ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 医療相談 > こんにちは!いしいクリニックです! > No.73 甲状腺の検査について 教えてください。
こんにちは!いしいクリニックです!

特集・読み物


2014.8.8

No.73 甲状腺の検査について 教えてください。

健康診断の時に「甲状腺が腫れているかも」と言われました。どうしたらいいでしょうか?


 甲状腺の働きは、甲状腺ホルモンを作ることで、このホルモンは全身の新陳代謝に関係していて、多すぎても少なすぎても体調に影響します。

 甲状腺の位置は、のどぼとけの下にあって、気管の前を取り囲んでいます(図)。蝶が羽を広げたような形をしていて、20グラムくらいの柔らかい臓器です。病気のために腫れたり、硬くならない限り外から触って分かりません。診察の時に医師が甲状腺を触って分かる場合に「腫れている」と言われます。

 ただし、実際にはその人の首の太さや長さに影響され、触診だけでははっきり言い切れない場合もあり、診断には超音波検査(エコー検査)が優れています。甲状腺の腫れは、甲状腺が元の形を保ったまま全体に大きくなる場合と、しこりが出来て、一部分が腫れてくる場合があります。超音波検査で甲状腺の大きさを計測して、腫れていないか判断したり、しこりがあるようなら、しこりの見え方である程度、良性のものか悪性のものか見当がつきます。

 頻度の多い病気としては、全体の腫れは橋本病やバセドウ病で、しこりは腫瘍や良性の変化でみられます。甲状腺が心配で受診されても実際には正常なことも多く、また超音波検査は簡単にできますので、まずは受診してみてください。