ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 連載エッセイ > みんな、みんな、仏さま > お話し84 ご先祖さまをお迎えする
みんな、みんな、仏さま

特集・読み物


2015.8.7

お話し84 ご先祖さまをお迎えする

 お盆の季節になりました。遠方の親族もお盆休みには帰省してきて家族大勢で賑やかに過ごされることを楽しみにしておられる方もおありかと存じます。少し前まで、大変賑やかで晴れ晴れしい様子を「盆と正月が一度に来たようだ」と表現していましたが、最近はあまり聞かなくなった言葉です。かつてお盆には一族が集まってご先祖さまを偲びながら賑やかに過ごしていましたが、昨今はお盆休みの過ごし方も少し様子が変わってきたのかなと寂しく感じることもあります。
 お浄土で安らかに過ごされているご先祖さまに、わざわざ自宅にお帰りいただいて供養さしあげるというのは、仏教行事としては日本独特のものかと存じますが、とても愛らしい風習ともいえます。縁側に精霊棚というご先祖さまをお迎えする祭壇を設け、様々な供物を捧げます。中には夏野菜に四本の串を突き刺してこれを足に見立て牛や馬の姿にします。ご先祖さまの浄土からの乗り物です。自宅に帰って来てもらうときは馬で速やかに、浄土にお帰り頂くときは牛でゆっくりと。そんな微笑ましい想いが込められているのです。