今日はどこ行く?福山市最大級のお出かけイベント件数登録!!福山市のお出かけ・イベント情報検索

 ログイン


イベントガイド
ぷれこTOP > 特集・読み物 > 連載バックナンバー > 知を楽しむ > No.6 日本の戦後 日本改造2 教育改革

知を楽しむ

知を楽しむ
No.6 日本の戦後 日本改造2 教育改革
by 藤原 勝弘 2008.6.24

 アメリカによる日本の改造政策は次々と発せられ、教育改革もその重要な施策であった。GHQは日本の占領統治において、社会主義化を阻むため「天皇制」維持と「民主化」という矛盾に満ちた作業を進めた。教育改革もその一環として取り上げられ、そのため27人の教育使節団がアメリカ本国から送りこまれた。昭和21年11月CIE(GHQ民間情報教育局)が作成した計画書によれば「国民の37%は小学校または就学前年齢で、教育により生活、思想と行動パターンを変化させる有効な手段となる」と記されている。子供の教育を通じ日本人を変えようというのである。
 その象徴的なものが「ローマ字採用論」である。当時の新聞がある。「漢字を廃止するとき、われわれの脳中に存在する封建意識が掃蕩促進され、あのてきぱきしたアメリカ式能率にはじめて追随しうるのである。文化国家の建設も民主政治の確立も漢字の廃止と簡単なローマ字の採用に基づく国民知的水準の昂揚によって促進されねばならない」。“よくぞまあこんなことが書けたものだ”と「昭和史」の作家半藤一利はその著作で述べている。
 しかし、この“ローマ字化”は使節団内部の対立もありGHQ自体の政策とはならなかったが小学4年から習得が義務づけられるとともに、一般に使える漢字は激減させられ当用漢字が導入された。
この時ローマ字化を強硬に反対したのが、使節団のゴードン・ボールズ事務局長であった。平成18年4月7日の毎日新聞掲載「改革掲げた占領軍」によると彼はその後、土佐法一弘前大教授のインタビューに「こんなバカバカしいことを何故やるのか。文化、文明、歴史すべてにたいする問題だ」と答えている。彼がいなかったら日本語はどうなっていたのか。彼は東京で生まれ、使節団ではただ一人日本語ができた。
 GHQの教育改革の中ではこの他に社会科(歴史)教育の削除なども重要な施策として実施された結果、戦後国民の「歴史」についての関心も希薄なものになり、まさに江藤淳が指摘する“自己破壊によるタブーの増殖”となって今日にいたっている。
 アメリカによる日本の改造政策は次々と発せられ、教育改革もその重要な施策であった。GHQは日本の占領統治において、社会主義化を阻むため「天皇制」維持と「民主化」という矛盾に満ちた作業を進めた。教育改革もその一環として取り上げられ、そのため27人の教育使節団がアメリカ本国から送りこまれた。昭和21年11月CIE(GHQ民間情報教育局)が作成した計画書によれば「国民の37%は小学校または就学前年齢で、教育により生活、思想と行動パターンを変化させる有効な手段となる」と記されている。子供の教育を通じ日本人を変えようというのである。
 その象徴的なものが「ローマ字採用論」である。当時の新聞がある。「漢字を廃止するとき、われわれの脳中に存在する封建意識が掃蕩促進され、あのてきぱきしたアメリカ式能率にはじめて追随しうるのである。文化国家の建設も民主政治の確立も漢字の廃止と簡単なローマ字の採用に基づく国民知的水準の昂揚によって促進されねばならない」。“よくぞまあこんなことが書けたものだ”と「昭和史」の作家半藤一利はその著作で述べている。
 しかし、この“ローマ字化”は使節団内部の対立もありGHQ自体の政策とはならなかったが小学4年から習得が義務づけられるとともに、一般に使える漢字は激減させられ当用漢字が導入された。
この時ローマ字化を強硬に反対したのが、使節団のゴードン・ボールズ事務局長であった。平成18年4月7日の毎日新聞掲載「改革掲げた占領軍」によると彼はその後、土佐法一弘前大教授のインタビューに「こんなバカバカしいことを何故やるのか。文化、文明、歴史すべてにたいする問題だ」と答えている。彼がいなかったら日本語はどうなっていたのか。彼は東京で生まれ、使節団ではただ一人日本語ができた。
 GHQの教育改革の中ではこの他に社会科(歴史)教育の削除なども重要な施策として実施された結果、戦後国民の「歴史」についての関心も希薄なものになり、まさに江藤淳が指摘する“自己破壊によるタブーの増殖”となって今日にいたっている。
 アメリカによる日本の改造政策は次々と発せられ、教育改革もその重要な施策であった。GHQは日本の占領統治において、社会主義化を阻むため「天皇制」維持と「民主化」という矛盾に満ちた作業を進めた。教育改革もその一環として取り上げられ、そのため27人の教育使節団がアメリカ本国から送りこまれた。昭和21年11月CIE(GHQ民間情報教育局)が作成した計画書によれば「国民の37%は小学校または就学前年齢で、教育により生活、思想と行動パターンを変化させる有効な手段となる」と記されている。子供の教育を通じ日本人を変えようというのである。
 その象徴的なものが「ローマ字採用論」である。当時の新聞がある。「漢字を廃止するとき、われわれの脳中に存在する封建意識が掃蕩促進され、あのてきぱきしたアメリカ式能率にはじめて追随しうるのである。文化国家の建設も民主政治の確立も漢字の廃止と簡単なローマ字の採用に基づく国民知的水準の昂揚によって促進されねばならない」。“よくぞまあこんなことが書けたものだ”と「昭和史」の作家半藤一利はその著作で述べている。
 しかし、この“ローマ字化”は使節団内部の対立もありGHQ自体の政策とはならなかったが小学4年から習得が義務づけられるとともに、一般に使える漢字は激減させられ当用漢字が導入された。
この時ローマ字化を強硬に反対したのが、使節団のゴードン・ボールズ事務局長であった。平成18年4月7日の毎日新聞掲載「改革掲げた占領軍」によると彼はその後、土佐法一弘前大教授のインタビューに「こんなバカバカしいことを何故やるのか。文化、文明、歴史すべてにたいする問題だ」と答えている。彼がいなかったら日本語はどうなっていたのか。彼は東京で生まれ、使節団ではただ一人日本語ができた。
 GHQの教育改革の中ではこの他に社会科(歴史)教育の削除なども重要な施策として実施された結果、戦後国民の「歴史」についての関心も希薄なものになり、まさに江藤淳が指摘する“自己破壊によるタブーの増殖”となって今日にいたっている。
 アメリカによる日本の改造政策は次々と発せられ、教育改革もその重要な施策であった。GHQは日本の占領統治において、社会主義化を阻むため「天皇制」維持と「民主化」という矛盾に満ちた作業を進めた。教育改革もその一環として取り上げられ、そのため27人の教育使節団がアメリカ本国から送りこまれた。昭和21年11月CIE(GHQ民間情報教育局)が作成した計画書によれば「国民の37%は小学校または就学前年齢で、教育により生活、思想と行動パターンを変化させる有効な手段となる」と記されている。子供の教育を通じ日本人を変えようというのである。
 その象徴的なものが「ローマ字採用論」である。当時の新聞がある。「漢字を廃止するとき、われわれの脳中に存在する封建意識が掃蕩促進され、あのてきぱきしたアメリカ式能率にはじめて追随しうるのである。文化国家の建設も民主政治の確立も漢字の廃止と簡単なローマ字の採用に基づく国民知的水準の昂揚によって促進されねばならない」。“よくぞまあこんなことが書けたものだ”と「昭和史」の作家半藤一利はその著作で述べている。
 しかし、この“ローマ字化”は使節団内部の対立もありGHQ自体の政策とはならなかったが小学4年から習得が義務づけられるとともに、一般に使える漢字は激減させられ当用漢字が導入された。
この時ローマ字化を強硬に反対したのが、使節団のゴードン・ボールズ事務局長であった。平成18年4月7日の毎日新聞掲載「改革掲げた占領軍」によると彼はその後、土佐法一弘前大教授のインタビューに「こんなバカバカしいことを何故やるのか。文化、文明、歴史すべてにたいする問題だ」と答えている。彼がいなかったら日本語はどうなっていたのか。彼は東京で生まれ、使節団ではただ一人日本語ができた。
 GHQの教育改革の中ではこの他に社会科(歴史)教育の削除なども重要な施策として実施された結果、戦後国民の「歴史」についての関心も希薄なものになり、まさに江藤淳が指摘する“自己破壊によるタブーの増殖”となって今日にいたっている。
 アメリカによる日本の改造政策は次々と発せられ、教育改革もその重要な施策であった。GHQは日本の占領統治において、社会主義化を阻むため「天皇制」維持と「民主化」という矛盾に満ちた作業を進めた。教育改革もその一環として取り上げられ、そのため27人の教育使節団がアメリカ本国から送りこまれた。昭和21年11月CIE(GHQ民間情報教育局)が作成した計画書によれば「国民の37%は小学校または就学前年齢で、教育により生活、思想と行動パターンを変化させる有効な手段となる」と記されている。子供の教育を通じ日本人を変えようというのである。
 その象徴的なものが「ローマ字採用論」である。当時の新聞がある。「漢字を廃止するとき、われわれの脳中に存在する封建意識が掃蕩促進され、あのてきぱきしたアメリカ式能率にはじめて追随しうるのである。文化国家の建設も民主政治の確立も漢字の廃止と簡単なローマ字の採用に基づく国民知的水準の昂揚によって促進されねばならない」。“よくぞまあこんなことが書けたものだ”と「昭和史」の作家半藤一利はその著作で述べている。
 しかし、この“ローマ字化”は使節団内部の対立もありGHQ自体の政策とはならなかったが小学4年から習得が義務づけられるとともに、一般に使える漢字は激減させられ当用漢字が導入された。
この時ローマ字化を強硬に反対したのが、使節団のゴードン・ボールズ事務局長であった。平成18年4月7日の毎日新聞掲載「改革掲げた占領軍」によると彼はその後、土佐法一弘前大教授のインタビューに「こんなバカバカしいことを何故やるのか。文化、文明、歴史すべてにたいする問題だ」と答えている。彼がいなかったら日本語はどうなっていたのか。彼は東京で生まれ、使節団ではただ一人日本語ができた。
 GHQの教育改革の中ではこの他に社会科(歴史)教育の削除なども重要な施策として実施された結果、戦後国民の「歴史」についての関心も希薄なものになり、まさに江藤淳が指摘する“自己破壊によるタブーの増殖”となって今日にいたっている。
 アメリカによる日本の改造政策は次々と発せられ、教育改革もその重要な施策であった。GHQは日本の占領統治において、社会主義化を阻むため「天皇制」維持と「民主化」という矛盾に満ちた作業を進めた。教育改革もその一環として取り上げられ、そのため27人の教育使節団がアメリカ本国から送りこまれた。昭和21年11月CIE(GHQ民間情報教育局)が作成した計画書によれば「国民の37%は小学校または就学前年齢で、教育により生活、思想と行動パターンを変化させる有効な手段となる」と記されている。子供の教育を通じ日本人を変えようというのである。
 その象徴的なものが「ローマ字採用論」である。当時の新聞がある。「漢字を廃止するとき、われわれの脳中に存在する封建意識が掃蕩促進され、あのてきぱきしたアメリカ式能率にはじめて追随しうるのである。文化国家の建設も民主政治の確立も漢字の廃止と簡単なローマ字の採用に基づく国民知的水準の昂揚によって促進されねばならない」。“よくぞまあこんなことが書けたものだ”と「昭和史」の作家半藤一利はその著作で述べている。
 しかし、この“ローマ字化”は使節団内部の対立もありGHQ自体の政策とはならなかったが小学4年から習得が義務づけられるとともに、一般に使える漢字は激減させられ当用漢字が導入された。
この時ローマ字化を強硬に反対したのが、使節団のゴードン・ボールズ事務局長であった。平成18年4月7日の毎日新聞掲載「改革掲げた占領軍」によると彼はその後、土佐法一弘前大教授のインタビューに「こんなバカバカしいことを何故やるのか。文化、文明、歴史すべてにたいする問題だ」と答えている。彼がいなかったら日本語はどうなっていたのか。彼は東京で生まれ、使節団ではただ一人日本語ができた。
 GHQの教育改革の中ではこの他に社会科(歴史)教育の削除なども重要な施策として実施された結果、戦後国民の「歴史」についての関心も希薄なものになり、まさに江藤淳が指摘する“自己破壊によるタブーの増殖”となって今日にいたっている。


この記事をスマホで読むときは
QRコード
をバーコードリーダーで。
ブログを書いた人
藤原 勝弘
一九四四年生まれ。慶応義塾大学卒。広島テレビ勤務を経て、現在、松岡病院に在勤。
ブログの記事

ママ力アップ特集

・景色のいいスポット紹介!超パノラマ特集

・ぷれこ体験レポーターインタビュー yanagi

・ぷれこ体験レポーターインタビュー さえぽん

・ぷれこWEBデザイナーインタビュー まっしゅ

・ぷれこアプリダウンロード

 
記事のバックナンバー
お店の過去記事
読み物更新順です
最新情報 人気記事ランキング
人気ランキング
  
携帯で読む
スマホで読もう!
QRコード
携帯でチェックする

折り込み広告