ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > こんにちは!矯正専門医です! > No.68 上顎前突(出っ歯)における治療前後の口元の変化
こんにちは!矯正専門医です!

特集・読み物


2015.11.4

No.68 上顎前突(出っ歯)における治療前後の口元の変化

 「上顎前突」とは上アゴや上前歯が前方(唇側)に突出している状態のことです。上顎前突の欠点として以下の事項が挙げられます。
・口が閉じづらいため普段から口があいた状態となり、歯がさらに前方へ突出していきます。また、口呼吸の原因にもなり口腔内はいつも乾燥しているため虫歯や歯周病に罹患しやすく、扁桃腺も肥大してしまう恐れがあります。
・下前歯が上前歯を突き上げる咬み合わせのため、結果的に上前歯が早期脱落してしまう恐れがあります。
・側貌(横顔)から見ると口元が前方に突出しているため、相対的に鼻が低く、Eーline(エステティック・ライン)は不良といえます。
 左の写真は上顎前突の矯正治療により良好な歯並びと美しい口元を手に入れました。(18歳・女性。治療期間:一年6か月。矯正器具:プラスチックブラケット。矯正治療費54万円)


海と山のアート回廊
バスツアーのご案内