぶ苦労の末、アメリカ国立公文書館等の資料から見つけまとめた「閉ざされた言語空間」にはGHQの苛烈な検閲の模様が克明に記されている。
 日本軍との死闘の末勝利したアメリカ軍が日本本土に上陸して最初に感じたことは“全国民が余りにも冷静なのに驚いた”とAP通信のブラインズ記者は述べているが、彼だけではなく連合軍全体が少なからず感じたことでもあった。それは「巨大な罠」でこの沈黙が解けた時、突然、自分達に襲いかかるのではないかという恐怖でもあった。その恐れを裏書きする「ブラックリスト命令書」には「あらゆる日本人は潜在的な敵」であるし、そういう人間が住んでいる日本という国は「邪悪」な国なのであるとしている。
 そのような国民をいかにアメリカに二度と敵対しない国に変えてゆくのか。検閲指針の「削除、掲載発行禁止対象」三十項目はいずれも連合軍が行う施策への批判や神国日本の宣伝などであるが、意図されているのが、古来日本人の心に育まれてきた伝統的な価値体系の徹底的な組み替えであることは明白であった。邪悪な共同体を成立させてきた価値体系の破壊。この“自己破壊によるタブーの増殖”は今も続いていると江藤淳は指摘している。
 すこし以前、朝日新聞だったか?に掲載されたこの検閲に従事した二人の日本人の「死期が近づいた今も自分がしたことへの罪悪感に苦しんでいます」という述懐が印象的であった。 戦後日本を占領統治したアメリカの最大の目的は、戦前の社会体制の破壊とアメリカ型民主主義の導入であった。新憲法の制定、財閥の解体、農地改革、憲法改正、労働組合の結成等々旧体制を変える命令が次々と発せられた。こうした中で日本人の精神文化を根底から覆す命令が着々と進められていた。それは、新聞、ラジオ、映画、書籍、雑誌、郵便物などの徹底した検閲であった。米本国の統合参謀本部からGHQに発せられたこの命令を実施するため五千人余りの日本人検閲官が採用された。
 慶応大学教授で作家の江藤淳が三年半に及ぶ苦労の末、アメリカ国立公文書館等の資料から見つけまとめた「閉ざされた言語空間」にはGHQの苛烈な検閲の模様が克明に記されている。
 日本軍との死闘の末勝利したアメリカ軍が日本本土に上陸して最初に感じたことは“全国民が余りにも冷静なのに驚いた”とAP通信のブラインズ記者は述べているが、彼だけではなく連合軍全体が少なからず感じたことでもあった。それは「巨大な罠」でこの沈黙が解けた時、突然、自分達に襲いかかるのではないかという恐怖でもあった。その恐れを裏書きする「ブラックリスト命令書」には「あらゆる日本人は潜在的な敵」であるし、そういう人間が住んでいる日本という国は「邪悪」な国なのであるとしている。
 そのような国民をいかにアメリカに二度と敵対しない国に変えてゆくのか。検閲指針の「削除、掲載発行禁止対象」三十項目はいずれも連合軍が行う施策への批判や神国日本の宣伝などであるが、意図されているのが、古来日本人の心に育まれてきた伝統的な価値体系の徹底的な組み替えであることは明白であった。邪悪な共同体を成立させてきた価値体系の破壊。この“自己破壊によるタブーの増殖”は今も続いていると江藤淳は指摘している。
 すこし以前、朝日新聞だったか?に掲載されたこの検閲に従事した二人の日本人の「死期が近づいた今も自分がしたことへの罪悪感に苦しんでいます」という述懐が印象的であった。


この記事をスマホで読むときは
QRコード
をバーコードリーダーで。
ブログを書いた人
藤原 勝弘
一九四四年生まれ。慶応義塾大学卒。広島テレビ勤務を経て、現在、松岡病院に在勤。
ブログの記事

ママ力アップ特集

・景色のいいスポット紹介!超パノラマ特集

・ぷれこ体験レポーターインタビュー yanagi

・ぷれこ体験レポーターインタビュー さえぽん

・ぷれこWEBデザイナーインタビュー まっしゅ

・ぷれこアプリダウンロード

 
記事のバックナンバー
お店の過去記事
読み物更新順です
最新情報 人気記事ランキング
人気ランキング
  
携帯で読む
スマホで読もう!
QRコード
携帯でチェックする

折り込み広告