ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 特集コンテンツ > WEB in 1面記事 > エコな環境先進地・福山
WEB in 1面記事

特集・読み物


2014.4.18

エコな環境先進地・福山

ふくのやま福山
エコな環境先進地・福山

 ずっと福山の中にいると、当たり前に感じてしまうことも、他所から見ると実は特別だったということが時にある。環境への取り組みもそのひとつだ。全国表彰される小学校が相次ぎ、箕沖も、実はエコな資源の宝箱。福山の全国でも稀な先駆けた事業、自慢ポイントをまとめてみた。
 何もないとは言わせない? じゃあ、福山に何があるんだろう?って思っている人に伝えたい。「ふくのやま福山」は、市内の自慢を、ジャンルを問わず時々お伝えするシリーズです。

全国が認めた!環境への取り組み

 福山市内の小中学校において環境関連の全国表彰が続いている。
 2009年度(平成21年度)からの5年間だけで、その数なんと12校18表彰。平成23年度・千年小学校「リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰」内閣総理大臣賞、24年度・旭小学校「地球温暖化防止活動」環境大臣表彰など9つの大臣表彰が際立っている。
 なぜ、こんなに? 箕沖町のリサイクルプラザ内にある福山市環境啓発課によれば、環境学習推進校と環境学習実践リーダー校を指定し、市が環境出前授業を行なうなどバックアップもしているが、全国で大きく評価されているのは「地域と学校とが一緒になって、何十年も続けているような取り組みが多く存在するから」とのことだった。
▲環境啓発課横のココが、くわいちゃんの指定席

環境学習の地域拠点 次世代エネルギーパーク

▲リサイクルプラザに掲示された布製マップ

 経済産業省 資源エネルギー庁が推進している「次世代エネルギーパーク」に箕沖町が2012年に認定された。全国で56か所、県内2カ所のうちのひとつ(もう1つは北広島町)。
 次世代エネルギーパークは、再生可能な新たなエネルギーを見て触れて理解できるよう整備された地域拠点のことで、学びながら楽しめる『エネパへ行こう!』などのガイドブックも出されている。
 箕沖には、新エネルギーの設備見学や体験ができる施設がコンパクトに集積している。

環境啓発キャラを複数持つ自治体

 福山には、複数の環境イメージキャラクターがいることをご存知だろうか? 自治体の環境キャラは、全国的にはいくつか例があるが、着ぐるみスタイルで2種が活躍するとなると極めて珍しく、エコ啓発に大きな力が入っている。
 お馴染みの「くわいちゃん」は、福山特産のクワイをキャラ化したもので、公募により決定。2008年2月から登場している。まっすぐ伸びた芽で、エコな情報をキャッチするという設定。近年福山を代表するキャラに成長した。
 もうひとつは2010年誕生の「環境特捜セイバーレンジャー」。マスクやプロテクターは、市環境啓発課の職員がリサイクル品(強化プラスチックやウレタン)から手作りした。セイバーブルー・レッド・グリーンの他に、敵役のオセンダー将軍、手下のゴミアラシもいて、イベント等で活躍している。

 

 

おとなの工場見学 強い!環境観光力

福山市リサイクルプラザ
環境学習の拠点で定期的にリサイクル体験講座や再生家具展示販売がある。風力と太陽光でともる街灯も設置。

 

中国電力 福山太陽光発電所

無料開放されている見学デッキからのメガソーラーの眺め。2011年12月に運転開始。太陽電池パネル16544枚が一面に広がり、現在の発電量も電光掲示板に示されている。


エフピコ 福山リサイクル工場

国内で唯一トレーからトレーへリサイクルできるエフピコ。トレー回収率は、業界全体で15%程度。そのうちの7割を同社が占め国内最大。納品帰りに自社で回収し、物流経費を削減。1990年稼働。障がい者の積極雇用にも取り組む。


▲ 山のように次々に届くトレーを、手作業で分けていく



▲粉砕→洗浄→溶解後ペレットができる

 

福山リサイクル工場
容器包装プラを選別、不燃・粗大ゴミを破砕し再資源化

▲直接見学できない部分は、リアルタイムモニターで確認


 

 

 福山市次世代エネルギーパークには、 「福山市ごみ固形燃料工場」「エフピコ 福山リサイクル工場」「福山市リサイクルプラザ」はじめ、2011年末稼働の「中国電力 福山太陽光発電所」、2013年春供用開始の「汚泥再生処理センター」など自治体や企業の環境関連施設が集まっている。
 周辺は内閣府指定の「環境観光モデル都市づくり推進特区」でもある。福山の観光スポットとして、昨秋は市観光課が中心になってPRパンフレットを旅行関係の代理店にも配布。市外からの環境観光客誘致にも取り組んでいる。
 福山市民なら20人以上の団体で、右記の環境施設など8つから選んで見学する計画(平日半日コース)を立て申請すると、バス借上げ料金が無料になる。
 また、上の写真に掲載した4施設なら、個人見学でも無料で対応してくれる(要予約・平日限定)。
 例えば、㈱エフピコは、約8000種を有する食品トレーのトップメーカー。自社の物流ルートを利用した回収量も業界トップだ。年間約7000人(うち市内小学生1400人)も見学に訪れ、他県の修学旅行先の対象にもなっているほど。見学者には、同社でトレーからリサイクルしたお土産品ももらえる。
 各施設の見学詳細や日程調整など問合せは市環境啓発課☎084-954-2619。

エコローズ祭4月20日
 4月20日(日)、箕沖町のリサイクルプラザで「春のエコローズ祭り」開催。10時〜15時。体験やものづくりを通じてゴミの減量や啓発活動を行う市民団体「エコローズ企画」(☎084ー954ー2619)のイベント。
 エコ商品・リサイクル品多数販売、おもちゃ病院、クイズ、木のまな板再生(持参)、紙遊び、芦田川の葦によるすだれ編み等々。一部有料。

環境学習推進校の全国表彰
【21年度】
  旭丘小「環境美化教育優良校等表彰」
  駅家西小「地球温暖化防止活動」環境大臣表彰

【22年度】
  内海小「地球温暖化防止活動」環境大臣表彰
  能登原小「環境美化教育優良校等表彰」最優秀校農林水産大臣賞

【23年度】
  駅家西小「持続発展教育(ESD)大賞」小学校賞
  旭丘小「地球温暖化防止活動」環境大臣表彰
  御野小「環境美化教育優良校等表彰」最優秀校文部科学大臣賞
  千年小「3R推進功労者等表彰」内閣総理大臣賞
  能登原小「3R推進功労者等表彰」協議会会長賞

【24年度】
  旭小「地球温暖化防止活動」環境大臣表彰
  今津小「環境美化教育優良校等表彰」最優秀校文部科学大臣賞
  山南小「3R推進功労者等表彰」文部科学大臣賞

【25年度】
  旭丘小「小・中学校における環境教育推進支援事業」優秀校
  今津小「小・中学校における環境教育推進支援事業」優秀校
  熊野小「3R推進功労者等表彰」協議会会長賞
  内浦小「環境美化教育優良校等表彰」優秀校協会会長賞
  山南小「小・中学校における環境教育推進支援事業」優秀校
  鳳中 「電気新聞 エネルギー教育賞」優秀賞
※3R=リデュース・リユース・リサイクルを略させていただきました