ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの『わ』No.523 seitai salon Peace代表 東森 淳次さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2015.10.16

異業種リレーの『わ』No.523 seitai salon Peace代表 東森 淳次さん


今回は、「ネイルサロン Motif」代表、河田 美奈さんのご紹介により、
「seitai salon Peace(福山市川口町1-1-3-2F TEL.084-983-1527)」代表、東森 淳次さんに登場願いました。

 

レスリング経験者の整体師。痛みや疲れを癒しながら改善、サポートいたします!!

…一所懸命、一緒懸命
 福山で生まれ育ちました。2人兄弟の次男です。2歳上の兄とは真逆の性格でやんちゃばかりしては母に叱られていました。祖母に灸(やいと)をされて泣いていたのもよく覚えています。小学校に上がると友達も増えて行動の範囲も広がりました。裏山に秘密基地をつくったりして元気いっぱいに遊んでいました。興味本位で焚き火をして大怒られしたこともありました。いたずらの度が過ぎると父に容赦なくぶん殴られていました。勉強は好きではありませんでした。ご飯派だったので給食も苦手でしたね。残したパンを机の中でよくカビカビにしていました(笑)。中学に上がるとおとなしいお兄ちゃんを少し鍛えるために、父から一緒に柔道部に入るように言われました。気が進みませんでしたがお小遣いを増やしてくれるとの誘惑に負け入部しました。兄はすぐに退部しましたが私は柔道にハマリました。顧問の先生や先輩たちも優しく、挨拶や礼儀も身につき、楽しみながらクラブ活動が出来ました。得意技は相手が仕掛けてきたところを狙って掛ける「裏投げ」でした。県大会でベスト8の成績をおさめることが出来ました。塾にも入りましたが、問題が解らなかったので白紙の答案用紙を出しました。すると「うちの塾では面倒みられません」と辞めさせられました。ならばと、家庭教師をつけられました。大学生の可愛いお姉さんや気さくなお兄さんに楽しく教えてもらいました。スポーツやゲームと同じで出来るようになると勉強も楽しかったですね。高校は倉敷の学校に入学。柔道部に入ろうと思いましたが坊主が嫌でどうしようかと思っていたら、レスリング部の先生に「うちは坊主じゃないし、優しくて楽しいぞ」などと上手いこと言われ入部しました。確かに坊主ではありませんでしたが坊主に近い角刈りでした。練習もメチャクチャきつく、完全に騙されたと思いましたが、入部した以上は覚悟を決めて頑張ろうと思いました。早朝練習から始まり、休みもほとんどなくレスリング一筋で来る日も来る日も頑張りました。2年生で全国6位。3年生での活躍が期待されましたが、怪我で入院してしまいました。手術しリハビリ復活まで1年はかかります。3年生の全国大会は諦めるしかありません。悔しい思いをしましたが、手術を受け大学で上を目指す覚悟を決めました。東京の大学にスポーツ推選で入学が決まりました。リハビリを終え再出発、試合に臨みましたがまたしても怪我に見舞われました。選手を続けるには再手術しかありません、心が折れました。悩んだ末、コーチとしてサポート役でレスリングを続けることにしました。この時の悔しさは今でも忘れられません。サポートする側にまわり「はっと」させられました。今まで試合のことだけを考えて頑張れたのはまわりにたくさんのサポートをしてくださる方がいて必死で支えてくださっていたことに気づき感動しました(涙)。感謝の気持ちで胸がいっぱいになったのを今でも忘れません。かけがえのない体験をさせていただきました。このことがきっかけでスポーツトレーナーを目指す事にしました。「天職」との出会いだったと思います。卒業後、関東の整体の専門学校に入学、テーピング技術やメンタルサポートを2年間、徹底的に学びました。卒業し、そのまま都内の整骨院に就職しました。1年後、父が体調を崩したのをきっかけに福山の整骨院に就職。様々な経験をさせていただき、32歳で資格を持った後輩を連れて経営者として整骨院をオープンしました。3年後、後輩の独立を応援。店を譲り渡し、整体師として再スタートを決意。今の場所に素晴らしいご縁をいただき2014年10月に「Seitai Salon Peace(セイタイサロンピース)」をオープンさせていただきました。この建物は1階が美容院、2階にセレクトショップ、そして私のお店があります。お陰様で先月1周年を迎えることが出来ました。これからも3店舗でコラボし、美容とオシャレ、そして健康をテーマに意見を出し合い切磋琢磨し合える仲間といろんなイベントを展開していきます。この建物は22時まで営業、仕事帰りにちょこっと寄れます。「新しい発見と楽しさ、喜びが味わえる」といわれる、益々楽しい館にして行きたいと想っています。


海と山のアート回廊
バスツアーのご案内