ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 連載エッセイ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの『わ』No.471 CP Salon『Corale』本店 チーフ 山根 奈央子さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2014.5.9

異業種リレーの『わ』No.471 CP Salon『Corale』本店 チーフ 山根 奈央子さん


今回は、「ランジェリー専門店エティック」代表、土居 栄子さんのご紹介により、「CP Salon Corale 本店(福山市南蔵王町3-14-29 TEL084-983-2007)」チーフ、山根 奈央子さんに登場願いました。

 

芯から気にいっていただける
オンリーワンサロンを目指します!!

…旺盛なサービス精神の芽生
 福山で生まれ育ちました。幼少の頃はあまり記憶にありませんが、どちらかと言うとおとなしい子どもだったと思います。家でお人形で遊んだり、近所の公園でかくれんぼをして遊びました。小学校に上がった頃からエリアが広がり、友達も増えたせいか少しずつ活発になったと思います。足が速かったのでリレーの選手に選ばれていました。運動会の徒競走でもいつも一番でした。でも、なぜか今はそんなに速くはありませんね(笑)。学校が終わると友達と自転車で学校の近くの駄菓子屋に毎日のように行っていました。中学生になってからは色んなことに興味を示すようになり、特にお洒落やファッションに関しては人並み以上だったと思います。年の離れている妹の離乳食なども作って面倒を見るのが好きでした。また、歌を歌うことも好きで、友達とよくカラオケに行きました。クラブもテニス部の制服のデザインに憧れ入部しました。3年生からは体育の授業がきっかけで卓球に楽しさを発見し、転部しました。この頃からどうせやるなら何事も楽しもうという性格だと思います。高校は地元の県立を受験して入学しました。学校は好きで休まず通いましたが、クラブには入らず帰宅部でした。放課後や休みの日には、友達の家に集まり、好きなアーティストのCDを聴いたりお洒落について話したり雑誌をみたり、カラオケに行ったりして遊びました。いつの間にか自分が楽しいだけでは満足できず、友達や仲間をもっと楽しませたいとサービス精神旺盛な私がそこにいました。メイクやヘアスタイルに興味を深めたのもこの頃だったと思います。卒業が近づき、進学か専門学校か就職か?と考えましたが、やりたいことが見つかりませんでした。

…使命との必然的な出会い
 「進路はどうしよう?」と思っていた時に知人から図書館で臨時の職員募集の紹介をいただき、やりたいことを見つける期間としてお世話になることにしました。1年の臨時契約はあっという間に終わってしまいました。社会人2年目からは父の会社の事務と受付を手伝うことにしました。5年後、24歳で結婚し、長女と長男が生まれました。子育てに・家事に・仕事に奮闘する日々の始まりです。大変でしたが過ぎてみるとあっという間でした。今振りかえってみるとこの時が違う意味で私を磨いてくれたと思っています。30歳になり、子育ても一段落したある日、有名メーカーのサロンが福山で代理店を探していることを知り、話を聞いてみることにしました。「これだ!これが私のやりたいことだ」商品やコンセプトの素晴らしいサロンとの出会いでした。「このサロンをオープンして社会の役に立ちたい」すぐに私の猛勉強が始まりました。それと同時に、知識と施術を磨くため大阪への研修通いがスタートしました。大阪へ通いながらの勉強は大変でしたが、持ち前の明るさを活かし楽しみながらやることができました。お陰で検定にも合格し資格を取得することができました。それから、店舗の場所を決め、オペレーションを考え、店内のレイアウト、数字の仮説を立て経営計画を立てました。そして、2013年4月1日ここ南蔵王町にフェイシャルエステティックとメイクアップアドバイスのサロン「CP Salon Corale(コラーレ)本店」をオープンさせていただきました。お客様やスタッフに支えられて先月1周年を迎えることができました。これからも初心を忘れず女性の永遠のテーマ「きれい」の追求をお手伝いさせていただきます。サロンというと、どうしても敷居が高いイメージがありますが、「コラーレ本店」は気軽に通え、なんでも相談できるアットホームなサロンを目指しています。そして、ご利用いただいた方が芯から気にいっていただける様にと心を込めてお手伝いさせていただきます。「このサロンを選んでよかった、このサロンがなくなると困る」と言っていただけるオンリーワンサロンを目標に私の使命を全うしていきたいと2年目のスタートを切らせていただきました。