ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > こんにちは!いしいクリニックです! > No.71 乳がん検診を受ける病院を選ぶ基準とは
こんにちは!いしいクリニックです!

特集・読み物


2014.6.5

No.71 乳がん検診を受ける病院を選ぶ基準とは

乳がん検診(マンモグラフィ)はどこで受けたらいいのでしょうか?何か目安がありますか?


 良い乳がん検診は、安全な撮影装置で、上手な技師(医師)が撮影し、見立ての良い医師が診断することが大事です。評判や口コミではなく、実際にちゃんと試験があって、評価を受けた病院や医師、技師をインターネットで確認することができます(「日本乳がん検診精度管理中央機構」
http://www.mammography.jp/mammo/main.html)。

ほかのがん検診、例えば大腸がん検診では便に血が混じっているかいないかで、精密検査が必要かどうか判定されるので、誰が見てもはっきりしています。しかし乳がん検診では、病気がありそうかどうかの判断は、医師が写真を見て異常あり、なしと判定されます。つまり、同じ写真を見て診断しているのに、医師により判定結果が違うことも起こりえます。正確な診断(〝読影〟)は医師の技量によるところが大きく、これを客観的に評価するため、表1のような評価基準(ランク付け)があります。医師は日本乳がん検診精度管理中央機構が主催するランク付け試験を受け、その結果を基にして市の検診を担当する医師の人選などが行われています。

追記:いしいクリニックは読影・撮影ともA評価をいただいております。これからも全力でがんばります。


海と山のアート回廊
バスツアーのご案内