今日はどこ行く?福山市最大級のお出かけイベント件数登録!!福山市のお出かけ・イベント情報検索

 ログイン


イベントガイド

ゼニア男のたしなみ

ゼニア男のたしなみ
男のたしなみ Vol.1
by ベッティーニ 2008.9.24

スーツの起源は皆さんも知ってのとおり詰め襟の軍服とされています。その襟を折り返した所からラペルが生まれました。ゴージラインはその名残ですし、サイドベンツは腰にサーベルを差すときに邪魔にならないように考え出されたものといわれています。今回からスーツについてお話しようと思います。
七〇年代に二つボタンがブームになり三つボタンが衰退しました。その後の八〇年代のDCブームの時に狭いVゾーンの三つボタンが流行し、そのイメージのまま、三つボタンは若い人向きといわれる方が今でも多くいらっしゃいます。
しかし、スーツの起源が詰め襟ということを考えれば二つボタンより三つボタンの方が実はクラシックなんです。最近では二つボタンでもVゾーンの狭い、ボタン位置が高いのが出てきています。私のおすすめは三つボタンなら「段返り」の三つボタンで真ん中をひとつ掛けするスタイルです。ラペルのふくらみが綺麗にみえますし、ネクタイのバランスもいいと思います。もちろん、ラペルの返りがふんわりしていないと意味はありません。
量販店のスーツは割とカチッととしています。よいスーツはハンガリングしているときクタッとしています。何故かというと実際に人が着たときのことを考えて立体的に裁断しているからです。人の身体というのは曲線で出来ていて直線で出来ている部分はありません。あとよいスーツは生地がやわらかいということもあるでしょう。そういう良いスーツ、良い生地が前述のラペルの美しいふくらみなどを出すのです。
ラペルにはノッチドラペルとピークドラペルがあります。一般的にノッチドラペルはシングル、ピークドラペルはダブルのスーツが多いです。ベントはノーベント、センターベント、サイドベンツがあります。フォーマルにはノーベントのものでないと駄目なのですが、普段仕事で着るスーツならサイドベンツが動きやすいと思います。袖口のボタンは四つが主流です。あと最近は重ねボタンの物も多いです。オーダーされている人の中には本開きにしている人もいます。
みなさんのスーツはいかかですか。次回はスーツの着こなしについてお話します。


この記事をスマホで読むときは
QRコード
をバーコードリーダーで。
ブログを書いた人
元 福山 エルメネジルド・ゼニア専門店
ゼルビーノ 店長

 現在
ぷれすしーど 経理
ブログの記事

ママ力アップ特集

・景色のいいスポット紹介!超パノラマ特集

・ぷれこ体験レポーターインタビュー yanagi

・ぷれこ体験レポーターインタビュー さえぽん

・ぷれこWEBデザイナーインタビュー まっしゅ

・ぷれこアプリダウンロード

 
記事のバックナンバー
お店の過去記事
読み物更新順です
最新情報 人気記事ランキング
人気ランキング
  
携帯で読む
スマホで読もう!
QRコード
携帯でチェックする

折り込み広告