ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > WEB in 1面記事 > 海を渡ろう 市境・県境を超えよう…つながる感動「しまのわ」は終わらない
WEB in 1面記事

特集・読み物


2014.10.17

海を渡ろう 市境・県境を超えよう…つながる感動「しまのわ」は終わらない

  3月21日から始まった広島県と愛媛県の広域博覧会「瀬戸内しまのわ2014」が、いよいよ10月26日で閉幕する。
 残る4つのメインイベント、クロージングイベントを案内するととともに、しまのわをきっかけに始まり、会期終了後も延長されることが決定した〝終わらない〟しまのわのイベントを特集する。

しまのわ

■メインイベント残すは4つ

① しまのわ茶会・尾道お茶めぐり 10/19 (日)
(現代アートとお茶の祭典in尾道)
 尾道の町並みを巡りながら、お寺や公共スペース等の会場でお茶をいただくイベント。


 会場は、浄土寺、慈観寺、西國寺、浄泉寺、妙宣寺、尾道公会堂別館3階(以上御茶席700円)の他、図書館や商店街など計10か所以上で、尾道まるごとお茶会。写真の3塔の特別公開もある(観覧無料)。
 また、購入した茶券を提示すれば乗り降り自由な「お茶めぐりバス」が30分間隔で運行するので、ゆったりのんびりお茶と尾道の町を楽しんで!
 尾道の離島・百島各所で、国際的な現代美術展が26日(日)まで。瀬戸田の耕三寺博物館では、11月24日まで茶道具展開催中。

 

②しおあかり~竹原~ 10/11 (土) ~26 (日)
 かつて塩の産地として栄えた、今なにかと話題の竹原市。
 今夏新たに完成した「たけはら海の駅」(港町4丁目)2階に、地元大学生が「竹取物語」からイメージしたソルトアート作品が、26日まで展示されている。
 10/24(金)~26(日) の17時頃〜21時は、海の駅オープンテラスで、竹あかり演出家CHIKAKENと地元大学生がコラボした竹あかりオブジェを展示する。見学無料。 「道の駅たけはら」に近い町並み保存地区で開催される「町並み竹灯り〜たけはら憧憬の路〜」(25日・26日)との連動企画。2日とも16時半〜21時に、海の駅〜道の駅をシャトルバスが運行する。

 

③ 三原 浮城まつり 10/25(土)・26(日)
 海に向かって建ち軍港としての機能も備えていた三原城は、満潮時にはまるで海に浮かんでいるように見えることから「浮城」と呼ばれた。「浮城まつり」は、築城主・小早川隆景公を中心とした小早川甲冑部隊の練り歩きがメイン。
 三原名物タコのグルメを楽しめる広場が登場するほか、25日夜は市民が描いた灯ろうによる「あかりプロジェクト」に夜神楽。26日夜は、糸崎港埠頭(JR糸崎駅南)で「やっさ花火フェスタ」開催。中四国初の直径500mにもなる必見の2尺玉花火ほか5千発でフィナーレを飾る。

 

④よしうみバラ公園 瀬戸の花嫁ローズウェディング 10/19(日)

 今治市・大島の「よしうみバラ公園」が、新たな結婚の聖地に! 瀬戸の花嫁・バラ挙式をテーマに、趣向を凝らした人前挙式をする。
 この日は、愛媛県を中心とする中四国のご当地グルメコーナーや神楽、ファッションショー、ふわふわドームなど家族で丸一日楽しめる企画がいっぱい。
※4メインイベント詳細は公式HPをチェック

 

■25日・26日はクロージングイベント

 3月21日~10月26日の会期中、総計400を超えるイベントが名乗りをあげた。実行委発表の来場者数(対前年増加分)によれば、6月に当初目標の80万人に、8月末で126万7328人に達したことから、最終的には2倍に迫ると考えられる。
 また、今後もしまのわエリア来訪を願って『しまのわっ!しまの宿BOOK』を10月中旬から無料配布する。公式HPでも公開中。

今治EXPO会場
10/25(土) 10時~18時
10/26(日) 10時~17時半
しまなみアースランド(今治西部丘陵公園)
10/26のサイクリングしまなみの受付・ゴール地点を舞台に,市町PRブースやステージイベント、飲食販売等を実施。最後は,両県知事による閉幕宣言

大三島会場
10/25(土) 13時~15時15分
村上三島記念館(多目的ホール)
しまのわに関わった団体・住民等を中心に、実施イベントを振り返り、瀬戸内の今後の観光・まちづくりについて考えるシンポジウムやロビー展を実施

※26日は、今治IC⇄因島北ICで、午前6時〜正午通行止です

大島の村上水軍博物館では、甲冑を身につけて記念撮影。子ども用からおとな用まであり、女性には小袖がある。入館料300円。高校生以下無料。月曜休館。☎0897-74-1065

 

来島鯛!いきいき真鯛に出会える餌やり

来島鯛!いきいき真鯛に出会える餌やり体験 大島のカネキ水産㈱養殖場で、真鯛に餌やり体験をした後は、来島鯛のご当地グルメ「鯛カツバーガー」を食べよう! 毎週土日の完全予約制。2,200円。問合せ☎090-5911-1487。

 

大島石文化体験ツアー カレイ山展望公園

大島石文化体験ツアー カレイ山展望公園を拠点に、巨大石切場、石文化運動公園を見学し、大島石に楔を打ち込んで割る体験をする大島石を巡るツアーが土・日祝日開催。19日は「大島石シンポジウム」を運動公園内ホールで開催。☎080-2989-5179。

 

■好評!継続決定イベント

 しまのわを契機に特別に企画されたイベントの中には、好評のため会期終了後も延長が決定したものがある。特に、県境を越えた今治市・大島にスポットライトをあてて、イベント的にも「終わらない しまのわ」を紹介する。
能島上陸&潮流クルーズ
 村上水軍が拠点としていた能島(海城として唯一国の史跡に指定されている無人島)に上陸して、歴史に想いを馳せるもよし、キャプテン気分に浸るもよし、抜群の舵取りに身を任せ、自然の要害となった潮流の激しさを体感するもよし。しまのわを機に企画された「能島上陸&潮流クルーズ」が人気で、継続決定。大島の宮窪漁港から毎週土・日・祝日運航。☎0898-35-4886。


海と山のアート回廊
バスツアーのご案内