ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 連載エッセイ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの『わ』No.485 しあわせ畑 あかば 代表 赤羽 貴美子 さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2014.9.24

異業種リレーの『わ』No.485 しあわせ畑 あかば 代表 赤羽 貴美子 さん


今回は、「White Lotus」心理セラピスト&カウンセラー、新宅 智代さんのご紹介により、「しあわせ畑 あかば(福山市内海町イ2099 TEL084-986-2323)」赤羽 貴美子さんに登場願いました。

 

自然界の摂理の恵みで育った農作物で
みんなを元気に笑顔に!!

…やるからにはとことん
 生まれは父の仕事の関係で大阪です。生後3ヶ月で父の実家がある内海町に近い福山市内に引っ越しました。3人姉妹の長女です。小さい時からおとなしい子どもでした。小学校に上がる少し前に内海町に引っ越しました。自然がいっぱいでした。カエルや蝉、魚をつかまえて遊んだ思い出がよみがえりますね。小学校は勉強も好きこそ物の上手なれで楽しく元気に通っていました。思い出は児童会長をやったことですかね、みんなで話し合って決めるのですが、この頃から頼まれると断れない性格でしたね。でもやる以上は全力で頑張りました。中学はクラブ活動が必須でした。私は運動が得意ではなかったので出来れば文化部に入りたかったのですが、運動部しかありませんでした。それもバレーかテニス、バスケットの三択です。仕方なく一番ソフトなイメージのバスケットボール部に入りました。しかし、練習はきつかったです。特に走りこみや、ダッシュは苦手でした。でも自分で決めたことです、3年間頑張りました(汗)。中学一番の思い出は貝掘りですかね?掘った貝を売ったお金で備品を買ったり部の活動費に充てられます。島ならではの素晴らしいアイデアなのですが、私はこれが嫌いでしたね(涙)。あと、生徒会長をやらせてもらったことです。人前に出るのが苦手な私は運動会などの行事の時に挨拶をするのが嫌でたまりませんでした。中学の頃に父が家を建てたとき、大工さんの仕事を見たり聞いたりして感動したのを今でもよく覚えています。このことがきっかけで自分で家を建てたいと思い、高校受験は呉の建築学科のある5年制の専門高校にチャレンジしました。必死に受験勉強を頑張りました。父が送り迎えをしてくれたお陰で福山市内の塾にも通うことができ無事合格することが出来ました。20時半が門限の女子寮に入り、念願の文化部、吹奏楽部に入部しました。3年生の時に父の仕事の関係で家族が広島市内に越してきたので寮を出て片道1時間半かけて実家から通いました。普通高校の授業にあわせ建築の授業もあり大変でしたがいろんな体験も出来、楽しい高校生活を送ることができました。
…自然の恵みをもっと大切にしたい
 卒業後は広島市内の建設関連の会社に入社しました。5年間頑張りましたが自分で満足できる仕事が出来ず退社しました。すぐにワーキングホリデーに申し込みニュージーランドに行きました。キウイ畑やショッピングセンターで働きながら1年間、語学を学びました。帰国してからはニュージーランドで日本語を教えてほしいと頼まれたのに教えてあげられなかったのがきっかけで、ハウスメーカーなどの建築関係の仕事をやりながら日本語講師養成講座を受けました。楽しく日本語が教えられるようになりました。3年後以前から興味をもっていたインドへ行きました。人なつっこいインドの人たちとのコミュニケーションは楽しいのですが仲が深まるほど、会話が難しかったですネ(笑)。1年後、帰国。祖父の他界と父の早期定年退職がきっかけで家族で内海町に帰り(引越し)ました。久々の私に映った内海はせっかくの自然が活かされておらず町もさびれていく一方でした。「私を育ててくれたこの島に何か恩返しが出来ないか?」自問自答した末に出した答えが農業家の道でした。そんなに簡単ではないと父を始め家族からは猛反対されましたが。私の決意は日に日に深まるばかりでした。家族を説得、2010年から祖父のみかん山の再生を始めました。木や雑草を切り開き標高300m上の畑まで道なき道を作ったり、荒地を耕したりのやってもやってもゴールが見えない4年間でした。家族や仲間(ボランティア)に支えられ少しずつ畑が出来、半自給自足が出来るまでになりました。そして、今年、柑橘系の植付けがひと段落した8月に「しあわせ畑 あかば」を立ち上げさせていただきました。私たちがやる「自然栽培」は農薬や肥料は一切使わず自然の力だけで農作物が実るのを手伝わせてもらう仕事です。自然と共存共栄し感謝する仕事ですかね。大自然の摂理の恵みいっぱいに育った穀物は生命力が高く口にも身体にもとっても美味しいですよ。これからは本当の意味での食育等のイベントにも力をいれていきたいと思っています。