ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの『わ』No.518 朝日新聞サービスアンカー ASA福山西部 代表 藤山 晴登さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2015.8.26

異業種リレーの『わ』No.518 朝日新聞サービスアンカー ASA福山西部 代表 藤山 晴登さん


今回は、「BAR BER'S Do Luck」理容師・療術師、杉野 正芳さんのご紹介により、「ASA福山西部(福山市山手町2-15-27 TEL.084-951-5952)」代表、藤山 晴登さんに登場願いました。

 

地域密着の新聞販売店。初心を忘れず日々学び考動(こうどう)もっともっと成長したい!!

…与えられた使命を全う
 福山市で生まれ育ちました。2人兄弟の長男です。本当は活発な性格だと思いますが幼少の頃からおとなしいほうでしたね。外で元気に遊ぶのが好きでした。近所には同世代の子どもが沢山いました。みんなで「ケンパ」や「ダルマさんが転んだ」をやって遊びました。近くの山に、神社を抜けると頂上までたどり着く道があり、よく登って遊びました。少々しんどいことでも身体を動かすのは大好きでしたね。小学校は10クラスあり、友達も沢山出来ました。でも、途中で新しい学校が出来て二つに分かれ、クラス数は半分になりました。町内のソフトボールも楽しくやりました。でも、やっとレギュラーになれた高学年のときは塾の回数が増え練習を休むことが多くなりました。やむなくレギュラーを外されて、さみしい思いもしました。でも、頑張った甲斐あって中学は地元の中高一貫の進学校に入学出来ました。クラブはありましたが「進学クラス」だったので当たり前のように勉強していました。楽しみは自転車で通う片道40分の帰り道に本屋に寄って漫画を立ち読みすることとファミスタ(コンピュータゲーム)で遊ぶことでしたね。高校に上がると更に勉強がハードになりました。さすがにこの時期は「たまらんな」と時々つぶやいていました(笑)。たしか夏休みも無かったと記憶しています。でも、目標に向かって一歩一歩頑張れば達成できることを勉強から学びました。楽しみにしていたのは修学旅行です。アメリカへホームステイを兼ねて約1ヶ月間行きました。楽しい貴重な体験を沢山させていただきました。今でも印象に残っているのは英語が上手く喋れなくても一所懸命になると想いは通じるということです。コミュニケーションとは会話だけではないことを五感を通じて学びました。鳥肌が立ち感動したのを今でもよく覚えています。勿論、英会話の通じる嬉しさも後に学ばせていただきました。勉強は大変でしたが思い出いっぱいの充実した高校時代でした。大学は東京の私立大学に挑み進学しました。入学するとすぐに「身体を動かしたい、走りたい」衝動に駆られ陸上部に入り長距離に挑戦しました。自分との戦いであるマラソンを通じて諦めずにやり抜く素晴らしさを学びました。アルバイトも沢山やりました。おでん屋やマック、ピザの宅配、築地の魚市場、時には日雇いの肉体労働も体験しました。社会の厳しさを感じました。中でも職人さんのおられる飲食店は特に厳しく、礼儀や上下関係、挨拶を徹底的に叩き込まれました。私にとってバイトは良き社会勉強の場でした。就職は大手のパン屋に入社。手に職をつけようと製造を希望しました。配属は関西の小売店でした。社員は私を含め店頭と製造に2人ずつ、後はパート、アルバイトさん。社員だけど何も出来ないプレッシャーを感じながらも必死で頑張りました。昔のことですから、怒られる前に物が飛んできます。でも厳しい分、やれば充実感も比例します。1年が経ち業務の一通りが理解できました。そんなある日、実家の販売店が業務を拡張するので帰って来いと連絡がありました。引継ぎ期間を経て福山に戻りました。バタバタで父に言われるまま仕事をこなし半年ほどで何とか落ち着き軌道に乗りました。すぐに神戸の大型販売店に丁稚研修に出されました。1年間みっちりと扱かれました。中でも営業の仕事は月に100軒のノルマがあります。卒業できないと販売店は継がさないと言われ必死で頑張りました。1年で何とか卒業、実家に帰り父の下で約10年頑張りました。その間、結婚して子どもにも恵まれました。2011年父が退職し私が後を託されました。毎年のように部数は減少、正に「新聞戦国時代」の到来です。新たな戦略も考えながら試行錯誤。地域の方々や家族に支えていただきあっという間に4年が経ちました。私のやるべきことはこれからです。方向性は見えて来ています。まずは父が起業した原点の念い(おもい)に立ち戻り朝日新聞の藤山ではなく、朝日新聞を取り扱う藤山新聞店に生まれ変わることだと思います。その為の具体的な内容を考え詰めていきます。初心を忘れず、与えられた使命を全う、どんなことからも日々学び考動(こうどう)、もっともっと成長していきます。


忘新年会特集2017~2018
バスツアーのご案内