ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの『わ』No.475 有限会社すみだ ビジネスイン福山 取締役 住田 泉さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2014.6.20

異業種リレーの『わ』No.475 有限会社すみだ ビジネスイン福山 取締役 住田 泉さん


今回は、「ペッピイ キャビット」代表、長谷川 航さんのご紹介により、「(有)すみだ ビジネスイン福山(福山市本庄町中2丁目10-6 TEL.084-924-1573)」取締役、住田 泉さんに登場願いました。

 

アットホームな空間を通じて
皆様に笑顔のおすそ分け!!

…恩師のお陰に改めて感謝
 福山市で生まれ育ちました。幼少の頃からかなりの人見知りでした。人に会うと恥ずかしくてすぐに母の影に隠れていました。反面、家ではお調子もので親戚が集まると、ドリフターズを踊って見せたりしていました。小学校に上がっても人見知りはすぐには直らず、目立ちたくない、注目されたくないと常に思っていたので、授業でも手を挙げないのは勿論、先生と目を合わさないようにしていましたね。学年が上がるにつれて友達も増え、少しずつ自分が出せるようになりました。その理由は2人の恩師です。幼稚園のころから習い始めたピアノの先生と4年生の担任の先生でした。ピアノの先生は幼い私を一人の人として真剣に話を聞いてくれていろんなアドバイスをくれました。何事も継続が出来ない飽き性の私もピアノは高校一年まで続けることが出来ました。担任は新人の若い先生でしたが青春ドラマのような熱血先生でクラスのみんなが大好きでした。私の憧れ的な初恋の相手でした。「学校って楽しいなあ」と心から思っていました。中学に上がってからクラブは吹奏楽部入部、私はクラリネットを担当し3年間頑張りました。頑張れば結果が出る勉強も楽しむことが出来ました。この時も「頑張ろう!」と思えたのは担任と国語の先生のお陰でした。担任はお母さん的な方で本気で私たちに向き合ってくれました。国語の先生は松山千春の大ファンでギターを弾いてよく千春の曲を歌ってくれました。今振り返れば、私を始めクラスのほとんどが二人の先生と千春の大ファンだったと思います。シングルやLPレコードは必ず買っていましたね。高校受験は進学校には行かず選抜で公立を受験、運よく志望校に入ることが出来ました。クラブは仲良しになった友人に誘われバレーボール部に入りました。といってもスポーツが苦手だったのでマネージャーとしての入部でした。部室の清掃や先生や部長との話し合い、試合、遠征の準備など大変でしたが充実した日々でした。保育士になろうと決めていた私は勉強はほどほどにクラブを始めとする高校生活をとことん楽しみました。女子同士のお泊り会や恋話も楽しみのひとつでしたね。卒業後は神戸の短大に入学。保育士の基本を学びました。憧れの都会の高級住宅街は道行く人みんながオシャレで奇麗、大人っぽく見えました。カルチャーショックを受けたのを今でもよく覚えています。1年間は門限19時の厳しい寮生活に我慢の日々でしたが、残りの1年は寮友6人と下宿先を探して引越し大学生活を大いにエンジョイしました。

…地域の皆様にも笑顔を
 就職は短大の研修先での幼稚園の先生の話を聞いて保育士は私には向かないとあっさり断念、地元の金融機関へ就職しました。ここでは社会の厳しさを思い知らされました。入社してすぐに研修所に合宿6時の起床から始まりお札の数え方、接客の練習というよりは訓練を受けました。世のため人のために銀行の看板を背負っている自覚を徹底的に叩き込まれました。その後は現場での実践訓練です。休憩時間でも制服を着たまま外へは出れません。3年後の寿退職まで他では体験できない社会修行が出来ました(笑)。結婚と同時に主人の経営するビジネスホテルを一緒に盛り上げてきました。途中何年かは子育てに専念。お客様や友人、家族に支えられてのあっという間の22年でしたが元気に今日まで頑張って来れました。一昨年より気の合う知人と春と夏の年2回、ホテルのフロントやレストラン、フロアーを利用して輸入雑貨や服を仕入れ販売する組織Anyon(アニョン)を立ち上げました。イベント当日は占いやエステ、マッサージなどの様々なイベントも開催します。地域の皆様にも私どもホテルを知っていただくと共にイベントを通じ笑顔になっていただきたいとの想いで始めました。夏の開催はちょうど6月29日です。この機会に私どものアットホームなビジネスホテルに遊びに来てください。


海と山のアート回廊
バスツアーのご案内